« 消されたか見つからない | トップページ | 夕やけ雲 »

滑り台

 幼稚園に迎えに行った

 教室の窓から中をのぞくと孫が誰かに何かをされて

 泣き出したところであった

 じいじを見つけると
 涙をぼろぼろ流しながら先生と外に出てきた

 ゆうちゃんがね○○したの
 うぇん
 うぇん
 抱っこしてやると
 途端ににこにこ
 いま泣いたカラスがどっかに行った

 園を出るとそばにある府立公園に寄った

 2010_10100001 コンクリート製のお椀型の滑り台である
 一度に10人くらいで滑れる大型である

 孫はそこから滑るのが大好きである

 滑っては斜面を登る
 滑っては登る

 下に小4・行村という名札を付けた男の子が斜面の途中に座っていた

 そこに孫が滑り落ちて行った
 ドスンとぶつかった

 あいたた
 あいたた
 あいたたと行村君

 ごめんなとじいじは言った

 孫はごめんねと言わない
 ごめんねと言わんかな

 孫はまごまごしているがごめんねと言わない

 男の子は居なくなった

 孫にごめんねと行って言わんかいな

 孫はその場にじっと立ったままごめんねを言わない

 孫の顔に不安のまなじりが浮かんできている
 泣きそうになってきた

 ・・・・・

 じいじと対峙している

 でも
 でも
 ゆうちゃんが
 ゆうちゃんが
 ・・・・・・

 どうも
 幼稚園で泣き出したとき
 ゆうちゃんに押されたか何かされたのであろう

 そのことと
 行村君にぶち当たったこととが複雑に彼女なりに絡んできたのであろう

 でも
 でも
 ゆうちゃんが
 あとの言葉が出てこない

 そうか
 そうか
 3歳10か月
 頭の中では自分なりの筋道を立てているのだろう
 表現出来ないまどろっこしさがあったのだろう

 そうか
 そうかで一件落着

 どっかの国の漁船が
 どっかの国の警察船にぶち当たってきた

 行って謝りなさい
 謝ってください
 デモ
 デモ
 ・・・・・

 泣く子と
 地頭には勝てないと日本政府はおとなしくなっている

|

« 消されたか見つからない | トップページ | 夕やけ雲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事