« 離乳食 | トップページ | 工房の隣のおばあさん・白内障手術 »

野茂戦力外通告に思う

 あっ!
 だめだっ!
 こりゃあだめだっ!

 アメリカという国は簡単に戦力外通告をする
 野茂も中継ぎが失敗した
 3年ぶりにメジャーに上がれたと思ったら簡単に戦力外通告である

 入院していた
 入院費が払えないとなると患者はタクシーに乗せられる
 タクシーは患者をある建物の前に降ろす
 建物とは
 泊まるところのない人に食事を与える所だそうだ

 アメリカの医療現場では
 指を2本人差し指と中指の第一関節から先を切断した
 保険がきかないので多額の手術費用が要る
 その金が無い
 1本分の手術費はある
 1本だけ縫合手術をしてくれる
 あとの1本は手術をしないで手当てだけという

 金の世界
 メリットの世界
 それがアメリカの現状のようだ

 後期医療制度の破綻を防ぐために年金から保険料を天引きするようになった
 マスコミはなんだかやと報道しているがアメリカの保険制度のない実情を見るとまだまだましな日本の制度だと思ったりする

 後期医療制度では保険料を個人個人から徴収するという
 夫婦単位
 家族単位
 今まではそうであったがそれが壊れかけている
 家族の絆
 夫婦の絆
 それをおもんばかった保険徴収にしていればここいまでもめることも無かったのではなかろうか

 アメリカ良いとこ一度はおいで
 昔そんなことを言われたが経済が破綻したいま
 弱者切捨てのアメリカには魅力はなくなったのではなかろうか

 アメリカンスピリッツは夢が有ると賞賛されるが
 その影には野茂のように中継ぎに失敗した途端戦力外通告
 お金がなければ療養も出来ない

 格差が大きくなるといわれている日本
 だんだんアメリカに近づいていくのだろう
 

|

« 離乳食 | トップページ | 工房の隣のおばあさん・白内障手術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事