« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

年齢制限

 18歳未満ダガーナイフ購入禁止に各県条例で動く

 18歳未満 酒タバコ禁止
 20歳未満 選挙権・・・
 75歳以上 後期高齢者・・・・

 タバコの自販機はタスポで23時以降も買えるようにする
 年齢制限をタスポのかけたから

 酒は店頭販売では年齢を確認させていただいています
 腕章をつけた店員が多くいる

 先日焼酎を購入した
 腕章をつけた店員だったので

 身分証明書忘れたわ
 店員
 結構です
 確認できます

 愛想のいい販売であった

|

政治とは狐と狸の化かし合い?いまの狐と狸は化けないがなー

 孫の手を引いて階段をエッチラオッチラ上っている

 孫はなんとか手を携えなくても階段を上がれる
 手を離すと危なっかしくて後ろに頭から落ちそうになる
 危なっかしい

 何とか上れるではないか
 さー、一人でいまから歩いていくのだ
 爺はいつまでえも手を携えてやるわけにはいかぬ
 自分で歩いていかねばならぬのだ
 突然爺は手を離した

 ならず者国=手に負えない者。素行の悪い者。ごろつき。無頼漢。放蕩者。
 アメリカは突然と言う感じでならず者だという引導を外しそうだ

 北とアメリカとの関係
 爺が孫から手を離す状況に感じる

 日本危うし
 日本ちゃちゃちゃ

 国民を馬鹿にしている
 年金のデーターを書き換えて年金が下がっている
 年金の不明者が5000万件
 余りにもけしからん
 直ぐに国会解散だ
 福田首相問責だ
 と、小沢さん、鳩山さんそれに山岡国対

 菅さんや輿石氏が言うのは分かる
 小沢、鳩山そして国対は元自民党出身

 年金・・・・
 それはいままで自分達が施策して来たこと
 そこのところが分からない
 過去自分達がやってきた
 そこに齟齬が有った
 それは現政権であって自分達ではない
 そう3人は言っている

 アメリカと北
 自民党と元自民党員
 やっていることは同じことをやっているように思えて仕方が無い

 政治家のやることは全世界共通しているのかもしれない

 誰が狐で誰が狸か
 狐と狸の化かし合い
 さーて
 結末は・・・・

|

1.6歳・傍若無人

 やりたい放題
 自分もそうだったのだろうか?

 パソコンの前にに座ると抱っこせよと来る
 抱っこして自分のアルバムを出力せよという
 アルバムには動画も入っている
 その動画を見て手をパチパチ
 手の平は小さくパチパチと音がするかしないかくらいの音がする

 アルバムを見ながら手当たり次第に机の上のものをひっくり返す
 混ぜ返す
 パソコンの下の敷物を引きずりまわす
 パソコンはひっくり返る
 やりたい放題とはこのことだ

 椅子に自分で簡単に上がれるようになった

 最初椅子に上がったときは手を叩いて
 よくぞやった
 よくぞ頑張った

 いまは上がるな
 上がるな
 テーブルの上の湯のみ、茶碗、サジそして全てのもの
 手当たり次第投げまくる
 止める間がない
 あっという間に傍若無人の赤ちゃんの手
 投げたら困るものを投げてしまう

 湯飲みに飲み残しのお茶がある
 そのお茶を飲むという
 どっばーっ
 あっという間にお腹にお茶が流れる

 午前2時半
 目覚めてギャオーッと叫ぶ
 ミルクを飲ませてやっと再度寝付かせる
 3時半
 静寂はほんの一瞬

 這えば立て
 立てば歩め
 自分にはこんな傍若無人な振る舞い
 全然
 記憶がない
 それを証言する人もいない

|

竜宮城からのお使い

 今日も亀がいるかな?
 自転車を走らせていた

 うん!
 今日はやけに小さな亀やなー!
 近づくと弁慶カニが舗装された土手の上を歩いている

 この道を通って数年
 亀がよちよち歩いているのは見るがカニが歩いているとは

 はてさて
 竜宮上のお使いか?
 カニに問いかける
 カニは爪をおったてて逃げていった

 何かいいことがあるかもと欲ボケ

 一年ぶりの人が訪ねてきてくれた
 ほう、これがカニのお使いか

 huukoの同級生の子供さんからのメールが入る
 孫が生まれましたと写メールである
 ほう、同級生ははやヤシャラ婆さんか
 孫は可愛い
 ヤシャラ孫はいかがだろう
 可愛いの倍だろうか

 今日はカニ効果があると思っていると
 夕方電話がかかった

 運送会社の人からである
 引越しのときガラスケース・・・・
 ガラスで作られた鯉のぼりが折れたという
 いろいろ探すのだが修理してくれるところがない
 HPでお宅にたどり着いたのですが修理してもらえないでしょうか
 ・・・・・
 接着剤で補修していただければいいという
 一度見せてもらうことにした

 これもカニのお使いか

|

産卵の季節

 槇尾川は和泉市を縦断している二級河川である

 そこには数多くの生き物が生息している

 鯉
 フナ
 ・・・
 亀

 いま亀の卵を産む季節だろう

 川の法面はコンクリートで固められ亀が登ることなど出来ないと思うのだが爪を立てて数mもある川底から土手の舗装道路まで上がってくる
 その土手を越えると街並みでありまた少年野球のグラウンドであったりする
 どこに卵を産むのだろうかといつも考えている

 車が来る
 亀が轢かれる
 内臓破裂
 卵がころんと転げていたりする

 ひっくり返ったままで身動きしないのもいる

 道の真ん中で自転車が来たのでじっと止まってしまうのもいる
 車に轢かれたらだめだろうと道からどけてやるのだが
 町家の方にやればいいのか川の方にやればいいのか戸惑う

 甲羅が30cmは有ろうかと思われる大きな石亀
 道路を渡りきろうとしている
 その先は少年野球のグラウンドである
 土手とグラウンドの高低差は3m
 亀はどのようにしてこれを下りるのだろう
 歯医者の予約時間が迫っていたので見届けることが出来なかった
 残念

 いつかは困っている亀を助けて
 槇尾川の竜宮城に案内してもらおう

 欲が先にたつ人間には竜宮城への招待状は来ないだろうなー

|

頭がおかしくなってきている

 自分はそんなではない
 そんな自分が見えない

 赤ちゃんは可愛い
 自分も赤ちゃんのときが有ったのだと分かっている
 自分も可愛かった赤ちゃんだったと思えない

 はいはいしていた時がある
 自分ははいはいの時期はなかったように思う

 ボケが来る
 ボケが来ると分かっている
 自分はボケないと思う

 昨日の自分と今日の自分は違うと分かっている
 同じと考えている

 来た道・おしめをしていた
 行く道・おしめの厄介なるとは思わないけどなる

 生き物は死を迎える
 自分は死を迎えないと思っている

 人間とは不思議なものだ

|

 なぜだろう
 小林○という男が死刑執行されました
 そのニュースにより
 相当昔
 新聞に載っていた 逮捕時の写真が頭の中に浮かび上がってきた

 ????
 あの写真の男の首が ばしっ
 そんな感じで切られた

 首は体から離れ数cm飛び上がった

 血しぶき

 目の前にその光景が浮かんでくるのである
 なぜそんな光景が浮かび上がるのだろう

小林○は死んだのだろうか?

 水道から流れる水に血は洗い流された

 排水溝から流された血は浄水場へ

 ミクロの世界に血は流れ込んだ

 見た目には綺麗な浄水場の水
 ミクロの世界にはその男の血が流れている

 海に流された浄水場の水は海水に混じり
 プランクトンの餌になった

 プランクトンを食べた魚は大きくなった

 人間は男の血が流れた魚を食べた

 その魚を食べた人間は男の血に感染した

 感染は男に発症する
 女には殆ど発症しない

 感染した男は女児を溺愛する性格になっていった

 小林○という男は死んでいない

死とは

 死は社会が決めた区切りである

 脳が死んでもヒゲが伸びる
 それで人間は死んでいないという人もいる

 焼場で焼かれた体は死んでいると社会は決めている
 その灰から植物が芽生える
 その人は死んでいないという人もいる

 アキバで加藤某なる男が無差別殺人を起した

 自分もああいうことをしたかった
 類人がたんと出てきた

 加藤某なる人間が死刑執行されたとしても
 真似をする人間
 心を受け継ぎたい人間が生まれてくる
 加藤某なる人間は死んでいない

 死とは登記上必要なので人間が決めたことに過ぎないと養老氏は言う 

脳死移植

 死という定義はとことん問い詰めるととことん行ってしまい
 収拾がつかないというのが死の定義だという

 定義で死を決めて脳死移植をしている

死ぬると思うか

 人は死ぬる
 いつかは死ぬると人は言う

 が
 自分は死なないと思っているのが人間だという

 なるほど

|

Tシャツの絵柄

 huukoの背中に旅人

 下には河童

 お互いに恐怖におののく絵柄が梅雨空にぴしっとくる
 色味が最高に芸術心をゆさぶる

 Kさんが ”とんぼ玉” を発展させて自分の持ち前の絵の技をTシャツに表現したのである
 0806160079_2

雨の中の恐怖

 

 とんぼ玉ではあまり売れない
 Tシャツの方が売れ筋はいい

 人生を模索
 いつも模索する人生
 終わるところを知らない

 売れすぎて制作に時間がないというまでになるだろう

 部屋の装飾にもなる

 芸は身をたすく

 これで道頓堀を歩くとマニアの垂涎の的
 マニアが聞いてきたら1万円と言ってやろう

|

面白い話

 週刊誌を読んでいた
 5月病ならぬ新入社員の面白辞典のようなことが載っていた
 記事盗載になるが面白いので書き写しておこう

文章を書かせた

 この度は・・・
 度が分からないというので 温度 の度と教えた

 ℃と書いて
 この℃はお世話になりありがとう・・・・

 度(たび)を度(℃)と間違ったままであった

辞めてしまった

・入社1日目
 私はトイレが洋式でないので会社を辞めますと言って帰ってしまった

・おばあちゃんがその会社は危ないからと言うので会社を辞めます
 翌日から出社しなくなった

勘違い

・入社式の日の某銀行員

 午前に入社式を行った
 午後から帰ってしまった新入社員曰く

 式の後は授業がないからとのことであった

 
・電話の応対で上司は
 ただいま取り乱しております
 ・・・・・

・電話の応答で、どうしても器用貧乏としか聞こえず
 器用貧乏と取り次いだ

 紀陽銀行だった

 大爆笑だった

・看護婦にボタン外してというと
 医者のボタンを外しかけた

・忙しそうな同僚がいたので応援してやってと言った
 新人さんは同僚のところに行って
 がんばれがんばれ と言っていた
 

お茶

 おちゃを出すとき
 茶の葉を湯飲みに入れお湯を注いでお客さんに出した
 

 切手貼って出しといてといった
 福岡は80円ですけど東京だと幾らですかと
 幾らだと思うと問い返すと
 東京は少し遠いから100円ですかねと言う

 手紙は現代人から離れているのかも

警察沙汰

 建設現場で新人さんが言うことを聞かない
 怒った監督はほっぺたをつねった
 新人さんは警察に電話した

 上司は警察に監督を貰い受けに行った

ええっ!

 目つきの鋭い新人さん
 久しぶりにいい新人が見つかったと喜んでいた

 入社以来職場のお金がたびたび無くなる
 問い詰めたところ新人が盗っていた

 目つきの鋭いのは本物であったかと感心した

怒り心頭

 温厚な社員がいた
 その彼を怒らせた新人はビンタを食らった

 事務所は一瞬凍った

 そのあと新人は ふえーん と泣き出した
 そのあと
 本気で怒ってくれてうれしいっす 
 この会社に入って良かったす
 (以上文春より抜粋編集)

 毎年毎年新人さんが巻き起こすいろいろなエピソード
 その彼らが大人になっていく

 多分にhuukoもエピソードを持っている
 恥ずかしい
 懐かしい
 面白い
 そんなエピソードが沢山沢山ある

|

187cm

 エレベーターに乗り合わせた男性
 時々出会う男性である

 非常に背が高い
 失礼ですが
 背はなんぼあります?

 187です
 187ですかバレーの選手ですね
 バレーやと197もいます
 へー、もっともっと高いのですか

 エレベーターの階がきたので会話はそれで終わった

 187で痩せてはいない体格
 huukoとは大人と子供である

 相撲取りは197、8はざらである
 おまけに肥えるために食べるだけ食べる
 無理に詰め込んで体を肥らす
 テレビでは小さいようだがこの男性を二回り大きくしている
 体が大きくないと勝負できない世界

 ラクビー選手も体力勝負だろう
 日本人が外人チームに勝てない理由の一つだろう
 技だけでは勝てない

 陸上100m走
 コンパスの長さと脚力
 天性と背丈がいる
 日本人はとても勝てない

 柔よく剛を制す
 日本人は柔道では頑張っていると思うが規則の変更で日本に不利になるようになり
 技では勝てなくなってきている
 これも体の大きさがいる

 総じてスポーツは体の大きさがいるようだ

 靴はあるのだろうか
 背広は合うのがあるのだろうか
 家の中では常に首をかしげて歩かねばならないだろう
 いまの日本の造りではちょっと不便かもしれない

|

ホタルの宴

 ホタルを観賞しながら蔵酒の宴

 昨年も行った河内長野の天野酒蔵元のホタルの宴

 申し込むとキャンセル待ち
 今年は見送りと思っていたがキャンセルが出たので出席しますかとの問い合わせ

 早速申し込んで宴となった

 去年は数匹しか見れなかった

 懐石を堪能した後のホタルの乱舞を期待したが30匹ほどが乱舞した
 川全体の乱舞まではいかなかった
 川原に設えられた仮設の席には時々ホタルが舞い込んでくる
 60人ほどの人がそのホタルの灯に拍手を送る

 蔵元にしかない原酒に炭酸を混ぜた甘ーいお酒
 レモン酒
 梅酒
 いろいろな酒
 原酒は20度です
 ゆっくり呑んでください
 いそぐとこたえます
 おいしかった

 ホタルの宴
 名前で酔いそうであったが原酒の美味しさにも
 懐石の美味しさにも酔った

|

新聞を読んで

北朝鮮 

 裏があるのか?
 そう思わせるのが北朝鮮との約束事
 日本人の殆どが北朝鮮制裁解除は早すぎると感じている

 調査を再開する
 それを素直に信じる
 裏があるのか
 裏のある交渉は信じてはなるまい

民主党

 首相問責決議
 出すこと自体不思議に思っていたが
 問責決議を出したので国会審議に応じられないと衆院本会議をボイコットした

 なんでも反対
 なんでも政局
 なんでもかんでも政府を倒す

 アキバ通り魔殺人の誰でもよかった
 それと似ているように感じて仕方が無い

大丈夫か

 CO2削減に排出量取引は幻想と電気事業連合会会長が発言
 削減どころか工場を外国に持っていって逆にCO2は増えるといっている
 huukoもそうなるだろうと考える派である

 工房から通りを見ていた
 泉大津市の巡回コミュニティーバスが通った

 低公害車
 天然ガスを使っています

 この車は低公害車でCO2を出しません
 走ってもいいのです
 そのように言っているように聞こえた見えた

 ちょっと待ちや
 車が走ること自体が熱を出す
 その熱が地球を温暖化している
 CO2は温室効果を出すだけで熱という絶対量ではない
 車を走らすのを止めねば温暖化は防げない
 排熱を伴うことを止めねば温暖化は防げない

 天然ガスを使うことで低公害車
 走ってもいい
 市は勘違いしているように思う

韓国人資産家

 パチンコ屋で知り合った男夫婦に韓国資産家女性が金を貸していた
 借金の督促をしていたそうだ
 その夫婦に資産家は殺された

 借りた方が強い
 借りた方が安易に貸したほうを殺す

 借りる=返せない
 貸す =取り戻せない
 覚悟のうえで金を貸すべきであろう

 ヤクザの親分が高金利で金を沢山の人に貸した
 最高裁は元金も含め高金利を求めたものに金を返す必要は無いと判決した
 借りたものの勝ちである

 交渉
 お金
 CO2
 考え方
 世の中複雑極まりない

|

橋下バトル

 橋下さんは人として尊敬できない
 ある職員がとまくし立てたという

 橋下知事も反論
 ここは団体交渉の場ではない
 上司に対するものの言い方もある
 私のやり方があなたの意に沿わなければ、職を変えてくださって結構です
 
 対話在りきではなく喧嘩在りきである

 46歳以上の非管理職との朝礼での一こまだそうである

 いままでの知事とか市長だと
 あなたは尊敬できません
 就いていけません
 そういえばどう対処しただろう

 橋下知事は若い
 発言にも若芽の感じがする

 いやなら辞めていただいて結構です
 そう反論する
 そこに若芽を感じる
 発言者はびっくりしたか
 辞めてくれて結構です
 そのように言わしめるように仕組んだか

 46歳
 分別を持ちわきまえた発言をする年齢だろう
 朝礼の席で
 あなたを尊敬できません・・・・ 

 職場にそのようなものの言い方をする職員が居る
 その職場の雰囲気はどうなんだろう

 ものをわきまえた言い方
 そこに融和が生まれ職場が明るくなるだろう

 

|

携帯の電池

 携帯の電池が1日持つか持たないかになった
 ????

 はやっ!
 もう電池が切れてる

 ドコモのお店へ
 5人の人が相談している
 10分待つがなかなか順番が来ない

 ○番お持ちのお客様
 ????
 番号札取らねばいかないの
 どこに番号札を取るところがあるの
 ・・・・
 後の人が先に相談席についた
 まあ、ええかと順番を再び待つ

 ご相談内容を先にお伺いいたしてもよろしいでしょうか
 はいはい
 電池の切れが早くなって・・・・
 2年で無料交換というのはまだ生きています?
 はい、結構ですよ、お取替えいたします
 ちょっと調べさせていただきます
 ご相談内容はそれだけでしょうか
 テレビ電話で声が全然聞こえないのです
 耳をつけると聞こえます
 イヤホンをお使いではないですか
 イヤホンをお使いいただくと聞こえますのですが
 ????

 携帯の電池をチラッと見た案内嬢
 お調べいたしますと控え室へ
 直ぐに戻ってきた
 電池をお取替えいたします
 ちょっと膨れていますので2年経っていませんがお取替えいたします

 興味津々
 なぜ電池が故障したかそれを知りたい
 なぜこうなるの????
 あまり聞くと相手は困るだろうと止めたが
 例の電池爆発の類ではなかろうかと想像する

 旧い電池は側面が膨れて来ていた
 そのままだと携帯の電池カバーを壊すという

 順番が来た
 テレビ電話の音が聞こえないということでしょうか
 そうです
 では、ちょっとテストさせてください
 いろいろテストする
 huukoの携帯からは画面に映っている人の音声が流れてこない

 変ですねー
 ????
 ちょっと裏で調べてきます
 お待ち下さい

 分かりました分かりました
 ここのスイッチを押すと音声がスピカーから流れるようになっているのです

 ここにスピーカーマークがありますでしょう
 これを押してください
 音声が流れます

 なるほど
 スピーカーマークを押すと画面にスピーカーの絵が表示される
 音声も流れてくる

 テレビ電話を使いだして1年ほど
 その間無言で使っていた
 相手の声を聞きたいときは耳をつけて話していた
 お父さん、耳だけが写っているよ
 そんなテレビ電話であった

 スピーカーマークを押すと音声が流れる
 たったそれだけのこと
 たったそれだけのこととは言え知らなければ使えない

 F○○という老人向けの機種は画面を見ているだけで携帯を使いこなせる
 分厚い取説を見ながら操作をしなければならない高機能機種
 困ったものだ

|

CO2排出権・投機マネーが群がるだろう

 これ以上わが社はCO2を排出すると規制に引っかかります
 そうか、仕方ないなーCO2の排出権を売っているところはないのか
 イン○○シア国で植林事業をしている○社が排出権を持っています
 そこで排出権を買え

 担当者は○社に出張した

 当社はCO2が足りません
 CO2の排出権を売って欲しいのですが

 ・・・・・

 CO2の排出権を購入出来た
 これで会社の増設が出来る

 いま、世界はCO2の排出権を証券化してCO2の排出を規制しようとしている

 石油は投機マネーが金余りからニューヨークに集まり狂乱といえるほどの石油値上がりになっている

 石油が終わればその投機マネーはどこに行く
 CO2排出権を購入しその権利を世界に売り歩くだろう
 投機マネーは環境も食いつぶしていこうとするだろう

 投機マネーは金さえあれば人間だといっている
 金がなければおしまいさ
 西洋流の考え方はもうそろそろおしまいにしなければCO2は減らない

|

日曜日雑感

 日曜日ののんびりした夕暮れ前

 川の土手を自転車で走っていた

 水の中に子供が遊んでいるのが見えた
 寒いだろうに
 泳いでいる
 浮き袋を腹の下に敷いている
 泳いでいるのは間違いない
 見ると父親が川原に居る
 川原には残った子供が二人いる

 やって見せ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ

 その中をもじって

 させてみて 誉めてやらねば 子供は覚えず

 父親は実践しているのだろう
 寒いので風邪を引かせぬか気をもんだ

 帰って母親に叱られるのではなかろうか
 父親失格と夫婦喧嘩にならないだろうか
 子供建ちのキャーキャーと言っている声が聞こえる

 平和な夕暮れ

 と

 思いきや

 一転
 秋葉原では惨事
 自動車を突っ込んで人がボーン ボーンと跳ねられる
 跳ねられた後めった突きの刺殺

 子に先立たれるなんて
 両親は絶句している

 誰でもよかったと言っているという
 政府は誰でもよかったと言う対策は打てないのだろうか

 スピード社の水着を着ると出るわ出るわ日本新
 最後には北島の世界新まで出た
 張りさんは言っていた
 時計は間違いないのだろうかと
 ????

 水着を着るのに 肉を押し込み押し込み 30分はかかるという
 詰め込んだ肉隗はどこに行くのだろう

 いろいろとニュースが流れた一日だった 

|

スタンド閉店

 ガソリン高騰
 石油の高騰で世界で暴動
 石油がないのか

 石油
 石油
 コ○モ石油スタンドに入った
 スタンドの広場には20トンローリーが地下タンクにゴムホースを入れている

 レギュラーと書いてあるところに原チャリを止めた
 黒い服を着た青年が走ってきた

 ・・・・・
 何か言っている
 ????
 5月末で店閉めていますんですが
 ????
 ここの店は5月末で閉めました
 huukoは怪訝な顔をしていたのだろう
 後ろのあのローリーはガソリンを抜き取っているんです

 なんで?
 ガソリン売れへんの?
 そうです
 ガソリン、いま高いと思うでしょう
 全然売れません
 へー

 共○のスタンドへ入る
 お姉さんが走ってきてガソリンを入れてくれた
 先のところのコ○モのスタンド閉まっているねー
 そう、売れませんのです
 それと安売りとで利益率がないのです
 石油高騰で相当儲かっていると思うのに
 いえいえ儲かるどころか
 うちもいつ閉めるかというところです

 南の方のスタンド
 第二阪和沿いのスタンド
 そこも閉まっているでしょう
 お姉さんは閉まっているスタンドを言っていた

 ここのスタンドが閉まったらえらいこっちゃー
 原チャリで相当遠いところまで行かないかへん
 開けていてくださいよ

 一昨年
 多くのガソリンスタンドの閉店があったがいままた閉店ラッシュが始まったのかもしれない

 誰が石油高騰で儲けている????

|

再び 「死の壁」

 星出さんが宇宙船で活躍しています
 星出さんが船外活動で寸分の狂いもなく誘導してドッキングを成功させました
 日本の宇宙船・きぼうが組み立てられ・・・・

 テレビからは星出さん星出さん・・・・

 どうも最近このようなことに感激することが薄れてきた

 東京がオリンピック候補で1位になりました
 ・・・・・
 経済界は景気浮揚につながると・・・・
 福田首相も喜ばしいことと・・・・
 街の声は喜びの声の反面
 これで物価が上がるのならオリンピックなど東京でやらなくても
 そんな声も聞こえてきます

 あまり感激しなくなった

 どうも
 どうも
 変である
 感激ということが感じられなくなってきた
 ・・・・・

 工房から帰ると畳の上に一冊の本が置き忘れて転がされている
 そんな感じで置いてあった
 「死の壁」・養老孟司

 何でこんな本があるの?
 ○が引っ張り出してきてそこに忘れているのやわ
 ふーん
 1歳5ヶ月でこんな本読むのか
 (笑!!!!)

 久しぶりに数ページ読んでみた

 中国は有人ロケットで飛んだ飛んだと有頂天になっている
 それを設計した人間は有能で・・・・・
 そうだろうか
 そんなに有能なら蝿や蚊を作れますか
 作れないでしょう
 蝿や蚊は目的のところに飛んで行って目的の行為をしてそれが終われば元のところに戻って行く
 人工衛星は飛ばせばいい
 地球に戻ればいい
 計算式に当てはめて物を作れば人工衛星なんて簡単に作れる
 蝿が作れますか
 蚊が作れますか
 その作れないものを蝿たたき一本で簡単に殺してしまうのです
 しゅっと!ひと吹きで殺してしまうのです

 人工衛星は分解して再組み立てすればまた元に戻ります
 蝿や蚊を殺して元に戻せますか
 人間を殺して元に戻せますか
 戻せない
 同じ蝿や蚊を作れない
 ここにおのずと生産できないものを壊してはいけないということが生まれてくるわけです

 ・・・・・
 あまり感激することがなくなった
 加齢のせいかと思っていたが
 なんとなく死の壁ということが頭の中に芽生えてきているのかもしれないと思う

 宇宙遊泳してなんになる
 宇宙戦争になるだけやんか
 冷めている

 火星に飛んでそれを調べてなんになる
 タコのような火星人が居る
 そのロマンだけでいいやないの
 冷めている

 東京オリンピック
 50年ぶりか何か知らんけど世界から集まる若人
 世界から集まるテロ集団
 そんなことどうでもいいやんか
 物価狂乱になる方が困るやんか
 冷めている

 元に戻せないことに喜びを感じようとしている新聞そしてテレビ
 どうもその拒否反応で感激しなくなっていたのだろう

 冷めた
 冷めた
 もう一度死の壁を読み返してみよう

 よちよち歩き
 うんまーうんまーしか言えない彼女が読んでみよと置きっぱなしたのかもしれない

|

 数人の連れの人たちが歩いている                                
 一緒に歩いている人の影は月明かりにくっきりと出ている
 その人の影は次第にもやがかかるように薄くなっていく
 影がだんだん薄くなっていく

 歩いているその人は自分の影が薄くなっていくのを知らない
 一緒に歩いている人も誰一人気付かない
 死神が後ろからその人を襲っている

 道端を歩いていた野良猫
 妖気を察した
 野良猫は死神とは知らずその妖気に向かって爪を立てた
 死神はその人に襲い掛かり影を薄めていたところに猫の爪が襲い掛かったので妖気をそがれた
 とたんその人の影は皆と同じく濃くなった

 ギャーッ
 猫は車に惹かれて死んだ
 その人達は可哀想にと立ち去った

 死神は二度とその人を襲わなかった

 夜中の1時半
 熟睡中
 足をどーんと踏まれた
 目を覚ました
 孫が眠気まなこでじいじの足元に来て倒れこんだのである

 部屋は蛍光灯についている豆電球の明かりである
 孫は目が覚めたのだろううろうろうろと歩き回っている
 じいじもばあばも眠いがお付き合いで動きを見守っていた

 豆電球の灯りだけでもその部屋は結構明るい

 孫はいないいないばあをはじめた
 孫はそこに人が居ると指をさす
 ウー、ウー、ウーと言っている
 じいじは????

 わっ!
 影が 影が 影がこんなに濃いのか
 その影にいないいないばーをしている
 自分の影にウー、ウー言っている

 夜中に自分の影
 部屋の中の影にウー、ウー、ウー言っている
 じいは指を丸めて犬の顔をしてやった
 犬ではなく狐を思い出した
 丸めた指を開いたり閉めたりした
 可愛い両手をその影を掴もうと伸ばしている

 月明かりでの影だとじいじも震えあがっていただろう

 影
 妖気を含んでいる

|

食料危機は取り越し苦労ではなかろう

 6月1日今日は衣替えかなどとのんびりしたことを考えながら灯油を買いに行った

 20L入れてください
 はい了解

 お客さん2,300円になってますんで
 ガソリンも200円になるか分かりません

 上がったなー
 昨日までは200円でお釣が来ていたのに

 放送ではガソリン値上げだけ言っている
 灯油はまだ上がらないものと思っていた

 計算すると1L18円も上がっている
 20Lで360円の値上げである
 360円上がると相当上がった感じがする
 冬になると灯油はもっともっと上がっているだろう
 需要期になるとテレビでは灯油が高い灯油が高いと放送するのだろう

 石油は投機筋によって上げられている
 のんびり政府は考えているようだ

 米の値段が上がったので買うことが出来ないとフィリッピンでは暴動が起きている
 アフリカでは食料高騰で暴動が起きている
 日本ではバターがないバターがない
 それ増産だ増産だと言っている
 昨日などは牛乳が品薄になりつつあるなどと言っている

 地球の温暖化でそのうち北海道のお米が一番美味しくなるだろうと言われている
 青森以南では現在の米が作りにくくなるという
 食糧危機だ

 官房長官が食料高騰のいま減反政策は止めねばといった
 加藤○○なる元官房長官は米価が下がる
 減反はまかりならぬという
 福田政権で食料安保は大丈夫だろうか

 地球が暖かくなる
 北極、南極の氷が解ける
 地球は沈み山だけが残る
 そこに人間も虎もライオンも登る
 人類滅亡
 子供の頃の漫画である

 値が上がっただけだと救いようがある
 陸が無くなる
 現実味を帯びてきている

 ここ3年ほど人間は仕事を農業に専念する
 排煙を伴う会社活動は休止する
 どう、この案は
 B氏曰く、それは人間が増えすぎてますます食料が足らなくなる
 人間が増える??
 人間休んだらすることとは一つだろう
 他にすることあるか?
 だから人間が増える

 温暖化が防げたら地球の防衛にはなる

|

レジ無人機

 ○○3兄弟という豆腐が食べたくなりスーパーにちょっと寄った

 ついでに数点買い物をしてレジに行くと長蛇の列
 おまけに買い物籠二個に満杯の主婦層
 こりゃ困った品物を戻して帰ろうかと思い後ろを振り向くと

 自分でお支払いコーナーがある
 機械に不慣れな人が多くそこには誰も並んでいない
 面白そうだと挑戦した

 機械のバーコード読み取り部に品物を通す
 レジの女性のようにうまくいかないが何とかなった
 一点○○円ですという機械の音声
 それを買い物袋に入れてくださいという音声
 次の品物をバーコードで読み取る
 同じく○○円ですという機械の音声
 買い物袋に入れる
 お金を払うところをタッチする

 お金を機械に入れるとお釣が出てくる
 硬貨から先にお入れくださいと書いてある
 後から硬貨を入れたものだから紙幣の方だけで清算された
 お釣のお皿には硬貨がザラザラザラと落ちてきた
 硬貨入れの財布はパンパンに膨れた

 お釣とレシートをおとりくださいと音声

 買い物一件終了
 あっという間である

 レジに並ぶより早い
 これに味をしめてみんなが並ぶようになるとバーコード読み取りに時間のかかる人が来ると結構渋滞するだろうと考えた

 機械はバーコードで読み取る
 買い物袋に入れた重さを量り一点一点の重さを合計する
 それとバーコードでの金額が合えばレジは終了となるそうだ
 不正は出来ないようになっているようだ

 スーパーに入る
 あれこれあれこれ品物を選ぶ
 無言
 レジに向かう
 機械で支払いを済ます
 無言
 家に帰る
 独居老人なので家族とも話すことがない
 無言

 数年後
 自分の亡き後
 残された人は無言の生活が出来るだろう

|

スーパー銭湯

 給湯器が故障して風呂に入れなかった

 昔は一週間に一回銭湯に行くくらいだったように記憶している
 夏だと盥にお湯をはり水でぬるめて行水だった

 いまは毎日風呂に入らなければ気持ちが悪くなる
 なんと贅沢なと思うがその清潔好きが日本人から皮膚病の減少をもたらしているかもしれない

 夕べも早く寝てしまったし
 朝風呂に行こうと家内が言う
 タクシーを呼んでいまはやりのスーパー銭湯へ出かけた

 銭湯
 富士山のタイル絵
 ぶくぶくと泡を出す浴場
 着替え場はススキの遮那を敷いている
 そんな感じであった

 スーパー銭湯は自宅から3km以内に2軒有る
 天然温泉である
 土曜日は8時から開いている大正の湯に入ることにした

 入湯料 600円
 モダンな建物
 着物姿の受付嬢
 大広間には食事が出来るような椅子席と畳席
 200人は入れるかと思うほどの広さ
 建物は直径1mは超えるかと思える柱の木組み

 清潔感最高

 風呂に入る
 上がり湯
 泡風呂4箇所
 薬湯
 サウナ(50人はゆったり入れる広さ)
 露天風呂
 そこには竹を植え込み緑緑

 綺麗な浴槽
 清潔感最高

 最初に思っていた銭湯のイメージと全然違う
 道後温泉より気持ちええわい
 近場でこんな温泉があるのかと感心

 朝、8時過ぎと言うのに老人10人、子供を連れた若いお父さん
 職人風の服を脱いでいる若者数人
 いろいろな年齢層が入りに来ている

 タクシー代1,200円
 工房の近くである
 お父さん一週間に一回くらいリラックスで工房の帰りに入って帰ったら
 リコメンドである
 そうやなー
 面白いなー

 おはらしょうすけさん
 なんでしんしょうつぶした
 あさねあさざけ

 風呂を出て一杯のアルコールは朝の腹に旅気分を呼び起こさせた

 最高最高

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »