« 性的暴行裁判 | トップページ | 布教 »

守屋の反乱は戦争への道

 守屋次官は4年の在位である
 長すぎる
 イージス艦の重要機密が漏れたこの責任を取ってもらおう
 交代だ

 あなたは次官を降りてもらいたい
 小泉と結婚かと馬鹿話のあった美人の小池は言った

 守屋は言った
 後任については私に相談して欲しいと

 小池は後任を警察庁から据えたいと思っていた
 守屋に相談しなかった
 守屋を無視した

 守屋は官邸に走った
 官邸で官房長に直訴した
 塩崎官房長官は守屋に味方した
 小池の行いは拙速に過ぎる
 行いがルールに乗っ取っていないと非難した

 佐田行革大臣から始まって
 松岡
 赤城
 久間
 塩崎の2重記載問題は大げさになっていないが示しのつかないお粗末な事務所問題
 そして今回の小池・守屋騒動

 防衛省の次官が大臣に盾突く
 あってはならないことだ
 まして官房長までが次官を応援した
 これでは軍部が政治を左右しないということがなし崩しとなっていく
 首相の知らないうちに軍部が動き出す
 その直前まで行った今回の直訴問題

 タカ派の安部といわれるが
 小泉のタカ派は筋が通っていた
 遺憾ものは遺憾であった
 安部のタカ派はどうもという感じがしてならない

 内閣のぼろぼろ
 内閣の軽々しさ
 防衛省の反乱
 守屋の言うことが官房長を通して通っていたら戦争への道がそこに見えていた

 民主党が参院で勝った
 戦争への道が遠のいたと熱い夏に思ったりした
 

|

« 性的暴行裁判 | トップページ | 布教 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事