« 新聞を読んで | トップページ | WBCに思う »

WBCとWTC

 WBCの試合は面白かった
 ぐんぐん引き込まれていった

 ジャパンジャパンジャパン

 松阪がホームランで先制をお見舞いされたが直ぐに取り返した
 取り返した途端また取り返された

 そのあと侍は相手投手のスキに付けこんで頑張った
 点を取るか取られるか
 判定がすっきりしている
 だめなものは点が取れなかったのだからだめ
 点を取られたのだからだめ

 WTC
 政治は変えなければ進まなければ
 唐突に大阪府と大阪市がWTCの話をまとめた
 府庁をWTCへ持っていこう
 そこから大阪を発展させるのだ

 いまの府庁は耐震不足でWTCへ行くのと同じ金がかかる
 いまの府庁のままでは大阪が変らない

 面白い話である
 湾岸に府庁を持っていく
 大阪は変る
 大阪は東京に負けないくらい発展するだろうと感じた

 公明党が拙速だ
 我々に話をする前にWATC移転を発表した
 公明党に面子を立てなかったと反対理由を説明している
 うーん
 反対理由が拙速である
 反対の後に何が残る
 反対の反対しか残らない

 共産党は何でも反対だから置いて置いて
 あと反対する人たちは公明党の同じ理由のようだ

 わしの顔を潰した
 WTC移転の話を我々に最初に話していたら通っていた話だという
 老人顔をしたあの党の顔を見ていて情けなやと感じた
 あれで府議か
 誰が選んだかと感じた

 WTC移転の決議投票のとき記名とするか無記名とするか
 議員達は記名にすると反対したのが分かり困ると無記名にした
 投票は記名として白黒をはっきり言わないのも不可解である

 自分の信念を持つ
 自分が言ったことには責任を持つ
 そう言って府議に当選したと思うのだが
 知事に反対したというのが困る
 これも府民への裏切りである
 
 大阪の発展は二の次である

 WTC
 大阪の経済発展
 文化の発展
 大阪の日本を世界をリードする力は当分お預けだろう

 大阪の府議はもう少し府民のための政治をすると思っていた
 大阪を日本の中心にするのだと思っていた
 いま、ベイエリアは投資投資で活気付いている
 府議はそれを後押しするでなく
 顔を立てなかった
 それだけでWTC移転をぼつにしてしまった

 WBCを見てWTCを忘れよう

|

« 新聞を読んで | トップページ | WBCに思う »

政治」カテゴリの記事