« 結論プラスかマイナスか | トップページ | 工房前の一瞬の風景 »

不倫

 40歳代
 私の不倫で離婚いたしました
 高校生と中学生の子供が居ます
 子供は連れて出られませんでした

 主人はおとなしく少し物足りなさは感じながらもこのまま一緒でいくんだろうと考えていました
 私は仕事で知り合った20歳年下の男性と仲良くなりました
 不倫発覚後私の帰りを待っていてくれた主人でした
 その後私の居場所がだんだん狭くなりました
 離婚いたしました

 彼は結婚を望んでくれています
 彼の両親は彼の熱が冷めるのを待っています

 私は彼と結婚できないと思ったりしています

 私の心の弱さでこのような事態になりました
 子供には何時でも会えます

 ・・・・・
 Y新聞の人生相談である

 パート仲間で不倫なんてせーへんやろー
 なに言うとるん
 パート仲間でもいろいろあるんよー

 へーっ!といったことがあるのを思い出した

 一方、政界にも不倫まがいのことが多い
 一寸先は闇というのが政界と小泉さんはよく言っていた

 不満だらけと
 新生党を立ち上げた小沢さん
 これも自民党への不倫かも知れない

 新進党

 そうこうしているうちに物足りなさを感じてまた不倫
 今度は自由党
 またまた物足りなさを感じて自由党を解党し

 民主党とひっついた

 参院選で勝ちに勝った
 さー、我が世の春と暴れだした

 イラク特措法はダメ
 血を流す自衛隊でないとダメ

 国益にかなうインド洋における海洋給油であるという自民党
 それにも小沢さんは顔を背けている

 似ている
 似ている
 ボクシングの世界選手権の前の○一家と似ている
 試合の後は・・・・
 萎えてしまった

 不倫は今の事態に感謝できないことから始まる
 夫の顔を見るのもイヤではないが何か新しいことがあるのでは
 彼との生活で何かが起こるのでは
 不倫の後は悔悟の涙

 今の政治ではダメだ
 わしの言うことでないとダメだ

 日本がわしについて来なければならないのだ

 不倫の心
 不遜なボクシング
 そして小沢理論

 似ているような感じがする

|

« 結論プラスかマイナスか | トップページ | 工房前の一瞬の風景 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事