« 歳をとったなー | トップページ | まあ、なんという日だったのだろう »

冷めた関係に見えた

 孫が眠っているところに滑り込んできた
 こちらも寝入りばなだったのでそのまま眠り込んだ

 うん?
 うん?
 熱いなー  
 熱がでている
 孫の足が自分の背中に当たっている
 8度くらいかなー熱い
 新型インフル
 もしそうならどうしよう
 夜中の12時である
 ・・・・・

 先日NHK朝のニュースで新型インフルを家族内で感染させないためにという放送をしていた
 二家族の例として放送していた

 男子中学生二人を持つお母さん
 一人の子が新型インフルにかかった
 その子供は自室から出てはいけない
 お母さんがその子の部屋に食事を持っていったり
 その子の部屋への出入りに手を消毒したり
 その子にはマスクを掛けさせ自分もマスクを掛けて子供と接触していた

 それで家族内の感染は防止出来たと放送していた

 もう一家族のお母さんも似たり寄ったりのことをして家族内の感染を予防したと放送していた

 そこいまでするかと覚めた目で見た

 眠っている孫を見ていると熱にうかされたり異常は全然ない
 寝顔は食べてしまいたいくらい柔らかい
 可愛い
 これが新型インフルと診断されたら
 家族内感染予防のために
 部屋に閉じ込める? めっそうもない移ってもいいじゃないか移るものは仕方ないと考えるだろう
 こちらが移ったら困るとマスクをする? そんなー、可愛そうに早く良くなって
 じいじが風邪を貰って同じようになるわと考える
 添い寝をする? 当然する
 体を引っ付けて熱をこちらが吸い取ってやる
 孫は嫌がるかもしれない

 NHKで家族感染を防ぐためにと言う放送であった
 それに合わせて家族内でマスクをし合う
 家族間の接触を防ぐ
 母子といえどもマスクでの応対
 汚い者を扱うように手洗いをする
 うーん
 あの放送を見たとき何か違和感があった

 いままでの日本の家庭は
 母は子の病を一心に背負い
 自分が身代わりになりたい
 一緒に添い寝(中学生だからそれは無理だろうが)して気で病を治す気配りがあった

 高熱でフーフー言っている子供にマスクで対応する
 部屋から出てはいけない
 隔離する
 家族での感染防止を優先する母子の絆の無さ
 やはり母子の絆が薄れてきているのであろう
 それを助長した放送であったような気がする

 孫の発熱で放送での違和感の原因が分かった 

|

« 歳をとったなー | トップページ | まあ、なんという日だったのだろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事