« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

フロッピーが出て来ない

 パソコンの寿命?

 3年半使っている



 あるところに来るとフリーズしだす

 いままでフリーズと言う言葉を忘れるくらいスムースに動いていたWI7



 先ほどDVDを入れて書き込みをしようとした



 フロッピーを挿入した

 書き込み



 フロッピーが不都合が発生しました

 取り出しできません



 ボタンを押せど

 フロッピー取り出しボタンを押せどフロッピーが出て来ない



 いままでパソコンは3台使ってきた

 ほぼ3年半くらいで買い替えている

 もう直ぐ嫌気がさして買い替えの時期か?!?!?!?




 夕方雨がちょっと上がった

2014_04290205

 夏が近づいた靄っている



今日の一枚

 微妙なぼかしの差を求めてみた

2014_04290202

|

ステッチ模様玉

 華とんぼ展で見たISさんの玉

2014_0401170117

 作ってみたいとTIさんと NHさん

2014_04280192

 TIさんはいろいろと作った


 NHさんは

 一ひねりして

2014_04280187

 面白い縞模様になった

 指輪も縞柄になって生まれてきた



 やってみて 考えてみて 何か出てくるデザインの世界

|

春に誘われて

 天気がいいと自然と足を延ばしてみたくなる

2014_04250002

 なんという花だろう

 最近川原一面をあずき色に染めている



2014_04250006

 菜の花が川原を染め出した

2014_04250007

2014_04250012

 向こうに見える黄色に引きずられるように進んだ

2014_04250011

 らぴーとが頭上を走る

2014_04250015

潮の香りが

田舎を思い出させてくれた

大阪に磯があるのだ

湿地があるのだ

2014_04250016

2014_04250017

 浜の先に機船が通る

 

 田舎の60年前と同じだ

 

 工房から5分のところにこんないいところがあった

|

事故現場

 ふっと 何気に思ったことが現実になるときがある

 怖いことだ



 工房の前は信号で止まる車が多い

 


 悪霊が居るのか

 年に数回追突事故を起こす

 



 最近 追突とかの事故がないなー と 何気に思った



 お昼にしようかとバーナーを止めて 牛乳を飲んだ・・・・・



 ごっとーん

 ?!?!?!?


 外に出てみると軽四と原チャリがぶつかっている

 原チャリの兄ちゃんが歩道に転がっている

 原チャリの後ろの車輪が回っている

 エンジンもかかっている

 軽四を運転していた人が携帯を掛けている 110か119だろう

 携帯を掛けている軽四の人は額に血溜まりが付いている



 兄ちゃんを起こしてあげようか

 どうすればいいのだろう

 何をすればいいのだろう



 後ろから女性がするするするという感じでhuukoと兄ちゃんの間に入って来た




 聞こえるか うなずく

 よっしゃー

 足動かして 動かす 

 よっしゃー

 手を動かして 動かす

 よっしゃー

 原チャリ除けて足出してあげて

 huukoだけでは動かせない

 道路の反対側で工事をしていた若者数人が渡って来て処理してくれた

 齢言えるか

 22か! よっしゃー

 



 見事な対処だ

 こんな人が居るんだ

 自分では到底こんな事出来へん

 



 救急病院の看護婦さんかもしれない



 そのうち人だかりが出来てきた



 やっと救急車が来た

 おっ 消防自動車も連れて来ている



 少し遅れてパトが目の前にやって来た

2014_04250033
 パトが来るとなぜか騒然となった



 役目は終わったとその看護婦さんはそっとこの場から消えて行った




 この事故を200mほど離れたマンションの8階から見ていた人が居た



 単車がスピードを出して軽四の左を追い越そうとした

 軽四は銀行の駐車場に入ろうと左曲がりをした

 それで

 どーんとなったという

 



 どちらが悪い・良い・・・と言っても

 原チャリはこけると頭を打って動けなくなる

 自分自身で事故から逃げなければなるまい・・・・



 あの看護婦さんてきぱきしていたなー

 もしAEDが要るように人が道に倒れていたら

 さてさて

 自分は

 声は掛けれても おろろろするだけだろう

|

抜歯

 物を食べると右下の犬歯が痛い

 食べなければ痛みはない

 20年ほど前から痛みを騙し騙し使って来た

 最近はご飯の度に痛みが鈍痛で頭を刺激する




 痛い

 抜いてください

 



 先生曰く

 何年使ってこられたですかねー・・・・・6歳引いてみてください



 抜かれた歯を見て別離・・・・・・

 持って帰ってくださいと先生は青色のケースに入れて下さった



 これからの孫の時には抜けた抜けた

 良かった良かったといえるのだが

 70年近く頑張ってくれた歯には

 感謝

 感謝

 根元はまだまだ綺麗な色をしているのだが

 なんで痛かったのだお前は・・・・・と問いかけた

|

税金

 当たり馬券 350万円

 県庁職員が当たった 当たったと自慢していた

 税務署へ納税していないとタレこみがあった

 
 上司が納税するように説得した

 本人は納税すると話したが納税しなかった

 ふたたびタレこみがあり

 新聞報道された



 先日のOB会での余談



 生命保険で数百万円の戻り金があったそうだ

 申告はエエじゃろう

 要らへん要らへん

 申告なんかせんでもええわ・・・・・



 時が過ぎ

 忘れたころに税務署から呼び出しがかかった

 追徴課税されたそうだ



 そんなんも税務署は調べとるんやなー・・・・・・と言う話を新聞を読んでいて思い出した



今日の一枚

 2014_04230007

|

湊かなえ・告白

 湊かなえ ブッ○オ○で105円で棚に並んでいた

 テレビドラマで名前をときどき見る

 買って読み始めた

 面白い

 ストーリーが抜群である



 中学生の成長過程を知るため 指定校に牛乳を無理に飲んでもらう

 二人の中学生の牛乳にエイズの人の血を混ぜて飲ませたと生徒の前で先生が話した

 それは復讐のためであった・・・・・



 その中学生の心の動きを小説にしている



 面白くてやめられない



 
 牛乳に血を混ぜた

 どうなるのだろう

 想像力で読者を魅了している

|

君子ラン

 我が家のベランダには今年も美しさを持って来てくれた

 花齢40年である

 肥もやらず水だけ与えている

 それでも咲いてくれる

2014_04210005

2014_04210008_2

 この君子ランが咲くとふるさと館での体験教室も終わり華とんぼ展の忙しさが終わる



 久しぶりに点打ち玉の練習を行った

 2014_04210010

 いつの間にか薫風の季節になっている

 玉にも薫風を取り入れねばと思った

|

華とんぼ展の体験教室

 和泉市・信太の森の 華とんぼ展でガラスの体験教室が開かれた

 25名の人が30分・500円でガラスを体験して喜んでくれた

2014_04200032

 少年K君は去年も体験に来てくれた

 今年は考えがあったのだろう

 粉掛けではなくマーブル模様に挑戦していた



 出来上がった玉はストラップにして持って帰ってもらった

|

警察署の標語

 和泉警察署

 7・8年前

 中に一度入ったことがある

 駐輪場においていた自転車がカギをこじ開けられて持って行かれた

 その情景を監視カメラで録画していた

 その録画テープをコピーして持って行って捜査届をした

 顔も映っていたのだが・・・・・・






 その警察署の前に

2014_04150028

 広げよう けん銃無くす 社会の輪



 自分たちが生活している社会にこのようなフレーズは要るのかと思ったりするが

 警察の目から見ると

 あんさん なにいうてまんねん そこいらじゅうにけん銃がありますねん

 その世界は別世界

 いや裏の人が持っていたりするのかも・・・・・




 自転車ドロは中学生

 いたずら心

 けん銃はハジキ心

 これはいただけない

|

OB会 その2

 久しぶりに夜の街を満喫した帰り

 AO氏と歩きながら話をした

 



 元気やったんか?

 それがなー

 えらいことになりよったんよ

 3,4年前から腰が痛いので医者で貰った痛み止めを飲んでおったんよ

 それを飲むと痛みはなくなってソフトでもなんでも出来よったんよ

 医者がな

 あまり痛み止めもようないのでちょっと休もうかと言うて飲むのを止めたんよ




 ほいたらな

 左上の歯が痛み出して

 我慢できんのよ

 土、日なんとか我慢して月曜に歯医者に行ったんよ

 歯医者さんが言うにはこれは歯の痛みと違う

 耳鼻科か眼科に行ってくれと言うわけよ




 耳鼻科の先生がな

 鼻の奥にカビが入って炎症を起こしている

 もう少し遅かったら脳にまで行って半身不随になっていただろう・・・・

 いまはもう治っている・・・・・とAO氏




 腰の痛み止めを飲むのを止めたので左頬の痛みが分かって治療が出来たんよ



 むやみに痛み止めと言うのを飲まん方がええみたいやわ

 


 齢を取るといろいろ起こるんやなー・・・・・お休みと言って別れた

 

|

OB会での話題 その1

 松山でビジネスホテルに泊まる

 そのホテルは真正面に松山城が見える

 2014_0417ob0008

 はるやむかし 十五万石の 城下かな

 2014_0417ob0016

 帰りのバスを待っていると中学生の列がやって来た

 

 中学生の列は口々に知らないじいじに

 こんにちは

 おはようございます

 200人くらいのほとんどの子が挨拶をして通り過ぎて行った

 
 町中の子どもが挨拶をしてきた

 先生も挨拶をしてくれて通って行った

2014_0417ob0021
 チンチン電車が走るのんびりした街に根付く挨拶運動かと思ったりした







2014_0417ob0027
 淡路島はたまねぎの緑が艶々として来ていた

2014_0417ob0024




 神戸・三宮

 するするするという感じで白バイがやって来た

 ポニーテールである

 彼女に捕まって お急ぎですか ご苦労様です

 とかなんとか言われながら切符を切られると ・・・・・である

 2014_0417ob0033




前立腺肥大

 ○やん 去年は来とらなんだなー

 ほうよ ほれがなー

 酒を呑んだら前立腺がきゅうにはれるようになったんやがな

 呑まなんだら問題ないんやけどな

 あるとき寄り合いで酒を呑んだんよ

 その晩

 夜中にトイレに行きたくなって行ったんよ

 小便が出ない

 どないしても出ない

 膀胱がパンパンに張ってくる

 七転八倒

 痛い

 痛い

 救急車呼んだん?

 見苦しいけん嫁の車で救急に連れて行ってもろうたんよ

 自分で言ったもんやから何人も救急で待っているその最後に並ばされたんよ

 痛い

 痛い

 看護婦さんに言うたんよ 痛い 痛いと

 看護婦さんがちょっといろうてみて

 これ大変よ

 というわけで処置して貰って助かったんよ

 


 それがな

 膀胱は大きくなったり小さくなったりするんやけど

 大きく膨らみ過ぎたら今度はたるんでしもうて縮まらんのよ

 3日間入院よ

 へー

 前立腺肥大・・・・・よく聞くけどそんな悪さされるんかいな

 いろいろな不足事態が発生するものである

|

松山ー2番丁

 毎年、恒例の職場のOB会が松山-2番で開かれた

 魚料理に舌鼓をうち

 元気か言葉に話を咲かせ

 あっというまの3時間が過ぎた

 


Dcim0071_2


Dcim0072_2

 外に出ると四国有数の歓楽街

 大阪の歓楽街かと勘違いするくらいのネオンの輝きであった

 諸々の話しはパソコンから記入しよう

|

実験ノート

2014_04130023

 オパールを使った宇宙玉である

 このオパールはいろいろな表情をする

 右の玉・白っぽい模様になる

 上の玉・模様が線状態になる

 下の玉・模様が白っぽくぼんやりとした模様になる





 STAP細胞が存在する存在しない

 STAP細胞の論文に盗用がある

 ・・・・・

 実験ノートが少なすぎる

 実験の記録通りにやるのだがSTAP細胞が作れない



 最近 実験ノートの取り方が話題になった



 テレビで見ると

 実験を行なったらすべて実験の手順を記録する

 間違いを無くすため行を変えたとき行を多く開けない

 あとで追記できないように記録すること

 修正した時はしっかりと赤字等で修正する




 オパール玉を作るとき

 使ったオパールの色

 諸々実験ノートととして記録すると自分の好きな色合いのオパール玉が出来るかもしれない

 

|

貸店舗

 貸店舗

2014_04130014

 工房の前の道路を挟んで2件の貸店舗という張り紙が出ている

 その貼り紙を見て来るのか

 インターネットの貸店舗を見てやって来るのか

 若い方がときどき覗きに来ている



 貸店舗の中を更にするためか工事のじいちゃんが表に立っていた

 若い娘さんがいろいろ話を聞いている

 ・・・・・・



 2軒の店舗のうち1軒は8年ほど続いた居酒屋である

 借主の不慮の事故で店を閉じた

 味がよければ

 居酒屋なら続くかもしれないが・・・・・




 もう一軒の方は2年と持たない店舗である



 お客なんか来-へん

 人は通っていても来-へん

 ・・・・・

 店を閉じた借主は言っている

 そんな立地である



 さて

 このお嬢さんどうされるのであろう




 もし

 借りるなら

 しっかり情報を得て

 客層を調査して

 ・・・・・・

 開いたらいいだろう

|

小さな冒険

 子供たちがなにをするだろうと眺めていた

2014_04130027

2014_04130033

 川の流れを対岸まで渡ろうとして小石を入れている

2014_04130035
 水に落ちたらどう対処するだろう

 齢を取ると前の子のようにかがむと瞬時に水にどぶーんだがと・・・眺める

2014_04130041  おおおっとあぶない

2014_04130042

2014_04130043

 あっ! 飛ぶつもりだ

2014_04130047
 飛んだ どぶーんと落ちる

 次の瞬間

2014_04130044

 
 落ちずに飛んでいた

 パチ パチ パチ

 あとの3人はなにを相談しているのだろう

 少年の頃の小さな冒険である・・・・・



水泳の日本選手権が開かれている

 ここにもスイマーが生まれようとしている

 2014_04130006
 泳ぎは形からと腕を伸ばしている

|

読書の春

 近くの古本屋・ブ○○オフへ行った

 目的の作家の本は無かった

 


 森村誠一 81歳現役

 その人の本が¥108で書棚に並んでいる

 5冊ばかり持ってレジへ



 レジでは大きな電子ゲームの入った箱やCDの入った箱をレジしていた

 ケースは日に焼けたようで新品の色はしていない

 買うのか

 売りに来たのか

 そのお兄さんは腰パン ポケットからはクサリジャラジャラ・・・・・

 4千数百円でございます

 中身を少し調べさせてもらいますがよろしいでしょうか?

 ああいいです

 何かあったら言ってください・・・・

 人を姿で見てはいけない と 人は言うけれど・・・・



 この店でときどき

 ○○番さん精算が出来ましたレジまで・・・・・

 案内放送の意味がようやく分かった



 自分の本をレジした後

 お売りになりたい本がございましたら是非お願いしますと言われた


 森村誠一の本5冊 537円

 これを読んでしまったら再度この本屋に持って行ったら

 1冊何ぼになるのだろう

 多分

 1冊 1円か2円くらいだろう

|

地動説

 まっかにもーえる たいようだーからー

 

2014_04110030

2014_04110035

2014_04110038

2014_04110042

2014_04110047

2014_04110050

2014_04110052

2014_04110054

 太陽が駆ける

 太陽が沈む 昇る

 太陽が動いている表現である

 地球が動いているから太陽が動いて見えるとガリレオは言った

 淡路の島影を写して沈んで行く太陽を見ていると

 やはり太陽が駆けていると見える

|

マスクの着用

 天気が良かった

 気温も上がり過ごしやすい

 が

 鼻がムズムズ

 そのうち鼻水がやたら出だした




 小学校の近くを通った

2014_04100001

 小学生はマスクをしている姿をあまり見ない

 彼らは花粉症に罹りにくいのだろうか

2014_04100003

 中学生が工房の前を多く通る

 彼らもあまりマスクをしていない




 女子高校生になるとマスクをしている子が多くみられるようになる

 花粉症?

 ファッション?



 テレビの事件現場に写る警察官もマスクをしている人が多い

 工房の前は信号待ちで止まる車が多い

 パトカーもよく止る

 その警官もマスクをしている

 警察官はマスク着用率が多いように感じる




 マスクをしていて相手が分からないときがときどきある

 マスクが要らない体になるとうれしい



今日の一枚

 指輪の張り付けていた部分が無くなった

 ガラスで作ってもらえないかと修理を依頼された

 台座にガラスを合わせなければならないので結構面倒なことだがなんとか出来上がった

2014_04100011

 

|

有って欲しいSTAP細胞

 悪意があり 捏造したと認めます


 いえいえ 間違っただけで悪意はありません



 

 悪意があった、なかったの分伎点はどこか頭の中が変になった




 STAP細胞はあります

 私は200回成功しています

 




 わーっ!このとんぼ玉の色合いは何とも言えないねー

 私にも作ってーーと言われてもそこいらにあるガラスくずを何気なく入れて作るから二度と同じものが作れない

 実験ノートを取っていないから作れないのである



 STAP細胞は実験ノートを取っているから200回成功したと言われているのだが

 素人には200回成功したというなら作って出せばリケジョと称賛の道を進めるだろうにと思うのだが・・・・・

|

春だ

 ふるさと館での 華とんぼ展

 4月9日から5月11日までの1か月の展示

2014_04080003

2014_04080002_2

2014_04080005

 飾りつけが終わる頃

 サクラソウの飾りつけも終わっていた

2014_04080009

2014_04080012

 今年は春の大雪で花の育ちが悪かったそうだ2014_04080013

 サクラソウを作っておられる方の家の庭は数えきれないほどのサクラソウの八でいっぱいだそうだ



 ふるさと館の裏山で

 鶯がけきょと鳴いた

 春だ



 飾付けが終わり帰路についた

 入学式を終わった高校生の列に出会った

 お母さんと高校生

 春だ

|

読み違い

 華とんぼ展が終わった翌日

 快晴

 一週間工房から離れていた

シンク

 水を流した

 排水できない

 排水溝に水垢がこってりついている

 一週間の間に水垢菌が増殖して排水管を詰まらせていた





油断

 菌が増殖するように

 渡辺代表は金を懐に化粧品から増殖させた

 排水溝は水垢を取ればOKだが

 渡辺代表はその口舌から辞任に追い込まれた

 やましいことはないと終いまで言っていた

 





滑った

 橋下代表は

 船場の高級マンションに愛人を住まわせてください

 2.3人住まわせて

 高級な宝石などを買ってください

 大阪の街を活性化させてくださいと講演した

 笑いを取ろうとしたのだろうが

 おおさかのおばちゃんパワーがそのうち炸裂するだろう

 最後に こんなことは妻に言えないと言っていたという





晴天

 さぶいはー

 これじゃーはなみもでけへん・・・・・

 お日様がさんさんと輝いている

 空気が冷たく薄着で来た6人の年配お花見客は震え上がっていた

2014_04070002

 淡路が夕陽に浮かび上がっている

 明日も晴天だ

|

華とんぼ展閉幕

 真冬がやって来た

 雨を連れてやって来た

 雨は大降りになったり

2014_0406170005

 駅舎に足止めになったり

2014_0406170009

2014_0406170025

 西の空がすいて来たり

 また降りだしたり

 真冬のコートを着なければ寒い寒い・・・・・


 最後には傘が残ってしまった

2014_0406170091



可愛い

 大きい組さんと小1くらいの女の子とばあちゃんの3人が見に来てくれた

 可愛い

 釣りをしている2014_0406170018

2014_0406170019

 キュウリもある

 楽しんでくれた華とんぼ展でした



2014_0406170037

 立食で軽くおにぎりなどを食べて

 のどを潤して

 お開きとなりまし

 また 来年4月第1週 花見時に開きます

|

華とんぼ展異聞 その5

 華とんぼ展に出展します と言っていた諸氏のうち4人の方々が出展出来なかった

 

 出展出来なかった方々に初デビュー残念やったなーと声を掛けた




Sさん

 突然お客さんから機械の納入をせかされ玉を作れなくなった・・・・

 


Uさん

 介護で作れる予定の作品が作れなくなってしまって・・・・・



Iさん

 仕事が入ってしまい・・・・・



Oさん

 前々回の練習日の帰りに出展しますと言っていたでしょう

 その帰りに自転車でこけました

 石垣にぶつかり反動で垣根にぶつかって

 右あごの下が血だらけになりました

 服の前側は血が流れて・・・・・

 救急車で運ばれて・・・・・・・とんだ災難でした

 右あごの下はまだ怪我のあとが赤黒くなっていた

 
 


 あごの骨が折れなかったとのことで 不幸中の幸いと言っていた



 出展事情

 人それぞれがあるものであると思った

|

華とんぼ展・4日目

 華とんぼの会場の扉を開いた

 今日は冷える

 暖房を入れた

 外は風が舞っている

 花びらが遠方から運ばれてきてクルクル回っている



 電車が着くが花見に下りて来る人は非常に少ない



 北風と太陽

 イソップの話を思い出す一日であった



展示の作品

 NHさんの玉

2014_0404170002

 ツイストをツイストさせて模様を作っている

 色合いが食べたいを連想させてくれた



展示しておこうか

 Kさんが友達を連れて華とんぼ展を見に来てくれた

 こんなんが出来たよと見せてくれた

2014_0404170028  小鳥のチョーカー

 いいじゃない

 かざっておこうか・・・・・

|

華とんぼ展異聞 その3

 華とんぼ展の会場は浜寺公園駅は 自転車で45分の道のりである

 天気もいいし遠回りして桜を見ながら行こうと浜寺運河を通った

2014_040317i0001

2014_040317i0002

2014_040317i0007

 地図で見るとおおよそ2kmの桜並木である

 吉野ではなく大島桜が多い

 間近に初めて見たボート

2014_040317i0011

2014_040317i0016

2014_040317i0017

2014_040317i0019

 大勢の高校生が部活に励んでいた

2014_040317i0023

定年過ぎの男性がジョギングしている

走れることに羨望する

足もとを見るとネコ

 ネコ

 ネコ

2014_040317i0024_2

2014_040317i0025

2014_040317i0027

2014_040317i0029

 長い桜のトンネルを抜けると浜寺大橋が迎えてくれた

 下は大橋の夜景

 

 浜寺大橋で検索するといま通って来た遊歩道の夜景が出てきた

 (すみません、夜景は無断借用させていただきました)

 昼は桜 夜は夜景

 45分の自転車の旅は楽しかった

 が

 目いっぱい楽しんだ代わりに

 目いっぱい花粉が入ったかもしれないと思った途端

 目がかゆーい 一日であった

|

華とんぼ展2日目異聞

 

 2014_0402170006

 満開の浜寺公園

 華とんぼ展2日目

 中学時代の女性たちが寄ってくれた

2014_0402170040

 大名行列をカメラに収めてくれた

 桜を眺めながら公園の食堂で昼食・・・・・



 食後

 薬を飲んでいるのを見て

 話は高血圧に向かって行った

 Oさん 耳鼻科で血圧の薬を調合して貰っている・・・・

 Iさん 内科・耳鼻科・整形・・・・それからどこやった・・・忘れるほど医者にかかっている

 Tさん その体系で血圧が高いのと問うと薬を飲んで130と応える

 Hさん 血圧の薬は飲んでいるが他は問題ない

 血圧の薬を飲んでいないのはhuukoだけであった




 満開の桜の下

 園内のトロッコ列車に子供心を出して乗った

 乗車5分2014_0402170062

 2014_0402170063_3

 結構見ずしてして結構いうな

 という結構な眺めであった




展示作品

 Kさんの作品

2014_0402170027

 艶消しの玉

 波を連想させる模様と色味である

|

華とんぼ展異聞

 華とんぼ展が6日までの予定ではじまった

 天気晴朗

 浜寺公園の桜は満開

 朝から電車が付くたびに花見客がはき出されていく

 ギャラリーにも結構花見客が流れて来た




 わーっ!

 きれいー

 見事

 すごい

 驚きの声が上がった




 Nさんがマスクをしている

 花粉症かと問えば

 ここ5日ほど寝込んでいたと言う

 食欲が出ない

 熱なし

 咳なし

 だるい

 医者に行ってきたのだが診たては悪いところ見つからず・・・・

 血液検査で採血して終わり

 顔色悪く無し

 はた目からは元気そうなのだが

 奥さん曰く 

 70過ぎると何が出てくるか分かりませんねー・・・・

 季節の変わり目は鬼のかく乱が起きるようである



出展作品 その1

2014_03310011

 

 参勤交代

 どこの殿様と聞かれた

 紀州の殿様


気になった作品

2014_0401170117

 小さい四角が並んでいる

 どのようにして作った・・・・・・技法がちょっと気になった

 シンプルないい玉だ

 技法を聞くと

 なるほど なるほどであった




帰り道の一本桜

2014_0401170152

|

消費税8%駆け込み購入

 朝からテレビは消費税8%への対応策 対応策・・・・

 ちょうちん買いを進めている

 ちょうちん買いには得か損かがよくわからいと思っていたが

2014_03310044

 工房の掃除機

 ホースの根元が バッカーンと破けて全然吸わなくなった

 ガムテープを巻いて補修完了

 



 突然

 今度は吸い込みのヘッドがボキッコロコロコロ・・・・・

 



 珍しい壊れ方をするもんやと感心しきり



 駆け込み購入と相成った次第である



今日の一枚

 久々に網目入り玉をNHちゃんが巻いた

 2014_03310034

 思いのほか味のある玉になった



華とんぼ展

 4月1日~6日まで浜寺公園駅ギャラリーで開催である

2014_02110002

2014_02110004

|

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »