« 23%のデフレ | トップページ | 旧暦と暖かさ »

幕が下りていく

 与謝野さんの鳩山追及は面白かった
 人は人が公でいじめられるのは聞いていて楽しい
 楽しいのだがのらりくらりと逃げるので糠に腕押しの感じがして後味が悪い

 鳩山さん
 あなたはお金をドンドン持ってくる
 あなたがお金をドンドン持ってくるものだから収支報告書をどうするか
 秘書が困ってしまった
 そこで故人献金が始まったのです
 秘書が罪を被ったわけです

 ・・・・・・

 私はまったく知らないことでして
 ・・・・・

 弟の邦夫さんにお母さんの事を聞きました
 国会で言ってもいいかと聞きましたら
 国会で言ってもいいと言われましたのであなたにお聞きいたします

 ・・・・・
 お母様と邦夫さんが話をしていました
 お母様は
 由紀夫さんは子分にお金が要ってしょうがないと言ってお金を沢山持って行きますよ
 邦夫さんあなたお金要らないの?     
 子分は居ないの?
 と言われたといいます
 そのとき寂しくなったといいます
 あなたはお母様にお金が欲しいと言ったのでしょう

 ・・・・・・・
 首相は答弁に立った
 ・・・・・・
 いくら兄弟といえども・・・・・
 言葉が詰まった
 ・・・・・・

 面白い
 答弁席をひっくり返せ
 前代未聞の幕を開けろ
 切れろ
 切れろ
 ・・・・・・

 失礼しました
 委員会の雰囲気が瞬間凍った・・・

 それで終わりかよー
 おもっしょなー

 夕方のニュース
 翌朝の新聞
 いろいろとニュースが流れている

 首相自身は知らないという
 まったく知らないことですという

 秘書が子分が云々と言って金を持って行ったのだろう
 ・・・・・
 秘書がやっていたのは誰もが間違いないと思っているだろう

 まったく知らないことでした
 検察が私には疚しいことはありませんと保証してくれたではありませんか
 この二言で答弁を押し通している
 邦夫さんが出てきた

 邦夫さんは 兄が母に金をくれというたかどうかは知りませんと言う

 金は母親から子供手当てとして流れた事実は間違いない

 その事実の裏がこんがらがってきている

 こんがらがすことによって
 時間稼ぎをすることによって
 引き延ばすことによって
 幕が下りてくる
 ちょーん
 ちょーん
 ちょーん

 与謝野さんは付け加えた
 北海道の後援会の不適正支出を捜査して欲しいと財務大臣に言った
 菅さんは個人の問題なので応じられない
 いや、個人ではない
 いや個人です
 温厚な与謝野さん
 大臣であった与謝野さん
 あなたがそのようなことを言うとは
 そうではない 後援会の脱税の捜査をしろと財務大臣が言うべきなんですよ
 いえいえ個人の問題です
 イラカンならぬ
 ニゲカンになってしまった
 個人
 個人
 これもちょーん
 ちょーん
 幕が下りていく

|

« 23%のデフレ | トップページ | 旧暦と暖かさ »

政治」カテゴリの記事