« 商品の体裁と温暖化 | トップページ | 春本番 »

参院不要

 2月27日、大臣は3管本部に電話して事情聴取したと言った
 それは虚偽であった
 認めないのですか

 私はその時は・・・・
 衆院でも間違っていたと謝り訂正いたしました

 それは虚偽だ

 衆院予算委員会でイージス艦衝突事故について民主党は追及した
 参院予算委員会でも衆院と同じ質問をしている
 同じ追求をしている

 防衛大臣も同じ答えを言っている
 それは衆院でも言いましたが・・・・・

 まだ執拗にあなたは虚偽の説明をしている
 まだ、虚偽と認めませんか
 これ以上質問を続けるわけにはいきません
 民主党・平○氏である

 同じことの繰り返し質問
 国民はあなたの答えは虚偽だと思っていますよ
 虚偽だと認めたらどうです
 とうとう座り込んだ平○氏

 各党の理事が集まって質問の仕方、答弁の仕方について協議している
 質問者は別の質問をしてください
 今までの質問と答弁は理事会で協議いたします

 衆院で質問し参院でも同じ質問し言葉尻の揚げ足をとろうとする貧しい質問攻め
 なにかむなしい予算委員会と感じて仕方が無い

 とうとう福田さんがぶち切れた

 あなたは防衛大臣の辞任辞任といいますけれど
 防衛省のことを知っていいるのは彼ほどいません
 新しい大臣に代わっても一から勉強でしょう
 それで防衛省の改革が出来ると言われるのですか
 しっかりと考えて辞任要求をしてください
 また、私が被害を受けられた方の家を訪問いたしました
 その時手渡された手紙を官邸に持ち帰り読みました

 その方の手紙には
 防衛大臣を辞任させるのではなく
 このような事故が再び起きないよう防衛大臣に頑張ってもらってくださいと記されているのです
 辞任、辞任といわれるのも考えてから質問してください

 平○氏別の質問にうつった

 平○氏
 検索してみると組合関係から当選している人であった

 ただ、参院は衆院と同じ質問をして時間を無駄にしない攻め方を工夫すべきではないかと思った
 同じことの繰り返しで委員会をするのなら参院は不要である

|

« 商品の体裁と温暖化 | トップページ | 春本番 »

政治」カテゴリの記事