« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

AYさん・・げんかつぎ

 女性警官が交通整理をしている
 ????

 止められている車を過ごすと
 消防車数台
 平屋の倉庫から消火されたあとの煙が出ている

 消防士が中で数人動いている

 今年になってから倉庫の火災が結構多いと感じる
 それも朝になってからの火災である
 何か因縁があるのだろうかと思いながら工房へ

 南海電車の踏み切り手前でAYさんに出会った

 おはようございます
 おはようございますとお互い挨拶だけした

 不惑の歳になったとはとても思えない
 色白
 目はパッチリ
 美人の部類である

 AYさんに会うと何かよいことがある
 今日は何がよいことが起きるだろう
 楽しみにして工房に入った

 午前中一人お客さんがあった
 普段は午前中に人が訪ねてくることは殆どないのである

 お昼にもう一人

 午後から二人の人がネックレスを見せてと入った来た

 生徒さんが一人

 いつもはお客さんなどない工房
 今日は4人も来てくれた
 これがAYさんとの出会いの効果か?

 よいことの後は悪いこと
 朝消防車
 帰りはしっかりと工房の火の始末をして帰った

|

給湯器の故障

 今日はお風呂には入れません
 メールが入る

 ガス給湯器のスイッチが点滅してお湯が出ないという
 風呂、上水へ給湯している
 20年使っている
 メーカーからは型が旧いので修理部品の供給が難しくなります
 新型に取替えをとリコメンがたびたびあったがそのままであった

 新しく代えるとなると今日中は無理という

 給湯器を変えるついでにビルトインの調理コンロも一緒に代えることにした
 ガス会社の人が見積書を書いた
 妻が判を押した
 孫が来ていた
 お孫さんですかとガス会社員
 時々来ていますんですと妻

 いろいろ手続きをしてガス会社の社員さん
 帰りがけに言ったそうだ
 若い方にしっかりこの見積もりを話して置いてくださいと

 多分、高齢者が間違って契約した
 だから息子にちゃんと言っておけ
 そういうつもりだったのだろうと解釈したそうだ

 帰って話を聞いて笑った
 が、マンション14階
 給湯器でよかったと思った
 命の綱の水が止まったりすると大変である

 地震
 大雨による災害
 給湯器の故障で一瞬対策をと思ったが焼け石に水で直ぐに忘れてしまうだろう
 日本人の何とかなるだろう
 この気持ちは災害時にしまったということになるのだろう

|

花粉症対策・鼻の洗浄

 連休を過ぎると花粉症が終わるというのが常であった

 今年は連休が終わっても時々クシャミが出る
 鼻水がたらたらと流れ落ちる
 気温が変ると鼻水は止まる

 昨日も東急ハ○ズにいた
 鼻水がタラタラと流れ出した
 シュンと鼻水を吸い込む
 クシュンクシュン

 同じフロアーで男性数人と会った
 その男性方も鼻をクシュンクシュンとさせている
 花粉症なのだと分かる

 気象が変ったか
 化学薬品の影響か

 月曜日も同じように鼻水がダラダラ出て困った
 鼻をもぎ取りたいと思った
 ではこうだと鼻をもぎ取るのではなく鼻を洗浄してやろうと思い立った

 鼻を水に漬ける
 鼻から水をゆっくり吸い込む
 あるところまで行くと吸い込みを止めて噴出す
 もう一度やる
 水がチュンと奥に入った
 脳の芯が切りきりと痛む
 泳いでいたとき何気なく鼻から海水が浸入する
 頭が針で突いたように痛い
 それである

 3回ばかし鼻を洗浄した

 瞬く間に鼻水の流れるのが止まった
 えっ!
 止まった
 そんな感じで止まった

 半日鼻水の流れるのが止まった
 昼頃また鼻水が流れる
 もう一度鼻を洗浄する
 鼻水が止まった

 火曜日も同じようになった

 水曜日・東急ハ○ズで鼻水がタラリタラリ
 洗面所に行く
 鼻を洗浄
 鼻水は止まった

 男性にも教えてあげようかと思うほど洗浄効果は抜群である
 鼻水がタラリタラリ
 鼻を水道水で洗浄する
 これがずっと続くと花粉症も怖くないのだが

|

切り刻まれた肉体写真が見れるだろうか

 ギャーッ
 テレビでニュースを見ていた連れ合いが叫んだ

 ????
 ニュースで東京の不明女性は一軒隣の男に乱暴され殺されていた
 その男は女性を殺した後、死体をバラバラにした

 ばらばらにした後砕いてトイレに流したというのである
 それに気持ち悪がり
 ギャーッ
 と叫んだのである

 一年後、裁判員制度が始まる
 その裁判では裁判員は証拠なるものを厭でも見なければならないだろう

 死体の写真
 バラバラにされた写真
 バラバラにされた肉体を打ち砕くところの証拠写真
 骨から身を削ぐ状態の形態模写
 だんだん気分が悪くなってくる
 見るに耐えない
 聞くに耐えない

 香織被告は旦那のDVに耐えられなくなった
 DVにより精神に異常をきたしてきた
 旦那が寝ているときに頭を殴打して死亡させた
 その死体を切りきざんだ

 裁判員はその実態を目の当たりに見なければ裁判にならない
 殴打する状態
 頭を首から切り落とす状態
 腕を切り落とす状態
 腹を割き袋に詰める状態
 こと仔細に説明を受けるだろう
 見なければならないだろう

 普通の人間が裁判員になり
 人間が切り刻まれた状態の写真が見れるだろうか
 正常な判断ができるのだろうか

 体を切り刻んだ
 細かく死体を砕いた
 肉片をトイレに流した

 ここまで聞くだけで気分が悪くなる

 裁判員不適というハンコを自分で捺そう

|

死刑判決の意見にうろうろ

 長崎市長選挙でピストルによる殺人事件があった
 その裁判で死刑判決が言い渡された

 長崎市長によって建設の仕事が奪われた
 腹に据えかねていた
 仕事をくれと言っても応じてくれなかった
 仕返しをしてやろう
 3ヶ月ほど前から市長を殺してやろうと思っていた
 市長選挙のときピストルを持ち市長が選挙事務所に帰ってくるのを待っていた
 市長をピストルで射殺した
 犯人はヤクザの組長であった

 世間に与える恐怖は計り知れないほど大きかった

 前後の見境なく犯人は死刑だと浅はかな頭は考えた

・地裁での判決
 裁判が行われた
 裁判長は計画した犯行である
 市長選挙のときに犯罪を犯すとは許されがたいことだとして死刑判決が言い渡された

 当然だとhuukoは思った

 が

・早すぎる判断という意見
 市長を殺したといって死刑判決は判断が早すぎる
 もし、彼の後ろにいる人間が彼をそそのかし反抗に走らせたとしたら政治テロを見逃したことになる

 なるほど
 そんな見方もあるのか
 huukoはそちらの意見に傾く

・命の差別だという意見
 人一人殺したとき普通は死刑判決は出ない
 市長選で市長が殺されたからといって死刑判決は重すぎる
 一般市民が被害にあったとしたら死刑判決になるだろうか
 元市長だから、市長選に立候補しているからといって死刑判決は人間の命の重みの差別だ

 なるほど
 そんな見方もあるのか
 huukoはそちらの意見に傾く

・当然だという意見
 市長選の市長候補を射殺する
 これは民主政治へのテロの挑戦である
 候補者を射殺することは世間を暗闇に導くものである
 民主政治・民主生活を台無しにしてしまう
 問答無用の射殺は死刑判決で当然である

 なるほど
 そんな見方もある
 huukoはそう考えているのだが

・困ったという意見
 死刑は当然だと思う
 が
 自分に死刑判決をする勇気はありません
 人を裁くことは私にはできません
 終身刑があればそれにしたいと思います

 なるほど
 死刑判決
 人を裁く
 いざはんこを押すとなると悩むなー

・理想論の意見
 人が人を裁くことが可能だろうか
 人が人を死刑にするといえるだろうか
 終身刑なるものがあればいいと思う
 私は死刑判決を出すと一生自分自身が悔やむだろう

 なるほど
 そうだろうなー
 
・裁判員制度
 裁判員制度があと一年で始まる
 長崎市の人たちに死刑判決についてきいたところ以上のような意見が出たという

 もし、裁判員に選ばれると
 検事が言うことになるほどなるほど
 弁護士が言うことになるほどなるほど
 証人が言うことになるほどなるほど

 さー、判決をお願いしますと言われたとき
 ほんと困るだろうなー

|

変質者

 マンションの隣の住人が若い娘さんを殺害していたようだ

 マンションの自宅に帰る
 戸を開ける
 その時隣から人が出てくる
 一瞬身構える
 顔を一度でも見ていたら性善説で一瞬気が緩む

 開けた戸から自分のうちへ男に押し込まれる

 有り得ることだと思える

 気をつけようがない
 変質者を退治する以外に方法はないのか

 困った時世だ

|

お台場での車窓感

 羽田からディズニーランドへは息子が車で送ってくれるという
 車で1時間かからない近さという

 羽田を出た車は高速に乗った
 大井
 懐かしい名前だなーと独り言

 もう直ぐお台場やでと息子がいう

 高層ビルの林立
 橋の林立に目を丸くしていたがお台場と聞いて目を左に移した

 東京タワーが小さく見えた
 そうであればその傍に高層ビルがあるはずと見れば懐かしい36階建ての二本同じようなビルが見えた

 20年前1年間勤務したビルである
 そのビルからはお台場が東京湾の中に浮かんでいた
 緑の青々とした島というか半島というか
 そんな感じをもって眺めていた

 青島知事がオリンピックは行いませんといったお台場
 青い緑のまま残すのだろうと思っていた

 会社乗っ取りで有名になったお台場のテレビ局
 青い島の上にポツンとテレビ局があり寂しいところと思っていた

 なんと
 島の上
 どこを見てもビル、ビル、ビルそしてビル
 高架の高速、高速そして高速
 まだまだビルがたくさん建っているそのビルも大きくそして高い高いビルである

 20年前
 遠くにかすむ勤務したビルは海岸べりであった
 それが20年にして橋を渡り、運河を渡らなければ海が見えない状態になっている
 東京砂漠が広がっている
 そう感じたテレビ局前のお台場の高速である

 橋下知事が大阪を変えると頑張りだした
 20年前から東京は埋め立てたところに産業を興し民間の力でどんどん大きく経済発展している
 大阪は夢の島を作り高速湾岸線を作ってオリンピックとわめいたが失敗
 ディズニーならぬUSJがやってきたがいま一つといった感が否めない

 ゴミの島に民間の力が集まる東京
 ゴミの島を夢の島と名ずけてを開発せねばと官主導の大阪
 本社機能が自然と集まる東京
 本社機能が出て行く大阪

 大阪府全体を美術館にと言い出した
 道頓堀は歩く美術館
 千早赤坂村は千枚田の美術館
 ・・・・
 職員は知事の独り言とさめていると新聞報道

 どうも官が主導では第3セクター並の発展になるだろう

 20年の差が東京と大阪にあると感じた高速での車窓感だった 

 20年後
 huukoは平均年齢を超えている

|

ディズニーランド行き

 東京ディズニーリゾートへの入場券を貰った

 せっかくだから出かけようと大人3人と1,5歳の孫の4人で出かけた

天候

 孫は晴れおんなとhuukoは言っている
 彼女がなにごとかで出かけるときは晴れることが多い
 台風4号が日本を伺っています
 そのときも多分台風は外れるだろうと読んでいた

 読みの通り5月21日~23日は快晴であった

ディズニーランド

 9時開場
 大勢の人が入り口に並ぶ
 開場とともに人々は走り出す

 25周年イベントとしてミッキー、白雪姫その他ディズニーのキャラクターが勢ぞろいして踊るのを見る場所取りだという

 それは何時から始まる?
 10時からという
 開場を8時から1時間待った
 次は25周年イベントを見る場所取りに1時間待つ
 へーーっ

 10時モービルがやってきた
 白雪姫
 プーさん
 ・・・
 ・・・
 それらが観客の中に入ってくる
 綺麗だ
 面白い

 4歳くらいの子供
 女性達は音楽に合わせ大手拍子

 孫1,5歳も手をブンブン振っている
 喜んでいるわいと爺は見守っていた
 何かギャーギャー言っている
 手をブンブン振っている

 キャラクターがやってきた
 3匹の子豚のキャラクター
 孫に握手しようとする
 孫・バイバイバイバイと言っている

 爺は喜んでいるのだと思っていたが
 大音響の音楽に恐れおののきバイバイバイバイと手を振っていたのである

 白雪姫がやってきた
 爺はその美しさにうっとり

 孫・握手するものと思っていたが必死になってバイバイバイ

 ミッキーマウスとミニー達が出てきて
 両手を合わせて笑みを浮かべだした
 今度は両手を叩きキャーキャーと笑い声であった

乗り物

 回転木馬
 いままで見るだけで乗ったことがなかった
 冥途への土産と乗り込んだ

 馬に乗ると実物と同じく結構高い
 動き出す瞬間が振り落とされたりしないか不安
 動きまーす
 すーーっつ動き出す
 不安解消
 そうだろう
 乳児でも乗せるくらいだから転げ落ちるような動きをするはずがない

リトルワールド

 ボートに乗ってリトルワールドめぐり
 チャラらんらんらん・・
 チャラランランランラン
 音楽が流れる中
 人形達が手を振り足を上げ踊る
 可愛い
 孫・ここでは両手を合わせてキャーキャー喜ぶ

 音楽もいい
 世界はこのままだと平和だと思う

3時からキャラクターのパレード

 1時間前から道路に場所取りしている
 もう場所取り止めよう
 どこからでも見えるやろう
 孫は眠りこけてベビーカーの中で伸びきっている

 2時55分
 目を覚ます
 パレードの音楽が鳴り始める
 一休みしていたベンチから30m先の橋が丸見え
 そこにはお客さんがいないから絶好の場所になった

 キャラクターの気に入ったのが来るとキャーキャーと手を叩く
 気に入らなければポカーンとしている
 正直だ

夜のパレード

 7時30分から夜のパレードが始まった
 ぐずっていた孫
 ライトアップされたイルミネーションのモービルに唖然
 気に入ったキャラクターにはキャーキャーと手を叩く
 大人の女性達はやんやの拍手・手を振る
 感動の一瞬と必死に手を振る
 ディズニーの人気が伺える

 30分のパレード
 終わると次は花火の競演待ち
 ・・・
 ・・・
 7時10分
 空は晴天で最高によい日
 雲ひとつない
 そこに場内放送が流れた

 本日は上空の風向きが悪いため花火は中止いたします
 同じことが2回流れた

 相当な観客が居る
 それでも静かに ええーーっ と言ったきりである
 文句が出ない
 この天気がいいのにと 口の中で言ったのはhuuko一人かもしれない

 みんな出口へと向かった

みやげ物

 ショップ
 エクシピリアス
 ショッピングモールそして食堂街
 ここに佐竹ガラスが店を出しているはずやで
 なんというお店
 さーて、店の名前思い出せんわ
 万華鏡の店の真ん前と聞いておった
 あーーここやわ

 グラスランド
 そうやそうやそんな名前やった
 佐竹ガラス直営の装飾品ガラス品の店
 中を見た
 いろいろ装飾品が売られており懐かしいと言う感じがした

 

|

株価

 三月中頃、アメリカプライムローン問題でその株は底値になった

 いまだ買うのは
 買ったら上がる
 買え
 買おう
 そうは思ったが上がったら売り時を失して結論は元の木阿弥

 買わなかった
 買っておけば二ヶ月立ったいま百数十万円儲けている

 手放せるかなー
 多分
 時期を見て売ろう
 もう少し待とう
 もう少し上がれば売ろう
 下がってきた
 また上がるだろう
 もう少し待とう

 欲には欲が付いて回る

 買って置けばよかった
 買って置けばよかった
 そう思っているとき
 素人は一番いいのだ
 玄人がやっている相場に手を出さないのが一番
 そう思いながら株価の面を見ている

 どこかで損をしないと誰も儲ける人がいない

|

職務質問

 カラスが鳴くからかーえーろー

 暖かく気持ちよい晴れの日曜日夕方5時
 のんびりと川の土手を自転車で走っていた

 橋の上に単車に乗って若い警官が一人いる
 警官が一人でいるとはへんだといぶかしがりながら通り過ぎた

 数分後その警官が二人
 それぞれ単車に乗ってパトロールの感じでhuukoを追い越していった
 へんな警官ではなかった

 彼らは左に曲がった
 警察署に帰るのだろうと思いながらhuukoは川の土手を直進した

 帰って相撲を見て
 ・・・・
 ・・・・
 のんびりとした感じで今日一日いい日だった・・・・

 カタカタカタ 軽い音を響かせた単車が後ろから追いついてきた

 すみません
 すみません
 huukoは止まった
 先ほどの警官二人がhuukoを取り囲むような感じで寄ってきた

 ?????
 自転車登録をしているかどうか調べています
 すみません

 急なことでびっくりと言う気持ちが強かった
 ここに貼ってあるのが登録していると言うことでしょう

 はあ、念のため問い合わせいたします

 ここからhuukoの気分は昂揚してきた

 あなた達若い警官だが人を見る目を養わないかんで
 説教調になった
 登録しているのを見れば分かるものを
 無線で本部に問い合わせをするという

 窃盗の自転車に乗っていると疑われていると感じたのである
 昂揚

 一人の警官が無線している
 どう見ても22,3の二人である
 もう一人の警官に
 家に帰ってらお父さんに変な男に言われた
 風体を見てから人を止めて調べろ
 そう言われたとお父さんに言ってみたらと説教

 彼ははにかんでうなずいていたが

 すみませんでした登録していました
 すみませんでした

 登録しているかどうか
 近くでナンバーも見ないで通信している
 風体を見て止めて調べろ
 そう言ったのが効いたのかもしれない
 貼ってあるシールを見れば登録しているかどうか分かるはずである
 わざわざ自転車を止めて尋問する必要も無かろう
 無線をしているフリをしたのかもしれない

 風体
 他人から見ればいい人悪い人の感じが分かる格好
 普通の服装をしている
 うーん難しい
 顔は毎日洗っている
 髪はぼさぼさではない
 垢がついていない首周り
 服装が臭く匂わない
 服は垢まみれではない
 うーん
 これが普通の男か
 難しい
 彼ら二人は風体からしてhuukoを止めたのかもしれない

 風体
 警官が近づいて来たら逃げる風の男
 悪い男
 それを自転車の登録証確認とこじつけて止めたのかもしれない

 それだけのことだが
 疑われたと言うことで楽しい一日に積乱雲が盛り上がってきた

|

ゴジラの後日談

 ゴジラを持って帰ったYさんがやって来た

 せんせー、これ100円という
 ???

 あのゴジラなー、作ってくれと言う子供にあげたんよ
 そしたら、その子が家に帰って100円持ってきたんです

 おばちゃん
 小遣いためているんやけど全部出すとほかに買いたい物があるので
 100円だけ出せるので、ゴジラは100円でこらえてね
 そう言って100円くれるんです

 せんせー貰ってやってください

 ふーん
 浪花節やなー
 そんなら貰ってしんぜよー

 

|

手作りの部屋

 桜の季節も終わりと思っていたらブローチが欲しいというおばちゃん

 ちょっと無理やでーと思いながら
 こんなん出来ました
 いかが?

 ああ、いいわ、いいわと喜んでいただいた

 ほーーっ
 こういうガラスザイクの遊び方もあるのだと納得

 近所の子供にたのまれまして
 わたし出来ませんで、せんせー作っておくれやす
 ええっ!

 まあ、ええやってみよう

 子供に大人気の怪獣です

 実物はまあまあ

 ああ、いいですわいいですわと喜んでいただいた

 ふーん
 怪獣の世界でガラス細工をやると面白いかもと納得

 いろいろな作ってという課題
 面白い
 手作り市場の世界
 興味は尽きない世界である

|

Web新聞の一面トップについて意義あり

 中国の地震は1万数千人の死者
 埋まっている人2万人以上
 ・・・
 惨状は想像もつかない天災

 Web新聞の一面を見た

毎日一面
 
 四川大地震:死者1万2千超す 2万3千人生き埋め

産経一面

 被災地が保護区・・・気をもんだ30時間 「パンダ無事」

朝日一面

 舞鶴の高1殺害 足取りほぼ解明

読売一面

 四川大地震、断層のずれ250km
 破壊力「阪神」の30倍

 ぱっと見て産経と朝日のピントのずれというか記事の重みというか
 何を言うとるん
 他国とはいえ何万人もの人が死んだときに
 そんな感じがするちんたらとした記事

 パンダ
 日本に貸与することが危ぶまれる
 無事だったのでパンダは日本に来るだろう
 地震国日本
 地震の怖さをいつも体験している日本
 それなのにパンダが日本に来るか来ないかを論じている
 平和ボケした産経
 そんな感じがする

 中国の方々がこんな記事を読んだら怒り心頭だろう
 日本人はこの大災難のときにパンダが無事だと喜んでいる
 パンダがそんなに欲しいのかと言うだろう

 朝日も 舞鶴の高1事件は痛ましいが一面トップにはどうかと思わせる

 読者をどうひきつけるかが新聞の使命だと思う
 新聞離れが進んでいるいまのご時勢

 一面トップで産経・朝日はこんなことを書いておきながら
 36面あたりで
 四川大地震への義援金募集を書くのだろうか

 一面トップの見出しは
 四川大地震関連で読者をひきつけ
 36面あたりで
 義援金募集といかねばと思うのだが

|

田辺聖子・褒めて育てろ

 パソコンからスカイプの発信音がなった

 Hさんからです
 大阪の孫宅からの発信である

 電話機マークをクリックする
 しばらくすると発信者から動画が送られてきた

 孫1.5歳が夕飯の支度にまとわりつくのでパソコンで爺よ遊んでいてくれということみたいだ
 孫は夕飯の前菜を貰ってパソコンの前で食べている

 おお、いいこだいいこだ、一人でちゃんこしていいこだいいこだ

 褒めておこう
 親は子供を褒められてうれしいはずだ

 じいちゃんにくれ
 いやいやとする
 いやか?頂戴頂戴
 いやいやとする
 そうかー、いやかー、美味しいやろう
 満足な顔をして食べている

 お皿が空になるとパソコンからはなれて一人遊び
 パソコンに爺などカンケーネー

 また、スカイプの発信音が鳴る
 今度は横浜からである

 電話のマークをクリック

 突然
 5ヶ月の赤ちゃんが画面いっぱいに出て来た

 うぉっ
 おおおー、可愛い可愛い
 笑顔が可愛い

 5ヶ月になるとにっこりと笑うようになる
 ほう、笑顔が可愛い
 元気そうで笑顔が可愛いてええ、ええ

 息子もそれを爺に見せたかったのだろう

 昔の大人は 子供を褒めることに執心したと田辺聖子は言う

 お目目がまん丸でお月さんみたい
 可愛い
 可愛い

 縮れ毛がキューピーみたいで可愛い可愛い
 私のじいちゃんはそう言っていつも褒めてくれました
 周りの大人は褒めてくれるものと思い育ってきました

 赤ちゃんは褒めても本人は分かりません
 お母さんはうれしくなります
 お母さんがうれしくなると子供にいい影響がでてきます

 昔の大人は褒め言葉をいろいろ持っていました
 いま、褒めることをしなくなりました
 褒めて褒めて子育てをする
 それが大事です

 田辺聖子は子供は褒めて育てろといっている
 ほめれば子供は何がしか分かる

 大人も嘘でも方便
 褒め殺しなる言葉もある

|

母の日の料理

 最近というか以前から魚を見ると無性に澄まし汁を作りたくなる

 青魚に醤油を入れ玉ねぎとなすびを入れた簡単なお汁

 これに炊き立てのご飯が最高である

 それを無性に作りたくなる

 スーパーに用があり出向いた
 帰りに鮮魚の前を通ると朝市という名目で
 ハマチ2匹・500円
 ハギ5匹・390円
 へゴチ一皿(数へられない)・390円

 急に澄まし汁にしたいという欲望が芽生えた
 ハマチ2匹・500円をゲット

 買った後考えた
 50cmはあるハマチ2匹が500円とはあまりにも安すぎる?
 問題ないのか?
 ・・・・
 なぜ?こんなに安い?
 買ってから考えたってしゃーないやろう
 そうやなー
 自問自答

 ハマチ
 半分は刺身にしよう
 60有余年・初めての試み
 ハマチをぶつ切り
 皮がなかなか剥げない
 それは包丁でこういう風に剥いでいくのだと奥方はいう
 なるほど
 皮を包丁ではぐと赤身が出て来た
 ハマチの刺身になぜ赤身があるのかと思っていたがいまはじめて赤身の正体を見つけた

 刺身はしこしことして最高の歯ざわり
 これはいいとご満悦
 こんなに簡単ならまた作りたくなる
 臭いが鼻につくのが困りものだ

 まだまだ残っているハマチ
 ついでに煮付けてやれと制作意欲が湧く

 酒100cc
 みりん100cc
 醤油100cc
 砂糖少々
 これを煮たったらハマチを入れる
 あっという間にハマチは色が変わり煮付けになる
 
 玉ねぎ
 長ナス
 白菜
 竹の子
 湯がいておいた

 野菜を煮付けたハマチの鍋に入れた

 煮付けの出来上がり
 うーん
 美味しいがちょっと甘辛い感じがする
 50点
 雑魚煮にするとハマチは姿が崩れる
 今後の課題

 大なべに7割の水を沸かす
 ハマチの頭二個を入れダシをとる
 煮立ったら残りのハマチを入れる
 脂が出たらと思うが余り出ない
 痩せ痩せのハマチだと思う

 次に野菜を入れる
 玉ねぎ
 長ナス
 竹の子
 白菜

 ぎゃーーーっ
 鍋がいっぱいになり湯が溢れそう
 湯を少し出して
 醤油砂糖少々
 隠し塩

 沸騰すれば出来上がり

 時間にして煮つけと澄まし汁とで20分?

 その間に焼酎のお湯割を飲んでいた
 腹はそちらの方で満腹

 最高の澄まし汁をでご飯を食べたかったが残念
 お汁少々とご飯少々で終わってしまった

 汁の味
 求めていたものになったと上場の気分であった

|

パンダ外交

 日中友好は成功だった
 お互いの首脳同士は語っている

 まあ、コキントウうさんはコウタクミンさんのように歴史云々で日本人の反感を買うようなことは少なく笑顔外交のように思う

 成果云々もあろうが福田さんとしてもよかったと思う

 若者の交流
 若者が今後を作る
 いい外交だと思う

パンダ外交

 東京都知事・石原氏
 上野に パンダは要らぬ 見たければ北京に行けばいい
 なるほど、なるほど
 見に行けばいい
 なるほど

 週刊新潮
 高い金を払ってパンダなど要らぬ
 ええっ
 コキントウさんはパンダを贈ります
 パンダをプレゼントします
 ????
 一億円賃貸料がいる???
 子供が出来ると6千万ほど追加という
 高いなー

 贈る = プレゼント = 上げます = 代わりに何か上げます
 そうか一億円を代わりに上げるということか
 なるほど

 子供達はパンダ・パンダ・パンダと叫ぶ
 赤ちゃんの絵本を見るとその殆どにパンダが出てくる
 上野に行けばパンダが見れる
 上野に行けば
 上野なら行ける
 そこにパンダがいる
 子供達には一億円はカンケーネー
 パンダ
 パンダ
 パンダ
 その声だけを聞きたいという親もいる
 一億円は高くないかもしれない

 パンダの一億円を福祉に回せとひっきりなしの電話
 その一説も分からぬではない
 福祉に回せと憤るその年齢の方々
 大戦で中国を転戦し銃を持って生きるか死ぬかと這いずり回った方達だろう
 草の根まで食べるようにして日本まで帰ってきた方達かもしれない
 一億円は高いと思われるかもしれない

 パンダ外交は今までは成功したかに見える
 パンダは要らぬといわれだした今回のパンダ外交
 曲がり角だろう
 環境外交
 人権外交
 フリーチベット
 今後の課題にするべきだろう 

|

貯金通帳

 おはようございます
 ????

 9時半
 早いお客さんだなーと不思議に思う

 背広姿の品のいい方

 お隣さんのご挨拶に伺いました

 隣の信金さんの転勤の挨拶かと思う
 丁寧な方だと思う
 以前転勤してきたのでご挨拶と支店長に名刺をいただいたことがある
 同じ挨拶と思った

 ガラスは綺麗ですねー
 ガラスはどのようにして作るのですか
 いろいろガラスについて聞いてくる

 名刺だけではないのかといぶかしく思う

 やおら言い出した
 口座を作っていただけませんか
 ・・・・
 うるさいなーと思うがお隣さんである
 無碍に断るわけにもいかず
 適当に相槌を打つ
 それを察して帰るだろう
 が、なかなか帰らない

 口座を作るだけ作っていただけませんか

 彼にも飯の種がかかっているのだろう

 口座を作ってあげることにした

 調子に乗ってきた

 公共料金お振り替えもいかがですか
 聞こえぬフリをする

 融資の必要はありませんか

 また、聞こえぬフリをする

 ○千円の口座を作る

 次に通帳を持ってくる
 なにかに入れというのではないか

 社長
 社長という
 社長ではないと言うとご主人と言う
 ご主人ならまだ許してあげよう

 わが人生
 いろいろなところに預金通帳がある
 7冊にもなる

 年金が入る通帳 ・一番大事
 公共料金を引き落とす通帳 ・まあどちらでもいい
 無理に入らされた通帳
 タオルが欲しいと手を出すと通帳を作れと作った通帳
 家を建てるときに入らされた通帳
 給料を振り込むために入った通帳
 今回の通帳
 まだ、何通か有るような気がする

 親父もいろいろなところに通帳を作っとんやなー
 中身を残しときゃーええのに

 身辺整理で息子や娘の声が聞こえてきそうだ

 
 
 

|

甘辛狂想曲

 抽選で当たった牛が500g送られてきた

 さー、すき焼きだといさんで味付けを担当した

 おとうさんあまり甘くしないでよ
 了解

 あぶらみを入れて溶かす
 簡単すき焼きだから次にシラタキとクズキリを入れ
 白菜を入れて水分を取る
 肉は後で食べる前にと先に少し味付けをした

 砂糖もまぶすが甘くしないでというので普段の半分くらいかそれより少なくした
 醤油をその上にかけた

 白菜がしなびてきた
 シラタキ
 クズキリ
 味はどうか?
 甘くないか?

 ちょっと辛いなー
 醤油入れすぎか
 もう一発砂糖を入れた
 少し醤油をかけた
 混ぜた
 味はどうだ?
 クズキリをひとすすり
 ?????

 まだ砂糖が足りんのか?

 えっ!
 まちごうたのと違うのか?
 口のなかが塩でえぐくなってきた
 間違ったーーー
 塩と砂糖を
 間違ったーーー
 えらいこっちゃー

 さーてどうする
 さーてどうする

 ざるにうつした
 まだ肉を入れていないので助かった
 ざるに入れたシラタキ、クズキリそして白菜
 水で洗った
 水で洗った

 塩は抜けたか?
 うーん
 クズキリは塩をすわないのかと思っていたがしっかりと塩味が付いている
 クズキリは塩を吸い取るんやーと感心した

 再度すき焼きのやり直し
 口の中がえぐい
 甘くしてはいかない
 味付け
 味付けと

 20分後
 帰ってきた家内と食した

 huukoは少し味付けが辛いかと感じながら食べた
 家内はちょうどいい、ちょうどいいと言いながら
 作ってくれた料理を食べるのが一番美味しいとのたまいながら食べていた

 塩と砂糖
 世の奥方
 沢山沢山の方が間違っているのではないかと考えた

 普通は味見などしないのだが今回は甘くしないでという一言で
 なんとかすき焼きにありつけた

|

連休終わる

 おひさしぶーり
 ああ、元気に楽しんできた?

 見てきたよー
 ジャンプ台
 白馬のかー
 そうよー
 雪まだ有った?
 有った、有った
 それにねー 桜、菜の花、桃みーんな一斉に咲いているんよ
 リンゴの花の綺麗なこと
 あんなんはじめてやわー

 翌日は黒部の雪渓を見に行ったそうだ

 人の旅行きを聞いても始まらないが楽しそうに話す知人の景色が網裏をかすめた

 うちはこれと携帯を見せられた
 綺麗な藤棚が写っている
 そのなかに妙齢の男女が二人
 おお、美人やなー
 この人は息子さん
 どーんと背中を叩かれた

 huukoさんも男という
 女に見えへんの
 見えんなー、ええ男やで

 背丈といい体のがっしりしたところといい男かと思えた

 その藤棚は100mは続いているという
 岡山県の藤棚

 連休はみんないろいろなところへ出向いて楽しんだようだ

 

|

連休最後の日・天王寺動物園

 久しぶりに天王寺動物園に出向いた
 園内は人出で混雑だろうと思っていた
 その通りであった

 孫の動物園デビューに付き合ったのである

 大阪市内の65歳以上の方は住所と年齢が分かるものがあれば無料です
 大勢の入場券購入者の中でハンドスピーカーで連呼
 住所が違えば受ける福祉も違うのだと実感

 園内は人人人

 孫・1歳4ヶ月
 動物園は初めて
 犬を見てはウォン、ウォン
 鳥を見てもうぉっ、うぉっ

 さて、今日の園内はじいちゃんの思い通りになるかと
 ベビーカーを押す

 園内の案内図・案内図
 カードを配っている案内女性が沢山居る
 案内図を一枚下さい
 これは案内図ではなくスタンプラリーのカードです
 案内図はあそこにありますのでそちらに行って取って来て下さい

 案内図を見るが猿がどこに居るのか分からない
 別の場所に立っている案内の女性に問いかける
 彼女はどうもスタンプラリーの案内のようであった

 猿のオリはどちらですか
 その建物です
 いや、これは猿でもヒヒ類でしょう
 本当の猿 (ここでニホンザルが出てこない)
 もう一つはこの後ろです
 そこはチンパンジーでしょう

 彼女には猿の意味が通じないて問うのをあきらめた
 ヒヒのオリを見る

 うぉっ、うぉっと言っていた孫
 何かの拍子に固まってしまった
 ヒヒとは2m以上離れていたのだが
 目が合ったのだろうか
 ヒヒの目は怖い
 ヒヒに射すくめられたか

 後ろは大きなヤギのケージ
 うぉっ、うぉっ
 ヤギが近づいてくると固まってしまい抱きついてくる

 次はぞうさん、ぞうさんというがゾウの場所が分からない
 案内板が全然ない
 どこを探せばいいのだろう

 おとうさん コアラ の建物があるよ
 みんな大勢入っていくよ
 そこへ行こうか
 ほでもあんな動かん動物見ても何にも分からんやろうなー
 案の定
 中は薄暗くコアラはシルエット状態
 コアラ、コアラと叫んでいるのはお母さん達だけ
 子供たちはポカーン
 あそこにコアラ
 あそこにコアラ
 お母さん達のうれしそうな声が響き渡っていた

 鳥の大きなケージ
 ここは鳥達の天国
 鳥が元気よく飛び回っている
 人の近くまで飛んでくる

 うぉっ、うぉっ、うぉっと喜びの声
 途端に興奮して帽子を脱いで投げた
 見物場所は数mの高さのところ
 帽子を投げるのを止める間がなかった
 帽子は孫に投げられて鳥の居る場所に落ちていった

 あーあーあー
 落ちたー
 あーあーあー
 爺はどうしようと考える
 園内の事務所へ行こうと歩き始めるが携帯を思いついた
 案内地図に書かれている公園事務所に携帯をかける
 丁寧に案内してくれた
 数分後係りの人が帽子を拾いに来てくれた
 鳥がくわえていって巣作りにされなくてよかったよかった

 ぞうぞうとゾウはどこに居るのだ???
 壁掛け案内板を見るが分からない
 ぞうの絵があるなーここだここだとは言うがよく分からない

 まあとにかく行って見よう
 スタンプラリーの案内は至極至れり尽くせりに案内が目に付くがぞうの館は全然見つからない

 アジアの熱帯雨林
 もしかしてここに居るかも
 アジアの熱帯雨林でぞうのイメージがわかない
 ぞう=アフリカ
 そうではない
 タイなどはぞうで力仕事をしているではないか
 人だかり
 なるほど
 バナナの芽が伸び始めた遠方の方に”ぞう”が居た
 ぞう
 ぞう
 ぞうさん、ぞうさんと唄ってやった
 まごはなぜか鼻をつまむ
 最初なんで鼻をつまむ?と思っていたが
 ぞうさんと言うたびに鼻をつまむ
 ぞうの鼻が長いので鼻をつまむと婆が教えたみたいだった
 なるほど

 昔のぞうはコンクリートの上で芸をしていたがいまのぞうは赤土にまみれて土偶かと思える色で立っていた
 ぞうは灰色と漫画で見るが
 ぞうは赤土色と思いを変えた
 子供にぞうは結構人気だが見える場所が限られていてぞうがところどころでしか見えない

 白くま
 行ったり来たり
 氷可と思うと白ペンキにぬられたコンクリートの岩場であった
 旭山動物園の白くまは冷たい氷の海をお客さんが拍手するのを眺めながらダイビングするという
 お客さんが喜ぶ姿を見て彼はまたダイビングする
 天王寺の白くまは白いコンクリートの上を行ったり来たり
 水に入ってくれたら手を叩くのにと思うが思い通りにならない

 ペンギン
 絵本に出てくるペンギン
 ガラス越しに近寄ってきてちょんと障害物を避けて飛び上がる
 近寄ってきた
 孫
 固まってしまい爺の首根っこにしがみつく
 なんというペンギンか?
 目が怖ろしく鋭い

 リス
 円くなって動かず
 木の枝とリスとの区別がつかず

 休憩
 アイスクリームをほおばる
 おいしい

 さーて
 ライオンと虎を見て帰ろうかと立ち上がる
 ありゃー
 一方通行でライオンや虎が居るところはずーーっと遠方から入らなければならないという

 もう帰ろう
 疲れたー

 動物園に来てライオンと虎を見ずに帰るのはちょっとめずらしいなー

 天王寺動物園はアフリカサバンナ地域とアジアの熱帯雨林に分かられているようだ
 ライオンはアフリカサバンナに入らなければ一方通行で見に行けない
 そうかー
 入り口のところに案内が立って叫んでいた
 アフリカサバンナはこちらからですと
 アフリカサバンナでライオンを見るのですとは分からなかった
 ライオンはライオンのケージで虎は虎のケージに行けばいいのだと思っていた
 
 ぞうをみるにはアジアの熱帯雨林にいると理解せねばぞうを見ることが出来ないのであった
 ライオンはアフリカサバンナにいるという勉強をしてから動物園に行かなければならない
 なるほど

 ところでニホンザル・ニホンザル
 やっとのことでケージにたどり着いた
 岩山があり猿がいそう
 ここだここだ
 猿は一匹もいない
 ただいま改装中につき猿は居ません

 爺の見せたかったのは猿とライオンだったのだが

|

子供の日特集

 こどもの日特集としてラジオは童謡唱歌について流していた

 面白かった

 童謡でも歌謡漫談として通用するということも放送していた

流し
 銀座で流しをしていた
 銀座では大企業の会社の重役連が来ていた
 流しの希望は歌謡曲や演歌は20%くらい
 80%は軍歌や寮歌であった

 あるとき童謡を歌うとみんなから拍手が来た
 それから童謡を流しに入れるようになった
 童謡をいろいろ考えていると漫談が出来た

漫談
 歌謡漫談ならぬ童謡漫談として舞台ににたった
 若い人は笑いに舞台を見に来ている
 その舞台で童謡など見向きもしないだろうと思っていたが
 童謡を歌いだすと若い人たちものってきた

七つの子
 かーらーーすーなぜなくのー
 からすはやーまーにー
 かーわいいなーなーぁつーの子があるからよー

 客席の坊主が
 おっちゃん、七つの子ってカラスには七つも子供生まんでという
 本で調べたらカラスは卵を5つくらい産むとなっていた

 そこで七つは7歳だと言ったら
 カラスが七つなら大人になって飛んで行っているやろうという

 七つの子は7歳か7匹の子供か
 金田一先生と○○先生が7歳だいや7匹の子供だ
 論争していました

 漫談は面白かった

シャボン玉
 野口雨情の詞ですよね
 この詞はどのようにして生まれたか

 野口雨情に子供が出来ました
 その子は9日目に亡くなりました
 そのとき出来た詞がシャボン玉なのです

しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
こわれて消えた

しゃぼん玉きえた
飛ばずに消えた
うまれてすぐに
こわれて消えた

風風
(かぜかぜ)吹くな
しゃぼん玉とばそ

 子供が生まれて直ぐに死んでいった
 それをシャボン玉に置き換えたのです

 風よ吹くな
 子供が飛んでいってしまう
 吹かないでくれ

 野口雨情はそう言っているのです

 なるほど
 漫談もいろいろ調べると笑わせそして泣かせるのだと思った

 この漫談をやると
 さっきの減らず口の子供がね

 おっちゃんこのシャボン玉の唱は台風の唱かという
 なぜだというと

 しゃぼんだまとんだ
 やねまでとんだ
 ・・・・・

 そうだろうが
 シャボン玉がやねの高さまで飛んで言ったというているのや

 いや、違う
 子供はどうしても台風だと言い張る

 台風の唱と分からない方は今晩一晩布団の中で考えてください

 ・・・・・・
 ・・・・・・
 何のことを言っているのか????

 シャボン玉が風に吹かれて飛んだ
 屋根まで風に吹かれて飛んだ
 ・・・・・・

 あらーまー
 普通に歌っているとどおってことはないのだが
 

 屋根まで飛んで行った
 台風だ

童謡漫談 
 いろいろ奥深く調べていけば何でも笑いの種があるものだ

 笑いは病魔を退散させる
 1日一回は笑うと癌も飛んでいくという
 笑い学がある

 笑って暮らせば あははの大将

運の良し悪し

 たき火という歌があります

 かきねのかきねのまがりかど
 たきびだたきびだおちばたき
 あたろうよ・・・・・

 最初このうたが発表されたときは戦争が始まったときです
 この歌を聴いた軍はまかりならぬと言ってきた

 落ち葉は集めて堆肥にする
 その堆肥の元を焚き火などして燃やすのはもったいない
 直ちにこの歌を歌うのを止めなさいとなった

 戦争が終わり
 この唱を発表せぬのはもったいないとしてラジオ歌謡で流した

 次は東京消防庁から文句が出た

 焚き火は火災の元
 落ち葉を集めて焚き火はやめてほしいと言ってきた

 NHKはそこで
 焚き火の傍にバケツを置いて焚き火をしている漫画にした
 それで放送は可となったという

 軍に止められ
 消防庁に止められ
 それでもラジオ歌謡で流れると名曲となっていった

 運
 不運
 なるほど

 子供の日特集
 楽しい特集だった

|

ニギリ寿司

 夕飯にニギリすしを買ってきていた

 結構高そうな寿司やなー

 上に乗っているネタが厚く旨そうに思えたので高いやろうと思った

 1個食べた
 2個目食べた
 3個目ご飯の部分を箸で半分にして食べた
 4個目もご飯の部分を半分にして食べた
 5個目も半分
 6個目も半分にして食べた
 もういいわと箸をおいた
 4個とご飯の部分が残っている

 ネタの部分は美味しそうだ
 そのネタに合ったご飯の量があるだろう
 にぎりゃー、ええっていうもんじゃないだろうと思いながら食した

 ネタに隠れたほどのご飯の量
 ぱくっと口に入れてその味を楽しむ
 ネタとワサビとすしの味
 微妙な寿司の温もり
 その絶妙な舌触りを楽しむのであるが
 あまりにもご飯の多さに驚いた
 食べさされていると感じたりした

 日本食は微妙な舌触りが大事だ

 船場吉兆では余った料理を使い回ししていた
 20年来使い回ししていたという説もある
 微妙な舌触り
 それが分かる方たちが老舗料亭を訪れていたのだと思うのだが
 使いまわしでも舌触りがお客の舌を狂わせるほど板場の腕は良かったのか

 味など分からぬが
 高いから美味しい
 老舗だから美味しい
 そのような方達が多かったのだろうか

 回転寿司が多くのお客を集める
 にぎりたての温もりの美味しさがある

 最近、その美味しさがなくなった感がしている
 微妙な甘さと温もりと舌触り
 回転寿司にもそれが有ったのだが
 最近なくなった感がする
 機械の調整が狂っているのかもしれない

 日本食
 あまり量はいらない
 舌触りが大事だ 

|

中途半端

 花粉症か?
 鼻風邪か?
 何がなんだか分からないが鼻水がタラリタラリ
 喉がいがらっぽいのかいがらっぽくないのか分からないがいがらっぽい
 ちゅーと半端

 解散
 なぜ解散しない
 解散して世論に問い直さねば福田政権はダメです
 ガソリン値上げで福田さんの問責決議案を出します

 土曜・日曜の朝の番組では民主党は解散解散解散を連呼する

 福田さん支持率18%
 問責決議案を出せばいいものをと思うが問責決議案を出すまでのことはないと民主党はその場になると生きのいい問責決議案を引っ込めてしまった

 中途半端な
 面白くない
 一度やるやると言うたんだから問責決議案を出してみなはれ
 そう言いたい
 出してみなはれ
 中途半端なことはやめときなはれ
 解散した方がいまの時代民主党の風が吹きいいのではないか
 民主党勝利で思い通りの政治が出来るものをと思うのだが
 中途半端だ

 今度は12日の採決に向けて問責決議案を出すといっていたがそれも沙汰止みとなったようだ
 18%まで落ちた福田さんの支持率は後期医療制度を突っ込むと自然と解散になるという
 本当かいなー
 後期医療制度を突っ込むと解散になる?
 中途半端な質疑で誤魔化されて解散も出来ずに終わるのでは?

 結論
 中途半端なところで引っ込んでしまう民主党
 仲間割れ
 党内分裂
 それを一番恐れて言うだけの党なのかもしれない

 もうそろそろ解散する時期だと思うのだが
 言うだけで本当は解散したくないのだろう
 言うだけだと国民を惑わすだけなのだが

 中途半端は日本人にはあまり好まれないような気がする

 風邪か花粉症か
 喉に痰が行ったり来たりしている
 中途半端
 しっかり えへんえへん とやるのだがどうも切れが悪い

 中途半端は困ったものだ

|

ちぐはぐ政治・福田政権

 やはり福田さんはちぐはぐな政治をしていると感じられる

 外交は日本の国益
 サミット議長国としてどうしてもEU関係の国を訪問してサミットの打ち合わせをしておきたかった
 そのため連休中はEU関係の国を歴訪する予定であった

 ガソリンの特措法を再議決すると民主党は問責決議案を提出する
 そのためには国会にいなければならない
 ということでEU関係の国の歴訪を取りやめた

 ところが民主党は問責決議案を提出しない
 国会は連休で閑散
 やっぱりEUを歴訪しておけばよかったと悔やんだ

 福田さんの支持率がまた下がった
 自民党の支持率が民主党に抜かれた

 当然と思うような後手後手の福田政権
 国益のためなら問責決議案を出すなら出せ
 わしゃ知らん
 EU歴訪はやらねばならないのだ
 その意気込みが感じられない

 話し合いで何とかします
 何とかします
 後期医療・・・・にしても
 年金の調査にしても
 ガソリンにしても
 道路にしても
 話せば分かる
 話し合いで解決

 支持率が落ちて当然の感がする

 劇場でもいい
 日本を引っ張るのだと言う意気込みが感じられない
 20%切るのも時間の問題だろう

|

連休の過ごし方

 おはようございます
 今日はお休みじゃないのですか
 昨日の休日と振り替えたんです

 そうですか
 私ら二人はいま堺の三国から歩いて3時間半です0804300056

 S世夫妻がこの連休を利用して紀伊半島一周徒歩旅行するその第1日目だそうだ
 工房が開いていたので立ち寄ってくれた

 今日は堺から関空まで歩く30kmの旅
 のんびりと歩くと言う

 関空まで歩き近くの駅から家に帰る

 翌日はその駅まで電車で行き歩き始める
 それの繰り返しで紀伊半島を一周する

 楽しい
 若々しい
 青春の一ページ

 夢だなー
 車で紀伊半島一周は考えられるが歩きで一周
 夢だなー

 歩き遍路だと、へんろ宿に着く
 足はくたくた
 もう二度と歩きたくない
 そんな感じになる
 さー、お遍路さんお風呂に入ってください
 日があるうちから風呂に入る
 その日の疲れが取れるのである

 二人は30~40km歩いてその足で家まで帰るという
 相当疲れていると思う
 電車に乗る元気が若いからあるだろう

 海岸線の風景の美しさはを見ながら
 無事、この連休で一周されんことを念じて後姿を写した

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »