« 痛い 痛い | トップページ | モミジ »

まさかりの刃が降って来た

 21時42分 天王寺発関空行き快速

 金曜日の夜 電車は満員

 


 クーラーの下なので涼しい

 突然

 キンチンチンシャン キンピンピャン カンクウ・・・・

 頭上からキンキン声が降って来た

 頭を割られるかと思うくらいのキンキン声

 1分くらい続いたであろうか




 次に英語で関空行きの説明

 キンキン声は少しトーンが落ち最後の語尾だけキンキン声になった




 最期に日本語で関空行きの列車案内であった

 日本語はやわらかな音声であった

 キンキン声はなくなった





 同じ女性が案内の声であった



 中国外務省の広報官の声はかん高い

 それが頭上からやって来ると まさかりの刃であった

 


 声のかん高さで交渉ごとはまろやかにならないのではと思った

 日本に帰化している○ちゃん

 日本語でhuukoと話すときは柔らかい発音である

|

« 痛い 痛い | トップページ | モミジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事