« 夏の思い出 | トップページ | 夏の終わりに »

月の大きさの回答の違い

 ふっと目が覚めたのは2時25分
 眠るとき電気を消し忘れたかと思うほど部屋の中は明るい

 満月である

 8月24日・月曜日の子供科学電話相談

 月が出たときは大きく見えて夜中は小さく見えるのはなぜですか

 7月23日にも同じ質問があった
 そのときは月が出たときは大きく見えて夜中になると小さく見えるの
 これは5円玉を持って手をいっぱいに伸ばします
 それで月を見ると5円玉の穴一杯に見えます
 夜中の月も穴一杯です
 これで月の大きさは同じと分かります

 月の出始めと夜中の月は大きさが同じと分かります
 出始めに大きく見えるのは錯覚ですという答えであった

 ・・・・・・・
 ・・・・・・・

 満月を見て子供電話相談を思い出した

 24日の回答の先生は男性の方で7月のときの先生と違っていた

 ・・・・・
 月は地球を真ん丸い円の上を動いていません
 月は36万kmから40万km楕円の軌道の上を動いています

 月は36万kmの時は40万kmの時より大きく見えます

 つきが大きく見えたり小さく見えたりするという注意力が大切です

 ・・・・・・
 7月の説明と
 8月の説明は若干の差がある
 両方を聞いていて記憶に残っている子がいると頭の中はこんがらがってくる
 huukoが一番こんがらがっている

 ・・・・・・・

 月の出のときと天心のときの月の大きさが違って見えるのは
 錯覚である

 いろいろ検索してみるとその殆どが同じ答えで
 錯覚といっている

 ??????

 本当に錯覚だろうか

 どこの答えにも月の出と天心の月との
 色の違いが説明されていない

 色が違う

 朝日と夕日と昼間の太陽
 大きさが違う
 色が違う

 色の違いで大きく見える
 なぜ色が違うかが説明されれば錯覚論も納得できるのだが

 !!!!

 5円の穴から月を見た

 一杯右手を伸ばしても隙間が開く

 手を伸ばして月の大きさの錯覚を認知できなかった

 菅さん
 小沢さん
 党の戦略ばかり
 手を一杯伸ばして5円玉の穴をのぞくと何が見えるだろう

 票か!
 鳩か!
 それしか見ないのだろう

|

« 夏の思い出 | トップページ | 夏の終わりに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事