« 歌詞の深読み | トップページ | 観劇 »

友梨さんの拉致から4年

 友梨待っているからね
 不明きょう4年
 絶対に希望失わないで

 社会見学の帰り 突然に姿がなくなった

 可愛がっていたウサギのぬいぐるみがピアノの上に座っている

 母親は衣替えのたびに成長期の友梨さんの為に下着を買い替え、夜は友梨さんのベッドで眠りにつく

 横田めぐみさんや拉致された人々の家族は同じ思いだろう

 突然目の前から子供が居なくなった

 子供の可愛いしぐさ 笑顔 寝顔

 思いが浮かんで仕方がなかろう

 目の前に6ヶ月の赤ちゃんがスヤスヤと寝ている

 口をもぐもぐ動かす
 白い小さな手の指がピクンと動く
 首を動かす

 可愛い

 誰かが来てさっと連れて行っても分からない

 母親が洗濯物を干している

 裏から入ってきた不審な男がこの子を連れて行った

 何がなにやら分からぬ事件

 親族は気が狂うばかりに捜しまわる

 捜しまわるいつまでも

 北朝鮮はそんなことも沢山やったのだろう

|

« 歌詞の深読み | トップページ | 観劇 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歌詞の深読み | トップページ | 観劇 »