« 孫の感じ | トップページ | 鞍馬紀行 »

金大中氏

 京都ANNAホテル
 二条城お城祭りを見た後ホテルのロビーに入った

 ロビーは黒の背広を着た大型の青年が2mおきくらいに立っている
 不思議に思いながら英雄気取りでその前を通ってエレベーターに近づいた
 お客さんすみませんすみませんと着物姿のお娘に体を張って男達の後ろに押しやられた
 誰が来るの?
 彼女は無言

 誰か来るのだろうとたたずむ

 たたずんでいる前を25,6の青年が携帯で話ながら行ったり来たりしている
 なにかブツブツと話している

 チラッと聞こえた
 金大中・・・・
 連れ合いは金大中と言っているよという

 ロビーの入り口がざわついた
 金大中氏だったら歩き方が不自然だから分かるだろうと思ったが
 その人は車椅子であった

 あっ!
 金大中氏だ
 色白
 若い感じがする

 立命の名誉博士授与で個人で京都に来たと若者は言う
 来月はゴルバチョフが来るという 
 かっこいい黒服の男達は
 アルセックだそうだ

 ほー
 重要人物の来ホテルはこんなんかと思った
 いい経験だった

|

« 孫の感じ | トップページ | 鞍馬紀行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事