« 傍観者 | トップページ | 眠れぬままに »

超短命内閣

 麻生内閣
 2・3世弊害内閣
 コンクリ内閣
 超短命内閣

 多分こうなるだろう
 新しく内閣が発足したが余りにも2・3世が閣僚として席を占めすぎる
 新しい自民党
 新しい日本
 と
 謳うが2・3世議員だけではどうにも考えの新しい発想が出てこないだろう

 コンクリの塀に囲まれた麻生邸
 行けども行けども角がない
 角が見つかれば次の角が見えない
 中ではゴルフが出来る
 ライフルが出来る
 世界の富豪とは話が出来るだろうが路地裏の人々とは話が難しかろう

 総理はじめ2・3世の金持ち大臣では路地裏の人々と話の出来る人は居ないのでは

 小渕2世
 子供を生んだから大臣になったそうだ
 議員になって10年
 何をしてきたのか
 バッチを付けていただけの議員だったと同僚が言っている
 その人が大臣とはいかんともせん内閣と酷評している

 庶民感覚とずれている内閣
 中山拉致担当大臣を再任せず
 夫の中山大臣を入閣させたことである
 内閣は拉致という名目に立ち向かっている
 再任して北に拉致は重要だと暗黙の指摘をするべきなのだが

 コンクリに固められた塀の中からは拉致という辛さも分からないのだろう

 えっ、と思ったのが総務大臣
 なんでこうも度々大臣に任用されるのだろう
 家柄で選んでいるとしか思えない
 体はしっかりしているが口が滑りすぎる
 金がありすぎる

 お金持ち内閣
 庶民と離れていってしまった内閣
 兵糧は有るから戦いは出来るだろうが勝てるかなー
 面白い勝負になるだろう

|

« 傍観者 | トップページ | 眠れぬままに »

政治」カテゴリの記事