« 失敗談を思い出した | トップページ | アカデミー賞・女性作家作品 »

何を作ろう・精神○○クリニック

 第12回とんぼ玉展の案内をトップに載せた

 さて、今年は何を展示作品にしようと考えるも新作が思いつかない
 色彩
 構図
 全然・・・・・
 去年までは悩むのは悩むが2月初旬にはなんとか構図が頭に浮かんでいたのだが
 ????
 α波が浮かんでくる時間帯なのに全然沈んでいく

 昨夜NHKでうつ病の治療が変わるという放送をしていた
 気分が落ち込む
 死にたい気分になる
 何をしようと思わない
 ・・・

 ○○クリニックがおおはやり
 机一つあれば開業できる
 精神医療に携わっていなくとも
 精神医療の学問を受けていなくても
 医者という名前だけで心のクリニックが開業できる
 ビルの○階に開業できる

 気分が優れない
 診察を受ける
 最初の診察で3種類以上の薬を出す医者は金儲けだけの医者だそうだ
 患者の側にたった診療は行わない医者だとNHKはいう

 いま、日本の精神科クリニックは勤務医が金儲けのために机ひとつで開業し
 薬をどんどん出し患者をますます窮地に追い込んでいるのが実態だとリポートしている

 出された薬を飲んで悪くなる
 悪いというと自分の診察を間違っていると勘違いして怒る医者
 一人の人が5軒のクリニックにかかった
 同じ症状ながら5軒とも薬が違った
 厚生省はこれはおかしいと言えないという
 処方に間違いないが性善説であり異はとなえられないという

 勤務医のときは外科、そのあと脳外科を担当していた
 その人が精神科クリニックを開業した
 薬をどんどん出す
 当たるも八卦商売だという

 うつと診断され薬を沢山沢山飲んでいる人がいる
 副作用でパンパンに肥えてきている
 本人もこれは薬を飲み始めてから肥えたのだという
 最近本人は薬をやめると怖いのだが自分で漢方薬に切り替え飲む薬を減らしているという
 調子がいいのだという

 以前その人が診察を受けた後電話してきたことが有る
 ・・・・あなたの病気は治らないのだから・・・・
 言うとおりしないといけませんと言われたと

 それはおかしな医者だなー
 代わった方がいいよと言ったことが有る

 薬の説明をしっかりしない医者
 一回の処方で3種類以上の薬を出す医者
 話を聞いてくれない医者
 淘汰されるだろうと放送されていた

 精神医療に関する学問をしっかり修めた専門医制度を確立するように動き出しているという
 うつ病
 心の病
 ・・・・
 治療で悪くされる人が減るだろうと放送していた

 とはいうもののとんぼ玉作品に悩む

|

« 失敗談を思い出した | トップページ | アカデミー賞・女性作家作品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事