« 歯のガン | トップページ | 女の一生 »

野田戦法・すぐに謝る

 参院予算委員会 自民党が対決姿勢

 山本一太氏はけんか腰である

 田中防衛相を不信任にすれば野田内閣はつぶれる・・・・・

 そんな対決姿勢をとっていた


 世耕さんに質問者が変わった

 昨日の東日本大震災の一周年追悼式典に私も参加させていただきました

 ちょっと変だと思いました





 天皇陛下が式が終わり退席されるとき

 全員着席のままお送りくださいと放送されました

 私も仕方なく座ったままお送りいたしました

 陛下が退席されるとき

 どこの国でも起立してお見送りするものです

 なぜ、陛下が退席されるとき着席のままだったのですか



 官房長官が事務方がこれでいいと言いましたもので



 世耕氏は吠えた



 これだから民主党政府はなっていないと言うのです

 陛下を軽くみてないがしろにしているのです

 陛下が退席されるとき

 外国だと大統領や元首が退席されるとき

 起立してお見送りしない儀式と言うのがありますか

 恥ずかしい次第です

 事務方に投げやりだから・・・・・

 すみません・・・・・



 つづいて献花についてです



 震災に一番多くの献金をしてくださり 

 多くの友情を送っていただいた台湾

 なぜ台湾に献花してもらわなかったのですか

 おまけに台湾の席は二階の事業者の席でありました

 ・・・・・・

 



 台湾は日中国交条約・・・・・



 震災追悼行事ですよ・・・

 国交条約とこれとは違うでしょう

 官房長官しっかりしてくださいよ

 総理、台湾に対して謝ってほしいものです



 総理はすみませんでしたと謝った




 野田さんは謝ることはいとも簡単に謝る

 民主党の増税法案・・・・すみません

 頭を下げるのはいとも簡単に頭を下げる

 不思議なくらい頭を下げるから対決姿勢で質問した相手

 暖簾に腕押しの感じで・・・・

 聞いているこちらも拍子抜けする




 言うだけ言うて

 相手に喧嘩腰になられると

 すみませんでした

 これも野田戦法かもしれない



今日の一枚

 ホワイトデー

2012_03120016_2

|

« 歯のガン | トップページ | 女の一生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事