« 雑感 | トップページ | 竜神温泉紀行・その2 »

竜神温泉紀行・その一

天候

 旅をする時は誰でも晴れが欲しい
 土曜から火曜まで晴天が続いた
 晴れ男と晴れ女であった

竜神温泉

 紀伊山脈の中央当たりに有る
 源泉は43度という
 アルカリ泉で入ると体がすべすべする
 美人の湯と言っていいと思った

自然観察

 旅館のロビーに朝早く1時間歩きませんか?
 案内人がご案内いたしますと書かれていた
 7時にロビーに行くと7人ほどが参加していた

 1000歩ほど歩いてください自然が満喫できますと案内人

 旅館を出るとまず杉林の説明
 100年経った杉林と30年経った杉林の違いを説明される
 なるほどなるほど
 百聞は一見にしかず

 杉林の山の頂上が鋸の歯のようになっているのが30年杉
 100年杉の山の頂上は尖っていない

獣道

 旅館から100mほど離れた林道に入る

 これこれこれ、分かりますかこの爪のあと
 これが鹿の歩いた跡です
 ????どうみても分からない他の人はなるほどなるほどとうなずいている
 ????目が悪いのか見えない
 頭を下向けているので血が上ったか
 足型を乗せて呉れるが爪あとが分からない
 これですこれです
 ようやっとうっすらとつめ跡らしきものかと理解する
 そしてこの道 ここにこういう風に爪あとがあるでしょうこれが獣道です

 車が走る県道から数m
 こんなところに鹿がイノシシが走る道があるのかと感心する

 鹿を獲るわなを仕掛ける小枝もある

 杉の木の皮がはげているそのところにうっすらと泥がついている
 イノシシが擦りつけたのだと説明される
 ほーっ
 ほーっ
 へーっ

 いままはただ単に歩いているだけだが見れば知ればいろいろな自然の世界が有ることが分かった

 これとUさんがしゃれこうべを見つける
 あっ!見つけられましたか
 これは先日猿が我々を威嚇していました
 威嚇だけで逃げませんでした
 怪我をして逃げれなかったのです
 それが死にました
 怪我をすると自然の動物は死にます

 死んだ猿はこのようにしゃれこうべになります
 このしゃれこうべは少しづつ動いています
 なぜ動くのでしょうか
 そうです他の動物が食べているのです
 狸でしょうかイタチでしょうか食べるのです

 ここに背骨が有るでしょう
 50cmほどの白骨化した背骨が草むらに隠れている
 これも狸やイタチや小さな動物達に食べられています
 是で3日目です
 2日で臭いが消えます

 弱肉強食
 死んでも他のものの餌になる

 狸の糞の場所も教えてくれた
 
 案内人が付いて山をはじめて歩いた
 1時間であるが短かった
 博物学者になった感じがした

|

« 雑感 | トップページ | 竜神温泉紀行・その2 »

旅行」カテゴリの記事