« 年金幽霊の本質の推理 | トップページ | 幼児が救急車でいった »

自転車は車両なので車道を走ってみた

 自転車が歩道を走ると自転車のマークがないところは違反となる

 最近警察がうるさく言い出した

 自転車が歩道を我が物顔に走るため人と自転車の事故が増えているためという

 日曜日
 天気はまあまあ

 そこで旧26号を自転車で200mほど歩道ではなく車道を走った

 車道は段差がなく走りやすい

 信号が変わって青になったのだろう後ろから自動車がづらづらと追い抜いていく
 その後やってきたのがバイクである

 おっとー
 危ない、アブナイ、あぶない
 自動車は自転車と少し間隔がある

 バイクは自動車に追われて左端を走る

 自転車とバイクが同じレーンになる

 これは危ない

 自転車は車両だから車道を走れというがバイクとの共存である

 格段に遅い自転車は車道を走るのは自殺物だと感じた

 歩道を歩く人に注意しながら歩道を走るのがいいと感じた

 走らせていただくという気持ちなら相手を怪我させることもないだろう

|

« 年金幽霊の本質の推理 | トップページ | 幼児が救急車でいった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金幽霊の本質の推理 | トップページ | 幼児が救急車でいった »