« 新テロ特措法可決 | トップページ | 虐待におもう »

泰葉離婚会見

 泰葉・小朝の離婚会見があった

 金屏風の前で・・・なんでや、なんでや・・・レポーターはテレビでうるさい

 小朝を尊敬していました
 師匠として愛していました
 主人ととして愛することが出来ませんでした
 小朝師匠は好きで好きでたまりません
 離婚しても付き合いを続けます

 小朝と泰葉とは一度も喧嘩することもなかった
 仲がよかった

 二人には

 私は愛があったとは思いません
 情はありました

 小朝は泰葉と話していても泰葉が答える
 小朝は言葉が途切れると合いの手で言葉を続ける
 泰葉は気が抜けなかった

 テレビ会見を見ていて なんで離婚と疑問に思う
 拍手喝采の離婚会見と見えた

 先日「寝ずの番」という映画を見た
 落語家の大師匠が死んだ
 大師匠のお通夜をする
 お通夜に来てくれた人達が帰った後は弟子達が寝ずに棺おけの番をする
 寝ずの番

 落語家は奇想天外の人たちの集まりである
 お通夜といえども弟子達は大師匠の思い出話に夜を徹して語り合う

 おう、師匠は 駱駝 の落語ネタで受けを取っていたなー
 死んだ師匠に駱駝をやってもらおうじゃないか
 弟子達は 亡き骸を起し 死体を踊らすのである

 みんな泣きながら師匠を踊らす

 落語家の集まりは奇想天外
 それを表現したかったようだ
 面白かった
 面白涙で映画を見た

 泰葉の離婚会見
 面白かった
 普通人のやる会見ではないと思った
 落語界の世界だと思った

 

|

« 新テロ特措法可決 | トップページ | 虐待におもう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事