« 年の暮れ | トップページ | 橋本弁護士立候補 »

豆腐

 いい夫婦

 11月22日 語呂あわせで いい夫婦 の日としてNHKラジオで心温まる夫婦を紹介している

 今年はなんかの都合で紹介できなかった夫婦を昼間放送していた

 堺で小さな豆腐店を営むご夫婦です

 橋本太七・由紀子さん
 今年還暦を迎える
 金沢で仕事をしていたがいろいろな事情から豆腐屋に転身

 一隅を照らす者で 私はありたい 私の受け持つ一隅が どんなに小さいみじめな
 
 はかないものであっても 悪びれず ひるまず いつもほのかに 照らして行きたい

 ご主人が豆腐を作り
 奥さんが店頭で売る

 口コミで販路が広がる
 宣伝はしない

 大手企業から大量の注文が来たり
 有名な俳優さんから電話注文が来たり
 ・・・・・

 手作りはやめない
 心のこもった豆腐つくりに専念するという

 huukoは子供の頃から豆腐はあまり好きな食べ物ではなかった
 美味しいのか
 旨いのか
 旨くないのか
 美味しくないのか
 あやふやな食べ物
 口に合わない
 味噌汁に入っている小さな豆腐を食べる
 口に入ると目をつぶるという感じで飲み込んでいた

 冷やっこはたまらんですねー
 そんな会話にはへーっと感心していた

 冷たい豆腐を熱いご飯に乗せる
 お醤油をかけて食べるご飯
 これくらい美味しいものはない
 最高
 そういう御仁もおられるが
 へーーーっ と
 感心する

 豆腐懐石
 なんで豆腐でそんなに高い金出すの???
 そんな感じであった

 が、
 が、
 最近口が変わってきたのだろう
 豆腐の味が分かるようになってきたのである

 竜安寺
 湯豆腐一丁¥1,500
 美味しかった
 そんな感じで食べられるようになった
 
 男前豆腐
 ジョニーの豆腐
 ゆず入り豆腐
 ○○入り豆腐
 豆腐の種類の多さに感心する
 一丁 300円 400円
 一丁 50円 
 3パック 50円

 一丁 50円 3パック 50円の豆腐の味が分かるようになってきた
 口に入れて豆乳の感じ
 口に入れて甘いトローリした甘み
 美味しい
 旨い
 とにかく安くて量の多い豆腐が美味しい
 舌が変わってきたのだろう

 人生最後のときに舌の味が豆腐万歳に変わってきた
 いままで好きだったのにいまはイヤになったではなく
 いままでイヤだったのが好きになった
 これまた幸せなことだと思ったりする

 橋本太七商店
 堺の小さな商店街
 安心堂・白雪 という豆腐店
 豆腐を友腐とかくというお店
 検索するがどこの商店街か分からない

 自転車で行ける距離だ
 なんかの検索方法で見つけたい 

|

« 年の暮れ | トップページ | 橋本弁護士立候補 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事