« 終わりの始まり? | トップページ | 守屋の反乱は戦争への道 »

性的暴行裁判

 モーニングテレビを何気なく見ていた
 これは冤罪かと言っている
 なんだろう?
 注視

 6年前の9月
 女子高生が御殿場市の駅を降りました
 男子高校生二人が寄って来て女子高生の腕を掴んで
 何も言わずについて来いと腕を掴みひっぱって行った
 少し行くと10人ほどの男が出てきた
 御殿場市の公園に連れて行かれ一時間も性的乱暴をされました

 最初の男の一人は顔見知りであった
 名前を女高生は警察で言った
 警察はその男を逮捕した

 お前はクズだ
 お前なんか生きている必要は無いんだ
 お前は・・・・
 鑑別所に行くと一年かそこいらで出られる
 裁判をすると3年は刑務所だ

 18歳の少年を脅しつける取調べが続いた
 お前は不良だ
 お前が付き合っている友達の名前を言え
 少年は無実だと叫びながら友達の名前を言った
 そのうちの10人が逮捕され取り調べられた

 18歳の少年達は取り調べに耐えられず自供したようにして調書をとられた

 10人のうち4人が婦女子暴行未遂で裁判にかけられた

 裁判が始まった
 少年達は無罪を主張した
 状況証拠は一切なし
 自供と女高生の言う暴行されたということだけで裁判が行われた

 犯人とされる子の親達は一生懸命アリバイを求めた
 アリバイが成立するかに見えたが検察は
 親達の作り話としてアリバイを証拠にすることを拒んだ

 裁判中に重大なことが分かった
 女高生が暴行されたという時間に
 女高生が携帯電話を遊び友達の男子にかけていたことが分かった
 これで無罪放免と誰しもが思った

 女高生は言った
 一週間暴行された日を間違っていましたと言った
 検察はそれを信じて裁判を継続させた

 裁判官も暴行されていないという証拠があったのに
 暴行されたという日を間違っていたということを認めて裁判を継続させた

 一週間前の暴行されたという日は台風が近づいており御殿場市は1から3mmの雨が降っていた
 駅から連れられ暴行されたという時間は雨が1から3mm降っていた
 もし降っていなかったとしても女高生は服が濡れたとは言わなかった
 服の濡れはなかったといった
 状況は暴行されていないのではないかと判断された

 一審の裁判官は
 雨が降る降らないはところにより違うので有罪無罪には関係ないと証拠として取り上げなかった
 気象予報士はその時に服が濡れなかったということはありえないと言ったが
 1審の裁判官は4人を懲役2年の実刑とした

 8月22日
 東京高裁で2審の判決があった
 自供と女高生の訴えから実刑1年6月とする

 やっていないという高校生はいま23から24歳になった
 人生終わりかと思える
 無罪判決が出たとしてもその青春は
 暴行された
 その一言で
 18歳の高校生が自供という落とし穴にはめられたのである

 テレビでは冤罪だと言っている
 裁判官は自供しか見ていない
 証拠のない事件は無罪とするという判決を無視していると弁護団は言っている

 最高裁に上告するという

 性的暴行を受けた
 一週間後に訴えても検察は受け付けるだろう
 一ヵ月後でも受け付けるだろう
 そのとき
 性器に裂傷や証拠物がなくなっていても自供という状況は警察の脅し捜査により作られるだろう

 口は災いの元というが
 冤罪として裁判が行われるのはあまりにも怖い
 裁判官はそこを見抜く力がなくなっているのではなかろうか
 性的暴行裁判
 女性裁判官に当たったら尚のこと判決が辛くなるのではなかろうか

 女高生の芝居のような感じがしないでもないが

 テレビは言っていた
 あの女はちょっとええかっこしいがあって軽いと男友達が言っていたと

 何がほんとうで
 なにが嘘か

 恋人と喧嘩した
 性的暴行されたと訴えられたらこれも困りもんだ

|

« 終わりの始まり? | トップページ | 守屋の反乱は戦争への道 »

恋愛」カテゴリの記事