« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

タバコ高値時代到来

 禁煙してから30年近くになる

 喉にポリープが出来て声が出しにくい
 診てもらうと声帯の間にポリープがあり声を出しにくくしている
 年齢も40だしガンの疑いも無きにしも非ず
 手術した方がよいでしょうとの診たて

 手術した
 入院中はタバコは1日1本程度になった
 3日ほど入院して退院
 それからタバコは1日1~2本にした
 3日
 1週間
 1ヶ月
 ・・・・・

 タバコを吸ってしまった
 残念
 禁煙が切れた
 残念という夢をしょっちゅう見た

 そのときはキャビンが180円だったと思う

 それが400円になるという
 一本頂戴や
 はいどうぞ
 うーん、うまい

 400円になると1本20円である
 一本頂戴やはまだ言えそうだが
 20円呉れまいかとはいえない

 タバコが切れた
 買いに行くのは面倒
 灰皿から短くなったタバコを拾って楊枝にさして喫んだ
 古き若い時代が思い出された

|

あみだくじ・あみだ被り

 あみだくじ
 先日久しぶりにあみだくじなる物を作った

 網の目に書いて作るくじである
 その由来からあみだくじと思っていた

 昨日のラジオを聞いていると

 あみだくじは室町時代から行なわれていたくじ引きで
 昔は中央から放射状に線が延びていたくじだという

 その由来は阿弥陀如来の後光が放射状になっている
 この阿弥陀如来の後光に似ているのであみだくじといわれるという

 では、あみだに帽子を被るという被り方はどんなでしょうとアナウンサーは言っている

 横っちょに被る
 目深に被る
 ・・・・・

 おでこを出して帽子を後ろの方に乗せた感じの被り方で阿弥陀如来の光背(阿弥陀様の後ろにある物)に似ているのであみだ被りというようになったという

 石原裕次郎が映画で帽子を後ろに被っていた
 これが阿弥陀被りである

 あみだくじは生きている
 帽子をあみだに被るは死語になりつつあるように思う

 鳩山さんが沖縄から基地を排除したい
 その一言からあみだくじ状になった基地移転問題

 あみだくじのどっかに○印がついているのだろうか

 やーめたっ
 くじそのものがバラバラに?????

 くじを作るのは簡単であるがその当たりくじの重みが問題である

|

ダメねー

 もう選挙が始まっているよとやって来たHさんに言った
 参院選と聞いてきた
 そうそう

 M党以外だったらどこでもいいわ
 いま、政治をしていないじゃない
 ダメだわ
 ご婦人を敵に回したM党と思った

 16時
 鳩山さんは不起訴になったねー
 うん、さっきニュースで言っていたわ
 ダメねーとRちゃんは言った
 鳩山さんはここでも奥さん方に見放されたと思った

 ファストレディー外交
 手をつないでの夕食に出かける
 ファッションショーに出かける
 ・・・・・・
 ちゃらちゃらしたと受け取られかねない手をつないでの政権応援
 ご婦人方に受け入れられないのでは
 ・・・・・・

 参院選はM党は過半数は無理と新聞報道
 今日聞いた二人の婦人はM党を離れていると思った
 新聞の予想通りになるかもしれない

|

日本を売るは言い過ぎか?

 ○Tさんの紹介で来ましたと初めて工房へ来られたご婦人4人

 いろいろ玉を見て最後に
 お願いがあるのですが!
 なんですか
 この人なんですがと全紙大のポスターを出して来た

 お読みいただいて応援お願いいたしたいのですが
 いえーーー
 ちょっと躊躇した

 さらに応援をとだんだん話を進めようとしてくる
 何を言われるかますます躊躇する

 今までの選挙
 はいはいと適当に返事をしていた
 今回もはいはいと済まそうと考えたが初めての人が相当遠方から来ている
 はいはいで済ますと頭にのってこないかと不安心理が働いた
 こういう団体には政党には一度はっきりさせとかねばと思ったりした

 断っておこう

 いえ、政治はどうもとやんわりと答える
 どこか応援しているところがありますか
 いえ、政治はやりません
 ますます応援依頼に入ってこようとする

 どうすればいいかと頭が働く

 今、外国人参政権問題が現実化しそうになってきていることが頭に浮かんだ

 外国人の参政権を推進するのは日本の孤島を外国に売るようなものです
 それを推進する方にはどうもちょっと・・・・・・

 それはどうのこうのと政治問題化しそうな話に進めようとする
 いえ、国を滅ぼすような方には党にはどうもと断った

 1時間半工房に居て
 また来ますと言いながら帰っていった
 参った参った

 選挙が近づくと
 誰それの知り合いとか
 誰それの紹介でとやってくる政党応援団
 困った者である
 困った政党である

 断る方法はないものかとこれから思案が始まる時期である

|

麦飯は脚気を防ぐ

 時代小説 佐伯泰英
 正義感を前面に
 強い者は強く
 弱い人を助け
 ・・・・・・

 日本人好みの小説である
 文庫本1冊を1日で読みきってしまうくらいの面白さである

 ・・・・・・
 ほうめずらしいな麦飯だ・・・・・

 江戸の後期に麦飯がめずらしいと小説に書かれている

 戦後に育ったhuuko
 麦飯で育った
 戦後は麦飯もなくうどん飯
 かぼちゃ飯
 麦半々から麦7・米3と言うときもあったような気がする

 江戸時代に麦飯がめずらしいとな
 ほんとうかい

 麦飯 歴史 で検索

 江戸時代の江戸中心部は焚き木も金で買わねばならなかった
 麦飯にすると焚き木代が嵩んでいた
 米の召しにすると炊き上がりが早い
 美味しいので米主食なった
 その結果 脚気が大流行したという

 小学生の頃
 脚気を防ぐためにビタミンを摂ろうといわれたのを思い出した

 一瞬時代小説を疑ったが作家さんも時代考証しているのだと感心した

 1Q84がいまをときめいている
 それにも目をくれず佐伯泰英を当分読み続けるこのごろである

|

何をしようとしている政界

・ パトカーの運転は非常にやりやすかった

 警官を辞して普通の運転手になった
 怖ろしくて運転するのが怖かった

 パトカーだと逃げていた車
 普通の車で警官という後ろ盾がなくなったとき怖くて怖くて
 すり寄ってくる車にどぎまぎした

 相当古い話だが元警官が言っていた

・ 野党時代は突っ込む
 突っ込むことによって自分を昂揚させその言葉に酔いしれた
 突込みがいいと党のみんながちやほやした

 長になった
 その突込みが自分に跳ね返ってきた

 跳ね返りは凄い
 あなたはぶれる
 あなた二枚舌だ
 あなたが言っていることとする事は・・・・・

 反論する
 大臣に任せています
 国会の審議があればお答えいたします
 しかるべきときにしかるべき処置を行ないます

 もう直ぐ破滅になるのだろう
 最近の言動はいささか子供じみている

・ 舛添新党は遅いのでは
 遅かろうと行動を起こさねばというときもあるのだろう

 党の顔
 得票が高い
 次の首相の顔は一番

 先の警官と同じく後ろ盾バックボーンがあっての顔ではないのだろうか

 みんなの党のように血気盛んが売りで票を伸ばそうとしている
 それと同じようにうまい事いくのだろうか

・ 内閣バラバラ
 普天間ガチャガチャ
 外交グチャグチャ
 高速ガタガタ
 先に言ったもの勝ちの政界

 無駄の削除と独歩裁判

 蓮坊なる御仁が浮き上がってきている

 公衆の面前での裁判

 政府
 この裁判は国民の前でやることによって国民から支持されているというバックボーンで生意気発言

 被疑者足らんと少しだけ反論する
 被疑者

 この独歩廃止

 廃止されてもどっかでどっこい息を吹き返している

 いたちごっこ

 こんだけ廃止しました
 こんだけ縮減しました

 結果だけが一人歩き

 時間が経てば元の木阿弥

・ 政界
 右往左往するだけに生き甲斐を見つけているように思える

 スッキリしたガラスのとんぼ玉の輝きが欲しい

 そんな首相はどっかにいるはずだが????

|

身体

 バレリーナ・女優
 草刈民代
 全然存在を知らなかった

 スポーツ新聞を見ていたところ

 Photo

 (スポーツ紙から抜粋)

 見事な身体と感心していた

 いやらしとNさん、Hさん二人が言った
 裸にならんでもタイツのままの方が綺麗なのに

 いやー
 芸術やでとhuuko

 バレリーナ生活35年
 44歳
 その身体で表現しておきたいと自ら望んだ一枚
 写真集を21日出版したそうだ

 発売前に通販で完売していたそうだ

 身体の線がいいだけではこれほどの表現は出来ないだろう
 写真家の腕もあいまって美しく表現できる 

|

自分だけの物を持ちたい

 年配のおばあさんが訪ねてきた

 実は私はクリスチャンなんです
 はい
 ロザリオを作ってもらいたいです
 はい?????

 ロザリオ
 やまーーの娘 ロザリオ
 いつーーもひとーーり うたうよーー
 ・・・・・
 
 このロザリオの歌からロザリオは花の名前か何かかと思っていた
 はい
 ところでロザリオはどんなものですか?

 それはね
 日本の数珠のようなものでね
 教会で拝むときには数珠のように持って拝むのです
 はー

 玉をこのように 10個づつ並べて合計50個の・・・・
 はー、なるほど
 それなら出来ますよ

 天然石でも作れます

 次にいま持っているロザリオを持って来ます
 サンプルで作ってくださいな
 わー、この色が好きですわ
 自分だけのロザリオが出来るのを楽しみにしています
 ・・・・・

 ロザリオとは日本の数珠のようにお祈りに使うと始めて知った

 所変れば品変る

 50個の先端にマリア様をつけるといわれる
 マリア様は畏れ多いのでうーーん
 △でいいのでそれを付けてその下に 
 クロスを下げて欲しいといわれる

 自分なりの
 自分で満足できる
 品物を持ちたいらしい

|

まいど一号

 4月初め頃よりときどき工房前に立って玉を見ている人がいる

 今日は丁度目が合ったの
 どうぞ

 その人は入ってきた

 綺麗ですなー
 綺麗でしょう

 私はこうこういう者ですと自分の話が始まった

 ビー玉を買ってきて二つに切って穴をあけたり・・・・
 穴をあけるときは割れますなー
 ・・・・・・

 それを堺、奈良の地図にある陵墓に置くとですなー
 おうし座が現れるのです
 へーっ

 まいど一号の部品を作っておりましたんや
 このバッチはまいど一号のバッチですねん
 この部品を作っておりました
 アルミですか?
 ・・・・・・

 家は東大阪にありますねん
 娘のところに来て暮らすようになりました
 向こうの家にいろいろな機械がありますが
 娘が持って来てはいかん言うので置いてあります
 ・・・・・・

 いつ頃来たのですか
 09年の7月です
 田中町6-○
 工房の近くである
 ・・・・・・
 免許証の住所を提示してくる
 これ
 68歳です
 ・・・・・・

 まいど一号は小泉さんが金を置いていったので作れた
 これに参加した学生はみんな就職できた
 今度の民主党は予算をつけんもんやから飛んでいるだけや
 ・・・・・・・

 娘さんの家で退屈をして街を散策している風であった

 自分の思っていることは通じるがこちらが話すことは耳が遠いのか通じなかった
 まいど一号に参加したと言う人がやってきた楽しい日であった

|

高校生とタバコ

 我がマンションの入り口は表玄関と裏玄関がある
 表、裏玄関ともにオートロックである
 裏から入っても表玄関のところに出る
 表玄関でたたずんでいる人が見渡せるようになっている

 自転車でhuukoは帰ってきた
 その駐輪場の人目に付きにくい場所で男女の高校生二人が立っていた
 男子高校生はタバコを喫っていた

 こらっ!
 高校生がタバコは禁止だろう
 止めな

 はい、すみません
 おっと、素直やないかとびっくり
 二人はタバコを消すことなく火がついたのを持ったまま表玄関の方に歩いていった
 女の子はすれ違うとき
 すみません と言いながら去っていった

 素直やなー
 !!!!

 駐輪場からは裏玄関から入るのが表から入るより便利である
 裏玄関を入った
 表玄関を見るとタバコを持った男子高校生が表玄関の吸殻入れのところでタバコを吸っている

 こらっ!
 吸い場所を変えろというたんではないで
 タバコを吸うのを止めろと言うたんやで
 はい、すいませんといながら立ち去った

 学校の制服でどうどうとタバコを喫う

 規律
 規制
 もしhuukoが警官であるならどうするのだろう

 補導するのだろうか
 注意するだけなのだろうか

 首相自らばれなきゃいいと脱税
 幹事長自身が疑惑の不動産王
 高校生のタバコの喫煙をどう注意できるのだろう

 タバコを吸うなといわれても消すことなく煙をくゆらせながら歩いていった

 髪形
 顔立ち 
 品性のいい二人であった
 女の子が喫んでいないのが救いかと思ったりした

|

医者恐怖症

 食台の下に潜り込んで積み木遊びをしている孫

 頭をゴツンと打った
 痛かったろうと思うが自分がやったことなので痛いといわない

 走ったらアブナイ
 坂道じゃけん走ったらいかん
 案の定 つんのめって滑り込み
 痛いとはいわない
 泣かない

 自分でやったことには痛いのを我慢している

 じいじ
 中耳炎で先生が今日も見せてくれと言っているので連れて行ってくれるかと言われて
 耳鼻科へ連れて行った

 耳鼻科の入り口を雰囲気で感じたか
 抱っこしている3歳4ヶ月の孫娘
 うじうじとしだした

 自動扉が開いた
 ワーン
 いやいやいやいや

 受付でも大泣き
 他の人には迷惑この上ない大泣き

 看護師さんが抱きかかえて診察
 ガキッと抱えると泣き声はするが動きが取れない
 耳に綿棒入れる
 いたーーーい
 いたーーーい
 鼻に綿棒入れる
 いたーーーい
 いたーーーい
 喉に綿棒入れる
 いたーーーい
 いたーーーい

 お医者さんも慣れたものでさっさっさっと処置する
 はい、終わったよ

 一安心したかふっと静かになる
 途端にぎゃおーーーっ
 いややいやや

 薬を吸引するのが厭だと看護師さんをてこずらせている
 3歳4ヶ月といえども16kgが暴れるのである
 縮む
 伸び上がる
 首を振る
 始末が悪い
 ぎゃおー
 ぎゃおー

 千ーン
 吸引が終わる電子音

 いっぺんに泣き止んだ

 よう頑張ったなー
 えらいえらい
 次は泣かないようにしような
 いやや
 いやや

 帰り際お年寄りのお婆さんに出口で
 痛かったの
 どこが痛かったのと話しかけられた

 本人曰く
 脛のすりむけたところを指差して
 ここここと言っている

 医者恐怖症の一幕であった

 先生はホッシャンに似たニコニコ先生でじいじも安心した

 あの幹事長のようなむっつり先生だと寄り付かないないだろう

|

元会社のOB会

 Photo

 伊丹空港
 ひっそりした感じである

 関空から松山へ
 有名な ボンバルディー機である

 関空へ一本化したほうが便利でいいのではと思ったりした   

 50分で松山に到着

Photo_8 マドンナが迎えてくれた

 Photo_3 

無粋なりこのビルジング

ビルがなければ松山城が美しい姿を見せるのである
30年の歳月はお城まで隠してしまった

Photo_4

 銀天街と大街道

 歩くとゆうに20分かかるアーケード街である
 松山の中心地であり愛媛県の中央である
 

 子規が
 漱石が
 好古が
 歩いたであろう松山の中心地である

 Photo_6

 さすが松山
 子規のポストを作り 俳句が自由に投稿できるようにしていた

Photo_5

 松山は坊ちゃんの街
 文学の街

 坊ちゃん書房
 古書の店

 代が代わり50年前の店主とそっくりの若主人が店番をしていた

 ガラスの古本と高浜虚子の古本を購入した

  Photo_7

 松山市駅前にある 日切り地蔵 の傍にある

 太鼓饅の店である

 50年前は 一個15円だったと思うのだが・・・

 毎年開かれる元の会社のOB会
 今年も参加した
 11回目である

 お前も定年になったのか?
 ○ちゃん元気か?(奥さんの消息を聞いた言葉である)
 一昨年死にました
 ええっ!
 難病であったらしい
 原因が分からず苦しみましたとのこと
 亡くなったという奥さんの顔が若いまま目蓋に浮かんできた

 

初めての参加

 Tさんお久しぶり
 顔はつやつやしておりますなー
 30代の頃と変らんですなー
 ・・・・・・・

 会社生活のうち暇を見つけては山に入ったという

 奈良の奥には鹿がたっぷりといる
 鹿を狩猟して小遣いにした
 大台ケ原によう行った

 一晩に5匹くらい猟をする
 猟をしてさばく
 そのさばいたのはどのようにするん?
 そんなんは山に捨てるという
 産廃にならないのかと尋ねると

 そんなん問題ない
 ????
 さばいた骨や内臓を山に捨てるやろ
 それは狸が綺麗に始末してくれるという
 なるほど

 彼らは柔らかい内臓しか食わないという

 鹿を撃ってそのままにして猟を続ける
 30分もすると鹿の内臓は綺麗に狸が食ってくれてさばくのに手間が省けるという

 Tさんの顔のつやつやは鹿の肉の賜物かもしれないと思った

 
 22時48分
 大街道発京都行きJR夜行高速バスに乗った
 2階バスである
 
 ボンバルディーの胴体着陸機
 高速で炎上丸焼けの2階バス
 いろいろと楽しいOB会であった

|

初づくし

 風工房の新年度の仕事始め

 2ヶ月前から 赤とんぼ玉を作ってといわれていた
 試作したところこんなんではなくてこのような赤とんぼとメモ書きされた
 それを作った

 多分気に入ってもらえるだろう

 とんぼ玉の下に赤い字で

 華とんぼ玉
 風工房
 ○のなかに花柄模様のはんこが捺されている

 ゴム印でTさんが作ってくれたものである
 Tさんはゴム印をビー工房にて販売しているそうだ
 結構人気があると言っていた 

      Photo

 先晩
 梅酒を作った梅を浸けたままで取り出すのを忘れていた
 思い出して梅を取り出した

 捨てるのはもったいない
 どうしてやろうか

 ジャムを作ってみよう
 いまだかってジャムを作るだの料理をするだのはてんで無縁であった
 それがジャムを作ってみようとなった

 取り出した梅は1kg
 砂糖は100均で500g買った
 鍋に入れた

 工房のカセットコンロにのせて小さな火で
 グツグツグツ 
 30分くらいはいいだろうと多寡をくくった

 そのあいだに写真の赤とんぼを作ろうとバーナーに向かっていた

 プーン
 あっ!
 焦げの臭い
 えらいこっちゃー

 工房のシンクの辺りは煙が充満
 前は見えないくらい
 えらいこっちゃー

 煙は充満していたが火の手はがっていなかった
 ホッ!

 物を作るときはそれだけに没頭すること
 二つ仕事をするな

 今日得られた格言である  

 当然
 鍋は焦げがこびりついてはがれない
 お払い箱である

 もったいないと思った梅
 もったいない鍋
 どちらがもったいない

|

風工房・クンシランとともに新年度に入る

  クンシラン
 毎年
 毎年咲いてくれる
 親株は38年前からのものである

 一株貰った
 それが毎年毎年大きくなり咲いてくれる

 水をやるだけで肥えは最近粒状の固形物を撒いておくだけである
 粗食に耐えて毎年毎年咲いてくれる    

      Photo_2 

 華とんぼ展が終わった
 今年は48名の出展で過去最高の出展者となった

 華とんぼ展が終わると風工房の新年度が始まる

 クンシランがその始まりを知らせてくれる

 華とんぼ展をご近所さん15人が見に来てくれた
 そのあと昼食会に難波に行くという

 いいねー
 いいねー
 これを作って
 これをこのようにして作って
 色を少し柔らかくして作って
 シックにしておいて

    Huuko         Huuko_3

     Huuko_4 

 いろいろと注文をいただいた

 この注文が一番難しい

 色を少し柔らかくして
 その人の頭の中を推察しなければならない

 シックにして
 シック?とはと悩む

 こうして風工房はとんぼ玉に挑戦しています

|

華とんぼ展異聞・昔の彼女

 旧26号線は大阪ー和歌山を結ぶ道路のため自動車の通行が多い
 その道を一本南海電車側に入ると26号と平行に走る裏道である
 裏道であるため段差のない細いが平坦な道である

 自転車が走りやすい

 細い道を走っていた
 向こうから女性が来る

 10mくらいに近づいた
 見たことあるなー
 むらっちゃん
 ちいさな声でつぶやいた

 自転車のその人とすれ違った
 その人は聞こえたか聞こえなかったか
 振り向いてみた
 その人は振り向かない

 間違いない
 むらっちゃん
 少し声を大きく言った
 1間ほど先に行っていたが
 むらっちゃんの声にその人は振り向いた

 あれええっ

 お元気ですか
 ・・・・・・

 かわらんなー
 いえいえいえ

 定年になりました
 丁度1年になります
 
 そうかー
 1年かー
 見たところ40くらいにしか見えんよ

 何をおっしゃいますやら
 相変わらず口がうまいですねー
 40だなんて
  
   
 ・・・・・

 分かれてからもう11年やなー
 
 道は狭い
 道の両側には家が建っている
 その道で男と女が話をしている
 分かれて云々・・・・
 聞き耳を立てているかもしれない

 堺市
 83万人
 政令指定都市 
 その一分子が出会った

 明日、時間があれば華とんぼ展に行きますわ
 時間があったら来てみて

 彼女は元の職場からお誘いで夜桜に出かけると言い自転車をこいだ

|

華とんぼ展・メニエル病

 華とんぼ展の帰りに桜並木に出会えることがある
 浜寺の街中にある小川に100mほどの並木である
 街中のため道が分からず桜はどこだったかなーと思いながらチャリンコのペダルをこぐ
 偶然に桜並木に行き当たる  

     Photo_2

 華とんぼ展に動物のT師匠が訪れてくれた
 こんにちは
 いろいろと見てください
 途端に師匠はちょっと待って座りたい
 目がくらくらする
 !!!!!

 一緒にいたTさんが
 先生メニエルと違いますの?と尋ねた
 そうですねん
 耳鳴りがしだして目の前がくらくらする危ないよというのが分かるのですが
 そのまま歩き続けると身体が自由にならなくなってつんのめるようになったり
 ふらふらして自由に歩けなくなるんです

 耳鼻科に行ったんです
 先生はあまり問題はないとのことを言っていたので軽く見ておったんですわ
 それがいかんかったようですねん
 最初に行った時、間違いなくメニエルと診断して処置してくれたらもっと早く治るらしいですわ
 最初の診断が大事だそうです
 薬をのんで治すしかないみたいです

 70を過ぎるといろいろと具合の悪いことが出て来ますわと言っていた

 30分ほど座っていて治まったと言われて帰られた
 早く治ることをご祈念いたします

 桜並木も最初の入り口を間違わなければそのところに行ける
 メニエルも最初の診断が間違わなければ早く治る
 最初が肝心

 言うは易し
  見つけるは難し

|

華とんぼ展・異聞

 華とんぼ展はいろいろな方が見に来てくれる
 AYさんも仕事が終わった後電車で見に来てくれた

 報告書がブログに載っているので無断で拝借した

 http://ameblo.jp/b-ayusan/ 

 いかがでしたか
 huukoが美女の隣に立っておりましたでしょう
 

 夕方
 5年ぶりに一杯やらへんかとお誘いがあり高石のお好み焼き屋へ寄った

 Nさんは定年後もとの職場と同じ企業内へ嘱託として勤めている
 Iさんは嘱託を辞めて新しい職場を求めて家の近くに勤めを変えていた
 あと1人
 入社時お父さんと同じ歳のhuukoの隣に席を与えられたTちゃんである

 いろいろ楽しい話をした
 ・・・・・・・

 Nさんは明後日会社の慰安旅行に行くという
 行く先はバス借りきりで高知の竜馬を見に行くという

 社内旅行の思い出話になった

 20年前に 南紀勝浦にバスツアーをした

 20年前といえばまだまだ高速は発達していない
 狭い道を海岸沿いに走った
 途中トイレ休憩は限られたところにしかない

 バスに乗ると
 途端にビール、酒とアルコールを飲み始める連中のツアーであった

 和歌山市の外れを走っていた

 おーい止めてくれーの言葉に運転手は仕方なしに止めた
 勇気ある発言に数人が下りて田んぼの 藁ぐろ の陰に隠れて たちしょんである
 隠れたつもりがバスの中から見ると隠れていない
 ・・・・・・
 いいですかー
 いいですよー
 バスは出発

 ・・・・・・
 おおおーーーい
 誰かが後を走ってくるぞー
 おおおおおー 
 K師だぞー
 バスは止まった

 男はどこにでも恥はかき捨てとやってしまう輩である

 
 また、あるときは小浜行きのバス旅行があった
 その朝、滅多に降らない雪が降った
 阪神高速で大阪を通り舞鶴へ向かおうとした
 会社の門を出た途端 バスの中は 酒盛りである

 異変が起きた
 阪神高速・湾岸線は積雪のため通行止めであった
 運転手は考えた
 南に走り泉北の方から阪和高速に乗ろうと考えて湾岸線の南行きに乗った
 乗るには乗れたが10分で走れるところが1時間しても前に進まない
 渋滞である

 門を出たとたんに飲み始めたアルコールは膀胱を圧迫し始めた
 
 会社を出てまだ5Kmしか来ていない
 うーん
 うーん
 うなり声はだんだんに大きくなった
 運転手は仕方なく高速を下りて片側にバスを寄せた

 塀に向かった恥ずかしい
 恥ずかしいと思いながらの所行が大勢の大人に行なわせしめたこともあった

 10年一昔
 そのようなことが一杯あったなー
 楽しい思い出話の 華とんぼ展の帰りの思い出話であった

 春宵
 ほろ酔い
 桜の薄ピンクは綺麗だったが
 自転車のペダル40分は意外に重かった

|

日本丸は大丈夫?不安だらけの訓示

 鳩山さんは国家公務員の研修会で訓示した

 大蔵事務次官を務めた父、威一郎元外相(故人)との思い出を引き合いに出し
 「最も尊敬しているおやじは、参院議員よりも大蔵官僚の役人だったことに誇りを感じていた」

 首相はこう語りつつ、実弟の邦夫元総務相が政界に進出する際、威一郎氏が「政治家は物ごいする情けないばか者だ。なってはいけない」と反対したエピソードも紹介した

 首相は「トップの首相が大ばか者であれば、そんな国が持つわけがない」などと強調
 (以上は産経新聞の記事より)

 鳩山さんは人の前ではその人に歯の浮くような言葉を発すると言われている

 公務員の研修会では
 公務員は尊敬する人達だ
 議員は物ごいする情けないばか者だと言っている
 
 これが参院とか衆院の議員の前だと
 公務員は議員の前では頭は下げるが陰に入ると下を出しているけしからん輩だ
 議員はそのような公務員に騙されてはいけません
 政治主導が必要です
 ・・・・・

 正反対の挨拶をするのだろう

 いいことを言おう
 受けるように言おう
 それが端的に現れた挨拶である

 最後に言った

 トップの首相が大ばか者であれば、そんな国が持つはずがない・・・・・

 子供手当て1500万円/月の人が日本の首相である
 ・・・・・・・

 この日本はこの方に先導されている

|

華とんぼ展初日・キーに始まりキーに終わるかと思われたが

 快晴
 華とんぼ展の初日
 
 いろいろな設え道具を車に積んで出発

 少し走った
 ちょっと待って
 ちょっと待って
 工房の戸を閉めてくるのを忘れた

 工房に帰ると
 戸は開けっ放しであった

 浜寺の桜は満開
 天気は晴れ
 

      Photo 

 浜寺公園駅舎のギャラリーの入り口
 一年ぶりの柱との出会い

            Photo_2

 出品作品です

 ガラス細工は小学生の玉入れです  

        Photo_3

 とんぼ玉のほうは写りが小さいので
 いま、しまったと思っているところです
 後日詳報します

        Photo_4

 開場時間は11時から17時
 17時10分鍵をかけて車に同乗させてもらい帰途

 さーてとー今日は晴れてよかったなーとKさんと話していた
 今朝は戸を閉めるのを忘れていたしなー・・・
 おっとー
 ちょっと待って
 ちょっと待って

 工房のキーをギャラリーに忘れて来た
 あららー

 Uターンしようにも分離帯があるので先まで進まないとUターン出来ない
 羽衣まで進んでUターン
 ・・・・・・

 キーに始まり
 キーに終わったなーと思っていた
 が
 不思議なことが電波を通じて起こった

 あの人に会いたいなー
 あの人はどうして入るだろう
 そんなことをふと思ったりすると
 その人とコンタクトされることがある

 それが発生した

 昨日のブログで華とんぼ展が開かれる・・・・・
 書いた
 その最後に
 奈良の寺○さーーん
 久しぶりに見に来てくださーい・・・・
 と書こうと思ったが書かなかった
 奈良の寺○さんがなぜ浮かんだかは分からない
 頭の隅にただなんとなく浮かんだだけである
 このブログを呼んでくれているのかも分からない・・・

 さー1日終わった
 眠ろうかと思った途端
 携帯のメール音が鳴った

 寺○さんからのメールである
 アドレスが替わりました・・・・・・

 数年ぶりでのコンタクトである

 不思議である  

|

華とんぼ展アラカルト

 正月明けからなに作ろう
 なにをテーマにしよう
 悩んでいた3ヶ月

 今日から華とんぼ展である
 浜寺公園駅ギャラリーで11日まで開催

 浜寺公園駅は南海電車の駅である
 その昔は大阪商人の避暑地として栄えたと聞いている

 浜寺公園は松林が南北推定2km東西500mと細長い公園である
 バラ園もある
 結構バラの美しさを楽しめる大きな松林に囲まれた公園である
 吉野桜は松林に囲まれて表からは分からないが中に入ると見事な桜の園である
 焼肉の煙が松林を霞める家族の公園である
 その西は運河が作られ臨海工業地帯が広がっている

 運河ではボート競技場が作られ練習する若人で艇がすべるように進んでいる
 この運河沿いには大島桜の並木が造られている
 誰も知らない穴場の桜道である

 浜寺公園と公園駅の間に旧国道26号線が走っている
 紀州の殿様が通られた道であろう
 和歌山と天王寺に通じる道である
 それに沿ってチンチン電車が走っている
 レトロ電車である
 会社も金がないので車両は旧型でレトロを体験しながら天王寺まで旅が出来る
 この電車も堺市の援助がなくなるそうで運行が危ぶまれている

 ギャラリーの東には昔の避暑地と言われるだけあって豪邸がうらびれた姿で建っている
 門構え
 しゃれた洋風な窓
 蔵
 それらの主も歳を重ねたのであろうところどころ修理もままならない家がある
 代替わりした家では新しく豪邸が現れたりしている

 南海電車の線路が高架にするよう計画されているようだ
 浜寺公園駅もいまのところから数十m西へ動かされて保存されるという

 坂口金吾さんという明治の建築学者が建てた名建築だそうだ
 華とんぼ展開最中にもときどきカメラマンがやってくる
 遠くからこの建物を撮りに来たと話されている
 屋内に入り高天井のシャンデリヤを写したりしている

 これから11日までいろいろな方がとんぼ玉展に来てくれる
 とんぼ玉を見て笑顔、笑顔、笑顔

 最後の日は簡単な打ち上げで今年度がはじまる風工房です

|

若い力・創造力

 若い力が会社を盛り上げていきます
 若い力・・・・

 振り向くとテレビで若者が映っていた

 入社6年目の男性
 インスタント食品のメーカー
 焼きそばの販売は成熟していて新規参入
 新焼きそばの参入は難しい
 そこへ心機一転参入し売り上げを伸ばそうと考えた

 焼きそばのケースは四角い、大きく見えるため女性には大食漢として写るので敬遠されている
 お湯切りが面倒
 ・・・・
 どのようにしようか
 改善はあるのか

 カップラーメンのように縦長にしよう
 縦長で試食
 垂れが混ぜにくく均一に混ざらない
 うーん
 困った
 困った
 ・・・・・

 では垂れを麺に混ぜ込んでしまえ
 茹で上がった焼きそばは混ぜる必要がない
 ・・・・・
 なるほど
 なるほど
 考えたものである

 焼きそばが茹る
 垂れを入れる
 混ぜる
 これは面倒だった
 それを解決するために垂れを麺に含ませてしまった

 大売れに売れて製造が追っつかないという

 若い力が会社を伸ばす
 若くなくても創造が会社を伸ばす
 とんぼ玉もデザインが模様が玉の力を伸ばす

 なんとなく楽しくなってきた

|

 佐伯泰英
 鎌倉河岸・江戸痛快小説
 ここには金座裏の十手の親分とその近くにある豊島屋(としまや)の一杯飲み屋が出てくる

 ここの売りは酒問屋で安い酒と田楽である
 何かというとこの豊島屋での捕物が酒の話題に出てくる

 ぷーんと匂ってくる田楽の匂いはなんとも言えねー
 言いながら酒を飲む旨さが伝わってくる
 つらされて自分が飲んでいるような気分になる

 15巻を一気に読んでしまった後
 さて、面白い
 こんどはと佐伯泰英・酔いどれ小藤次留書
 10巻くらいの時代小説である

 小藤次
 ここでも酒飲みが出てくる

 一升酒
 そんなものではない
 一升枡に注がれた酒をぐいぐいぐいと飲み干す
 見ている人はびっくり
 もう一杯と所望するか
 注いで進ぜよう
 また、ぐいぐいぐい
 また、所望されるか
 また、ぐいぐいぐい
 またまたか
 
 柳橋の万八楼の大酒会で三升入りの塗杯で五杯までは行ったが2番であったという

 ・・・・・・
 なんぼ飲んでも酔わない
 坂の上の雲の秋山好古は酒さえあれば飯は要らぬと酒だけ飲んでいた
 小藤次もそのような主人公になっている

 甲州では一升と申されると江戸の3升のことですがそれでもよろしゅうございますか
 結構結構注いで下され
 甲州枡になみなみと注がれた上酒をぐいぐいぐいと飲み干した
 酒問屋の主はびっくりした
 小藤次を座敷に上げ樽を持ってこさせて注いで進ぜた

 その老いぼれた風情の矮躯の浪人武士が剣術家と申すか

 浪人と対する
 その矮躯の小藤次は小さくなる
 浪人に剣を構えるとその矮躯な小藤次がおおきな人間に代わる
 あっという間に小藤次に浪人は倒される
 痛快小説である

 酒飲み
 強い剣術家
 この小説も面白い
 あっというまに1冊を読み終えてしまった

 佐伯泰英
 酒
 剣術が強い
 悪をさばく
 
 藤沢周平の江戸人情もいいが剣術痛快もいいものだ

 月遅れのおひな祭りが4月3日、4日である
 花は桜
  山は冨士
   酒は天下の豊島屋
 鎌倉河岸の豊島屋の売り言葉である

|

4月1日

 一杯つけてくれるかえー
 いらっしゃい ご隠居
 上等がはいっていますがそれをつけましょうかねー

 おお、それをつけてくれるかねー

 隣に座っていたR姉がhuukoにそっとつぶやいた

 あのご隠居はねー特技の持ち主なんよ

 お酒を眺めるとその酒の成分が分かるらしいのよ
 お米はどこそこのお米
 お米のほかに何かが混ざっている
 それが見えるというのよ

 我々は虹が七色に見えるでしょう
 ご隠居はお酒が虹のように色分けされてきらきら輝いて見えるのよ
 水分があると反射があっていろいろな品物も見えるらしいよ

 へーっ
 色が分析されて見える
 凄いなー

 吟醸酒
 山田錦
 日本晴
 長沼産山田錦
 ・・・・
 これとこれが混ざっている酒でそれが色分けされて見えるのよ

 ぐい飲みに注がれたお酒をじっと見ているでしょう
 虹のように見えているのやろうねー
 羨ましいわ
 そうやなー
 そんな特技があるとええなー

 水滴がお日様の光に輝いて虹色になる
 お酒が虹色になる
 食べるものが美味しくなるだろう

 なにっ!
 あっ!
 そうかー
 4月1日かー

 

|

ID野球・尾花監督

 プロ野球の熱烈なファンではない
 大阪に住みながら阪神の熱烈なファンでもない
 阪神様様であったのだが野村監督が嫁さんの失敗で阪神を去った
 それまでは阪神が勝つのを楽しみにしていた程度である

 そのあと中日を突然止めた監督が
 なぜか阪神の監督になり
 野村の育てたチームをかっさらって・・・・
 それからアンチ阪神となってしまった

 野村監督のぼやき
 采配は新聞で読んで面白いと思っている

 横浜ベイスターズ
 横浜銀行といわれ続けている

 30日
 巨人・横浜戦
 4・3で横浜は負けた
 今年も横浜銀行か・・・・・

 31日
 巨人・横浜戦
 逆転
 5・8Xで横浜が勝った
 オオオオ・・・・・

 横浜ベイスターズの新監督は尾花
 ヤクルト時代
 野村監督のID野球の信奉者だという
 IDとはなんだろう?
 インポータントデーターということらしい

 横浜の前は巨人で投手コーチをしていた
 原巨人の連覇の立役者である
 そのコーチがデーターを引っさげて横浜に乗り込んだ
 ID野球が巨人を30日は倒すかに思えたが負けた
 
 31日は初回4点を取られた
 今日も負けと思っていた

 目が覚めると逆転していた

 5・8Xと勝っている
 データー野球

 野村イズムが横浜銀行を返上させるか

 オリックスも銀行の感じがしていたが
 岡田君が楽しませてくれそうだ

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »