« ペットボトルの爆発に思う | トップページ | 予約の間違い発覚 »

真夏の夜の夢

 携帯がなった

 おぼえているかなー
 わかるよ
 元気かなー
 工房へ行こうと思うんやけど忙しい

 忙しいことないで
 いつでも来てや

 わしも暇になってなー
 いつでも家におるんよ

 65まで勤めたらええのに

 もうええわ
 安い給料に減ってしもうたわ

 水曜日一杯やろうやと結論

 働く職場がありゃーええわというけれど
 それなりの給料は欲しい
 領収書2重帳簿の大臣の坊ちゃん顔には分からぬことだろうと思ったりする

 夕方家に帰ると葉書が来ていた
 郷里の職場の友人から同窓会の案内であった

 電話をして近況を話した

 昼間は堺の職場
 夕方は松山の職場

 夜中は堺と松山の職場で知り合った人々が沢山集まった

 2時
 あっつー
 夢やったか
 頭の中こんがらがって
 真夏の夜の夢

 一杯飲みながら定年後の給料の断絶感などを聞きながら世間話に花を咲かそう 

|

« ペットボトルの爆発に思う | トップページ | 予約の間違い発覚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事