« とんぼ玉展 | トップページ | 鬱 »

華とんぼ展終わる

 華とんぼ展は日曜日に終わった
 一月からテーマは何にしようと考え出してから作品納入まで相当緊張しているのであろう
 華とんぼ展が終わった翌日は玉を巻く気がしなかった
 1日ゆっくりと休養した

 適度な緊張のあとの休養は結構楽しい時間であった

どっかで会ったことが

 展示会場ではどっかで会った顔
 どこだった?

 どっかでお会いしたですねー
 胸に着けているペンダントや指輪をみてあっそうか
 工房に来ていただいた人ですねー
 忘れてしまいまして申し訳有りません
 こんな挨拶が5人ほどあった

手話

 ギャラリーは南海電車の駅の中に併設されている
 お花見客の集まりの場所となる

 いろいろな人の話し声と子供らの明るい声
 その中で5人程のグループが手話で会話をしていた

 手と口で話をしているようである
 静かである
 手がしきりに動くのであるが静かである
 その周囲が別世界のような感じがした

 この静けさがあれば世界は平和そのものと思った

お花見

 浜寺公園の桜並木は松林に囲まれて外部からは見えない
 その桜の元に行くと相当長い桜並木になる
 その桜並木の下が満員となって昼過ぎに行った人は座る所がなかったと話していた

欲しい

 作品が欲しい
 それが昂じるとポケットに入ってしまう
 犬が1匹いなくなった
 欲しいという気持ちを持ってくれて作者冥利に尽きると思って許してあげてください
 そう断りを入れた

|

« とんぼ玉展 | トップページ | 鬱 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事