« エセ科学とエセ国会議員 | トップページ | 坂の上の雲 »

党首討論

 党首討論を聞いた

 阿部さん
 一国一城の主というようには聞こえず
 幹事長かなという感じであった

 小沢さん
 党首という感じはした
 小泉、阿部さんで定率減税を撤廃した
 これで2%の消費税アップと同じである
 消費税を上げないで基礎年金の5割負担まで持っていくという
 声の質
 間の取りかた
 こちらが首相かと思った

 あなたは間違っています
 消費税を上げないで基礎年金5割負担まで行うと16兆円もの予算がはじき出せません
 あなたは間違っています
 安部さんは口癖のようにあなたは間違っていますを連発する
 この間違っていますという言葉は軽い感じがする
 相手をこき下ろす感じがする
 首相が使う言葉かと勘ぐりたい

 党首討論で民主党は新たな政策、夢を抱かせるような政策が語られるかと思ったが
 消費税は上げない
 憲法に関しては話さない
 沖縄の米軍はどうする
 ロシアとの領土交渉はどうする
 ・・・・・・・
 日本をどうもって行こうという夢は語られなかった
 民主党が過半数取れなければ党首を降ります
 次の選挙には立ちませんという
 過半数が取れなければ当然として党首を降りる必要があると思うのだがそれでも党首を降りる
 次の選挙戦には立たないという
 お涙頂戴の選挙戦になってきた

 年金がどうのこうのといっても正常に戻すしかないのである
 政局にしてもめる問題でもなかろう

 日本は平和だ
 夢を作るのが難しい
 民主党も夢を作るのに四苦八苦しているのだろう

 我が財政は市民税の支払いに四苦八苦
 わが身を守るためとはいえ国民健康保険の増額に四苦八苦
 共産党は大手企業に甘く民衆に過酷を強いているという
 共産系の労組は仕事はするな上がするという

 まさにその通りだと思うが何が正やら悪いやら

|

« エセ科学とエセ国会議員 | トップページ | 坂の上の雲 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事