« 総裁選 | トップページ | 欲望 »

あー勘違い・・思い出した

 勘違い
 思い違い
 間違ってた

 いろいろとその人その人によって子供の頃の環境によって取り方が思い方が違っているだろう

 NHKラジオで残しておきたい伝えたい歌 残したい歌 休日特集をやっていた

 村上信夫アナ
 神崎優子歌手
 アメリカ人で日本の童謡を英語に直した歌手

 3人が生出演であった

あーおもしろい 勘違い

 あれまつむしがないている
 ・・・・・
 あーおもしろいむしのこえ

 子供の頃のラジオといえば浪花節である
 浪花節にはお涙ちょうだいである
 そのなかでも記憶にあるのが
 馬喰が馬を買った家から出て行く
 あおという馬である
 あおよ 元気でなーと子供が泣く

 あーおもしろい
 あおという馬が白い馬とは変だなーと思いつついつも聞いていた
 ハミングしていた

 あー面白い 虫の声

天然の美

 
空にさえずる鳥の声
 峯(みね)より落つる滝(たき)の音、
 大波小波とうとうと
 ・・・・・

 つるちゃんという女の子が近所にいた

 ・・・・
 みねよりおつるたきのおと
 
 つるちゃんがなんでみねから落ちて滝の音になるのか
 ????
 子供ながら変な勘違いをしていたものである

勘違いの宝庫

 夕焼小焼の、赤とんぼ
 負われて見たのは、いつの日か

 負われ・・・
 おんぶされて 勘違いしていた

 山の畑の、桑(くわ)の実を
 小籠(こかご)に摘んだは、まぼろしか

 こかご=小さい籠
 こかご=ちいさなかに と勘違いしていた


 十五で姐(ねえ)やは、嫁に行き
 お里のたよりも、絶えはてた

 いまだに分からないのが
 お里の便りも絶え果てたはねえやからの便りか
 実家からねえやへの便りか・・・

 夕焼小焼の、赤とんぼ
 とまっているよ、竿(さお)の先
 
 竿のさきは釣竿と思っていたが漢字で見ると物干し竿のことだろう

日本人と欧米人の頭の差

 アメリカ人が 赤とんぼを訳すと ア レッドドラゴンフライ だそうだ
 これでは日本の赤とんぼの訳は情緒がない

 悩みに悩んだ
 赤とんぼの風情を出すにはどうすればいいのか

 九州阿蘇
 そこに真っ赤な夕日の中に赤とんぼの群れが
 わーーーっ と飛び交っていた
 それで赤とんぼが訳せたという

 フランス人で日本の大学でフランス文学を教えている教授が
 赤とんぼをフランス後に訳した

 一番困ったのは
 赤とんぼが複数化単数かであるという
 欧米人は必ず単数か複数化をきっちりと使い分ける
 日本語にはそれがない
 それが情緒になっているのだろう

 負われて見たのは・・・
 このときの赤とんぼは複数

 とまっているいるよ竿の先
 この赤とんぼは単数

 日本人は単数、複数を感情で分ける
 外人は A と S で分ける

|

« 総裁選 | トップページ | 欲望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事