« テレビ番組・地の果ての日本人を訪ねて | トップページ | 腹が出ちゃった »

幸運は自分で開けれる

 幸運は自分で開ける
 幸運はどのようにして開く

 何気なく見ていた4チャンネル
 脳科学者が出てきて面白ことを言っていた

 幸運を招くには

 負けない=勝つ
 失敗しない=成功する

 負けないと勝つは同じことを言っている
 失敗しないと成功するは同じことを言っている

 同じことを言っているのだが
 負けないは負けることを意識している
 もしかして勝つのだが負けるかもしれない
 負のイメージが付きまとい勝つという幸運の気持ちがなくなる
 勝つと意識する
 負けると言う意識はないので勝てるし
 やる気が出てきて運が開ける

 失敗しないという気持ちは
 失敗するかもしれない意識を持っている
 幸運はやってくると言う気持ちがなくなる
 成功するという意識は負けると言う意識がないので運が開けてくる

 バッターボックスに立って
 打てないかもしれないと立つのではなく
 打つのだという意識で立つ
 打てるのである

 以前これを話したら皆に受けた
 皆は一人でも二人でもいい
 受けたという意識を頭に描いて話をする 
 運が開けてくる

 以前、この料理を作ったら家族が喜んでくれた
 それが料理の秘訣で有る
 これをすると喜んでくれる
 それを意識して行う
 喜んでくれると言う意識で運が開けてくる
 もしかして喜んでくれるのだが喜んでくれないかもしれない
 負の意識は捨てることで運が開ける

 いま脳科学者が言っているのはゲンを担ぐと俗にいっていることではないかと思った

 明るい人
 明快な人
 話していて楽しい人

 その人は明るい前向きな話し言葉で話している
 否定を含んだ言葉が出てこない
 前に前に向いた話言葉である
 運を開く感じを受ける

 明るい
 明快
 楽しい

 新しいデザイン
 人が喜んでくれる
 楽しんでくれる
 楽になる
 ここから運が開ける

|

« テレビ番組・地の果ての日本人を訪ねて | トップページ | 腹が出ちゃった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事