« 帯留め | トップページ | 回る寿司 »

 夕方シャワーを浴びていた

 なぜ?
 従姉妹の顔が浮かんだ
 叔母さんは痴呆で入院している
 おい、元気かいと従姉妹に叔母さんのことを訊ねた
 夢か現か
 シャワーを浴びているのだから現夢か
 などと思ったのも瞬間だろう

 忘れて風呂場を出た

 数分後
 何年も連絡を取っていなかったその従姉妹から電話があった
 叔母のことであった
 ・・・・
 ・・・・

 いろいろ話した後
 シャワーを浴びているとき叔母ちゃんのことを瞬時思ったり
 と話した

 死期が近づくと霊がいろいろなところに現れる

 親父が死んだときにはその前夜
 四国から遠く離れた横浜の孫の所に現れた
 孫が二階に誰かいる誰かいる
 二階に上がるのは恐ろしいと言い出した
 じいちゃんが立っていた
 じいちゃんはもう直ぐ死ぬるとは言わなかったようだ
 翌日孫の所にじいちゃんが死んだと連絡が入った

 電話した従姉妹も自分の父親が死ぬる前夜
 四国から遠く離れた大阪・高見の里に現れた
 父ちゃんなんで来たの
 玄関に立ったままであった
 はよう入りーな
 現は忽然と消えた

 何年も会っていない従姉妹
 何年も会っていない叔母
 シャワー室の現が何を意味しているのだろう
 
 一晩明けた
 何の通知もない
 元気なのだろう

 新暦ではお盆あけではないのだろうか

|

« 帯留め | トップページ | 回る寿司 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事