« 回転寿司 | トップページ | 儲け話だけが走り回る »

たった一つの命だから

 たった一つの命だから

 木曜日に放送されている

 6歳で目が見えなくなった
 9歳で父が死んだ

 自分は生きて何をするのだろう
 川の土手で一人考えていた

 死のう
 死ねば楽になる
 いざ川に飛び込もうとしたとき
 母親に抱きかかえられた

 母は子供5人を父親に代わって育てていた
 その母親が言った
 あなた達子供がおるのでお母さんは生きていけるのよ・・・
 子供がいなかったら生きていけるものですか

 お母さんもいくら死のうかと思ったよ
 でも、子供のことを考えると生きて来られた・・・

 盲学校に行き
 そうして私は大きくなり鍼灸士の資格も取り
 結婚もし
 子供も出来た
 子供に手を引っ張られてカラオケにも行った

 カラオケが好きでした
 CDも出し歌手活動を行なっています

 ・・・・・・

 盲目の歌手・・・・・さんの手記が放送された

 60近い方かと想像した
 名前も言われていたが忘れてしまった

 生きる
 突然難病に冒され目が見えなくなる
 苦しいだろうと想像できる

 その方は学校とか地域活動で歌っているとアナウンサーは言っていた

 たった一つの命
 あそこで川に飛び込んでいたら
 いまはなかった

|

« 回転寿司 | トップページ | 儲け話だけが走り回る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事