« 眠り | トップページ | 死亡通知(夢枕) »

保健所はどこですか?

 自転車で角を曲がろうとした

 そこには老夫婦らしき二人と手押し車を押した女性の3人が居た

 ちょっと 

 自分に声を掛けられたとは分からなかった

 ちょっと お父さん・・・・

 やはり自分を呼び止めているのだった



 ここ 6丁目?

 ?

 保健所どこですかな?

 ああ、それなら通りが向こうの通りですわ

 



 

 道を聞かれて 応えられたのは何年振りだろうかと思った




 大阪に出てきて道を聞いて知っている人は皆無に近い

 わたしここの者ではありませんので・・・・

 さー すみませんねー・・・・

 

 自分も道を聞かれて応えられることはほとんどない




 この地に住んで29年

 知っているようでほとんど知らない

 なんで保健所を知っていたのか自分でも不思議である



 春祭り

 夏祭り

 秋祭り

 亥の子餅

 ・・・・・

 季節季節のお祭りで町を賑わしていた

 そこで育っていると街の隅々まで自然と覚える



 30年経とうと40年経とうと

 旅という地では住所が頭に入り込まない




 郷里で町長選になると

 あの人が立候補

 この人が立候補

 だいたい立候補者の顔が浮かんでくる




 市長選で○○でございます

 ××でございますと言われてもピンとこない



 そこに育つ

 そこに根差す

 それが文化だろうと思った

|

« 眠り | トップページ | 死亡通知(夢枕) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事