« 野良の節句働き | トップページ | 終末期の感じがする・イラカンニゲカン・・・ »

老々介護・終わりでほっとする間があるのだろうか

 Tさんのご主人が亡くなったんよ
 知ってる

 いやー、知らない
 香典していないなー
 持って行ってくれる

 私もまだしていないのよ

 このあいだね
 タクシーも掴まらないないので亡くなった病院に連れて行ってというので
 車で連れて行ってあげたんよ

 介護が永かったものねー
 連れて行ってあげる車の中でね

 昨日は阪神が負けた負けた
 それだけ言うのよ
 ちょっとおかしかった

 介護疲れか
 自律神経失調症と言われたらしいのよ

 ご主人の葬儀にも私行ってないのよ
 香典はしなくていいのじゃない

 そうかー

 遅れて香典してもなー
 満中陰志が足らない
 どうしようと悩むものなー

 歳をとったらもう面倒なこと無しよ
 香典せん方がいいかもなー

 私もついうっかり言ってしまったけど
 誰にも言わんといて
 その方がいいわ

 そうよなー

 TAさんも
 Uさんも
 Mさんも
 知ったら香典するというだろうなー
 言わない方がいいわ

 そうしておこうか

 当分向こうで言うことにしようか

 老々介護
 疲れた
 なくなることでほっとした
 神経をすり減らした

 認知症
 夜昼がひっくり返る
 介護者はほっとする死

 他人は香典に気をまわす
 香典はなしよ
 その方が面倒がなくて

 そっと生まれて

 そっと死んでいく

 生まれて
 死んで
 その間が波乱万丈

 自分たちの家
 その隣に先代の家

 そこに老婦人が一人
 ぽつねんと残された
 ・・・・・・・
 子たちは勉学に励んで要職についているが遠隔の地に居る

 典型的な日本の家族構成である

|

« 野良の節句働き | トップページ | 終末期の感じがする・イラカンニゲカン・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事