« 一つの命だから | トップページ | ICOCA »

一つの命だから その2

 NHKラジオ
 休日特集 一つのいのちだから の昼からは投稿によるいのちについて考えるであった

一つのいのちだから
怒らない娘

 小学3年生
 近所の子供達はみんな仲良しでうちの子供にも友達になり遊んでくれていた

 公園で娘を遊ばせていた
 そこにいつも一緒に遊んでくれている子がやって来た

 「もう、ママにあなたと遊んではいけない。あなたとあそぶとアホがうつるからと言われたの。さようなら」
 それを聞いた娘は
 「さようなら、またね」と言った

 傍で聞いていた私は泣きました
 それから娘を連れて自殺しよう、自殺しようと悩みました

 半年が経ちました
 父兄参観日に行きました
 作文の時間でした
 娘が書いた作文が読まれました

 ・・・・
 友達がもうあなたと遊んではいけないとママに言われたと言われました
 それを聞いた私のママは可哀想です
 こんな私のことでママが泣くなんてママが可哀想です
 ・・・・・・

 この作文を聞いて私は分かりました

 娘は怒りという言葉をどっかに置いてきただけなのだ
 怒りという言葉を知らないだけなのだ

 それからは娘をどんどん外に連れて行くようになりました
 皆に娘を紹介するようになりました
 娘は明るく生き生きとしてきました

 そんな娘も20歳になりました
 パン屋さんで働いています

 見方で人生が変わるということをしりました

 一つのいのちだから

一つのいのちだから
自殺から逃れて

 電車の線路に母親と一緒に座っていました
 どっかのおじさんが来て私達を線路から押し出しました

 ある時はがけの上に居ました
 ある時は海の傍にいました
 ある時は・・・・・

 死のう死のうとしていたのです

 あるとき父親が我々の前から居なくなりました
 母親はそれで目が覚めたのです
 父親が居なくなってから母親は子供を食べさせるために働きました

 働きに働いて56歳まで生き延びました

 私はいま母親の年齢を超えました

 たった一つのいのちだから

一つのいのちだから
娘よごめん

 可愛い娘
 よちよち歩き可愛い可愛い
 大きくなっていきました

 ピアノの発表会
 爺さん婆さんも一緒に見に行きました
 こんなに上手になっているのかと皆で驚き拍手しました

 その晩
 あなたはしんどいと言って眠りました
 それから熱が出ました
 40℃を超えました

 徳島大学で見てもらうと劇症肝炎とのことでした
 それから辛い辛い闘病生活に入りました
 小学生という小さな体に闘病生活はつらかったでしょう
 検査の結果
 生体肝移植しか救う方法が無いと分かりました
 京大病院で母親の肝臓から生体肝移植を受けました

 病院生活で余り勉強もする時間はありませんでしたが成績も良く
 素直ないい子でした

 闘病生活は痛い注射や検査の痛さに泣き叫ぶときもありました
 辛かったでしょう
 痛かったでしょう

 そんな辛い闘病生活のとき母親が家を出て行きました
 娘は自分が育てることにしました

 徳島大での入院は母親が居なくなり誰も付き添ってやれなくなりました
 見舞いの後病院を出るとき可哀想で辛かったです
 それ以上に娘は一人の入院で寂しかったことだろう

 肝移植を受けると一生免疫抑制剤を使わなければなりませんでした
 免疫抑制剤を使うといろいろな病を併発しそれとの闘いも始まりました
 京大病院に再び入院しました
 母親が居ないので父親がが仕事を休んで付き添うことにしました

 とうとう力尽きたのかけだるそうにしていました
 ママに会いたいかと聞きました
 会いたいといいました
 ママに電話しようかと思いました
 が、どうしてもママを許すことが出来なくて電話をしませんでした

 売店に行きたいというので連れて行きました
 リンゴや果物
 お菓子を取り病室に帰りました
 ベッドの上でそれを手に取りました
 口にすることは出来ませんでした

 母親に会いたいというのに会わせてやれませんでした
 後悔しています

 ごめんよ
 たった一つのいのちだから

一つのいのちだから
もっと生かして

 6歳と4歳の子供を授かっています
 旦那はあるとき家から出て行きました
 私は働いて子供を育てていきます

 検査しました
 ガンが見つかりました
 余命いくばくもないと言われました
 私がガン

 この幼い子供を置いて行くことは出来ません
 この可愛らしい子供二人を置いていくわけにはいきません

 生きたい
 生きたい

 たった一つのいのちだから

いのち

 生きているものは死ぬる
 自分は死ぬると分かっていても死ぬるという気持ちにはならない
 自分の死は分からない

 自ら死を選んではいけない
 悲しむ人がいるから

|

« 一つの命だから | トップページ | ICOCA »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一つの命だから | トップページ | ICOCA »