« 消臭スプレーに思う | トップページ | 作品 »

介護保険料

 知らないときに知らされると驚く
 そこに生活の危機を感じるようになると驚きから憤りに近いものに変化する
 そして持って来いといわれると憤りになる
 年金から天引きしますと言い出すとなんという無政府状態と憤る
 だれがこんな制度を作ったと愚痴りたくなる

 人生お互い助け合って生きていこう
 それはそれでいい
 何も知らせないでこつこつといかにして庶民から金を集めるか
 いかにしてマスコミに知られないで金を集めるか
 マスコミに知られてわいわいがやがやになったときには制度が運用されているので後の祭りになる

 何を言っているのかといえば介護保険の保険料のことである

 65歳になると高齢者が高齢者をお互い助け合おうということで月に1万円をこえる保険料を市役所の窓口で支払ってくれと言ってきた
 7月からは年金から天引きしますといってきた
 これが来年4月からは75歳になると高齢者介護保険として1万5千円になるかもしれないという

 老夫婦二人で高齢になると65歳で月2万円
 75歳になると月3万円の介護保険を拠出しなければならなくなる
 お互いの介護のためと思えば仕方ないかもしれないがこれだけの支出に唖然とするしかない
 年金が消えた消えたというが
 介護保険ついては静かなものである

 所得からの高齢者控除がなくるし定率控除もなくなる
 所得は苦しくなる高齢者

 年金が消えた
 年金が貰えないといっている
 年金が消えたと言って再点検してもらって支給が決定したとする
 年金が復旧したので月5千円、年6万円もらえるようになったとする

 驚くなかれ
 介護保険のランクが上がると月何千円かの介護保険が待っているということを
 年金がないときの方が介護保険が少なかった分所得が多いという減少が出ないとも限らない

 介護保険料はこうなります
 介護保険については今後このようにしてまいります
 知らされていれば仕方ない
 お互い助け合わなければと納得できるのだが

 決定しました
 あなたの介護保険は年間10万数千円に決定しました

 いま、老夫婦で介護保険に月1万5千円を超える

 民主党は厚生年金は一定所得の人にはご遠慮願うといっている
 もし、民主党案が通ると
 年金は貰えないは介護保険はアップするはになりそうだ

 最初に聞いておれば納得できるのだが

 高齢になるまで分からないというのは驚きであり
 憤りにつながる
 

|

« 消臭スプレーに思う | トップページ | 作品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事