« 動物愛護 | トップページ | ガラスの体験教室開催 »

復興会議

 NHKで東北大震災の復興をどうする・・・

 復興会議の議長以下数名の会議員と東北の市・村長3名がテレビ会議に参加していた

 

 復興議長(いよきべ氏)が挨拶した

 ・・・・・この自然災害の暴虐を許すわけに・・・・・

 自然災害が大きかったそれは暴虐という言葉になった

 不自然さを覚える

 

 復興会議は今日2回目を開きました

 3時間の討論でした

 その間政府の方々は誰も席を外すことなく聞いておられました

 今回の会議は政府は真剣に考えておられると思いました

 会議議長が政府を持ち上げている

 会議は政府の選任した人たちである

 雇い主を持ち上げるとはこの議長

 よいしょの発想が抜けない結論を出しそうだ



 討論は未来のある復興案を作らねば・・・・

 いままでの発想でない復興案が必要である・・・・

 

 市長の方々の 現状をお話しいただけますか

 3人の市長が村の市の悲惨さと苦しさを話した

 ・・・・・

 NHKの司会者が いよきべ議長に 現状を聞かれていかがですか

 議長は 初めてお聞きしました

 悲惨さが分かります

 えっ!

 議長は現状の悲惨さを初めて聞いたと言っている

 現状を把握していないと言っている議長

 理想の復興案を作ればと思っているようだ

 いままで津波に対して理想の防波堤を作って来た

 それが一瞬にして消えた

 復興案は現状をおろそかにしているように思っていると

 いま、市長の方から特別にお話ししたいと言われております

 ○○村長どうぞお話しください

 

 はい、いま討議されておりますのは

 復興がどうの

 津波に対してどうのと討議されておりますが

 我々は国からもどの企業からも一銭も貰わないで村を築いてきたのです

 被害だけ貰いました

 復興案がどうの 如何に都市を再生するか云々より

 現状の相馬を知らないのではないでしょうか

 私たちは元に戻してほしいだけなのです

 声にならない声

 現状何を求めているかが抜けているような復興会議の討議のように思えた

 

|

« 動物愛護 | トップページ | ガラスの体験教室開催 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事