« 地動説 | トップページ | 小さな冒険 »

読書の春

 近くの古本屋・ブ○○オフへ行った

 目的の作家の本は無かった

 


 森村誠一 81歳現役

 その人の本が¥108で書棚に並んでいる

 5冊ばかり持ってレジへ



 レジでは大きな電子ゲームの入った箱やCDの入った箱をレジしていた

 ケースは日に焼けたようで新品の色はしていない

 買うのか

 売りに来たのか

 そのお兄さんは腰パン ポケットからはクサリジャラジャラ・・・・・

 4千数百円でございます

 中身を少し調べさせてもらいますがよろしいでしょうか?

 ああいいです

 何かあったら言ってください・・・・

 人を姿で見てはいけない と 人は言うけれど・・・・



 この店でときどき

 ○○番さん精算が出来ましたレジまで・・・・・

 案内放送の意味がようやく分かった



 自分の本をレジした後

 お売りになりたい本がございましたら是非お願いしますと言われた


 森村誠一の本5冊 537円

 これを読んでしまったら再度この本屋に持って行ったら

 1冊何ぼになるのだろう

 多分

 1冊 1円か2円くらいだろう

|

« 地動説 | トップページ | 小さな冒険 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事