« はやぶさとハヤブサ | トップページ | 川原はなぜ自然のままにおけないのだろう »

トンビと油揚げ

 朝 4時40分 早くもハヤブサは姿を現しアンテナに止まっている

 50年前 寺田寅彦随筆集で読んだような気がするのが

 トンビと油揚げ

 トンビは油揚げを臭いで見つけるのか

 ・・・・・

 結論はどうだったかは忘れてしまったがそれを思い出した


 ハヤブサは餌をどのようにして見つけるのか

 動く獲物か

 臭いで獲物を見つけるのか

 両方かもしれない


 ベランダの端っこに唐揚げを置いておいた

 臭いで取って行くか

 見つけて取って行くか

 工房に出かけるまで見て見よう



 どのように狩りをするのか

 唐揚げを獲って行ってくれるのが楽しみだ

 

|

« はやぶさとハヤブサ | トップページ | 川原はなぜ自然のままにおけないのだろう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事