大阪松竹座・十朱幸代と加藤茶の場

 大阪松竹座に出演しているので時間があるようでしたら観てくださいと電話がかかって来た

 十朱幸代
 加藤茶
 原田大二郎
 ・・・
 出ているので是非に・・・・
 私も出ていますという

 10時過ぎ快晴
 道頓堀松竹座
 近くにかに道楽のカニが動いている
 中学生の集団が歩いている
 修学旅行だろう

 チケットを購入
 10時半に開場
 席に着く
 11時開演芝居が始まる

 それまで平穏だったhuukoの喉が咳込んでくる
 いがらっぽくなってくる
 えへん虫がしきりと暴れまくりだす
 ハンカチを口にしっかりと当てて えへん えへん
 あまりえへんをやりたくないと思うとますます えへん えへん が出てくる
 開演とともにえへんとは困ったものだ

 席は90%くらい埋まっている
 入るとき JA○○様 と看板がかかっていた
 花道から加藤茶が出てきた

 わーっ
 大阪は女の年寄りだらけやなー・・・・・
 笑いを取っていた

 huukoの席は3階一番前の中央
 オペラグラスを片手に観劇
 舞台の板の目もオペラグラスを使うとはっきりと見える

 目玉は十朱幸代
 同い年である
 小阪一也と結婚したときはうーんやられたと思ったくらいあこがれた
 親父さんもユニークな俳優で好きだった

 花道から出てくると拍手で迎えられた
 オペラグラスが彼女の顔へ向かう
 テレビに出ている顔が目の前にある
 若い
 へーっ、この人が同い年かと口の中でつぶやく

 甘い声
 マイクがなかったらこの声は劇場には響かないだろうと思うくらい細く甘い

 喜劇
 耳かきお蝶

 十朱幸代がお蝶でありもしない商売”耳かき”を仕立てて喜劇にしている
 前場は一生懸命見ているのだが昨夜の睡眠不足のためいつの間にか記憶が途切れている
 後場は面白さが出てきたのか眠気は飛んで行った

 加藤茶と十朱幸代の掛け合いは加藤茶のキャラで場を盛り上げた
 笑いと
 しんみりの場

 電話がかかって来た知人もオペラグラスにしっかりと入ってきた
 庶民
 祭りの青年
 岡っ引き
 賭場人
 4役も5役もこなしていた
 あと数年もすると十朱幸代と会話のある役をもらえるかも知れないと感じられた

 最後の挨拶場面で出演者を数えてみた
 20数名である
 公演一回1,000名近くを集めるのである
 十朱幸代・加藤茶の名前で集めているのである

 電話がなかっても観劇に行っていた?
 さー、なー
 多分行っていないだろう

|

子供の日特集

 こどもの日特集としてラジオは童謡唱歌について流していた

 面白かった

 童謡でも歌謡漫談として通用するということも放送していた

流し
 銀座で流しをしていた
 銀座では大企業の会社の重役連が来ていた
 流しの希望は歌謡曲や演歌は20%くらい
 80%は軍歌や寮歌であった

 あるとき童謡を歌うとみんなから拍手が来た
 それから童謡を流しに入れるようになった
 童謡をいろいろ考えていると漫談が出来た

漫談
 歌謡漫談ならぬ童謡漫談として舞台ににたった
 若い人は笑いに舞台を見に来ている
 その舞台で童謡など見向きもしないだろうと思っていたが
 童謡を歌いだすと若い人たちものってきた

七つの子
 かーらーーすーなぜなくのー
 からすはやーまーにー
 かーわいいなーなーぁつーの子があるからよー

 客席の坊主が
 おっちゃん、七つの子ってカラスには七つも子供生まんでという
 本で調べたらカラスは卵を5つくらい産むとなっていた

 そこで七つは7歳だと言ったら
 カラスが七つなら大人になって飛んで行っているやろうという

 七つの子は7歳か7匹の子供か
 金田一先生と○○先生が7歳だいや7匹の子供だ
 論争していました

 漫談は面白かった

シャボン玉
 野口雨情の詞ですよね
 この詞はどのようにして生まれたか

 野口雨情に子供が出来ました
 その子は9日目に亡くなりました
 そのとき出来た詞がシャボン玉なのです

しゃぼん玉とんだ
屋根までとんだ
屋根までとんで
こわれて消えた

しゃぼん玉きえた
飛ばずに消えた
うまれてすぐに
こわれて消えた

風風
(かぜかぜ)吹くな
しゃぼん玉とばそ

 子供が生まれて直ぐに死んでいった
 それをシャボン玉に置き換えたのです

 風よ吹くな
 子供が飛んでいってしまう
 吹かないでくれ

 野口雨情はそう言っているのです

 なるほど
 漫談もいろいろ調べると笑わせそして泣かせるのだと思った

 この漫談をやると
 さっきの減らず口の子供がね

 おっちゃんこのシャボン玉の唱は台風の唱かという
 なぜだというと

 しゃぼんだまとんだ
 やねまでとんだ
 ・・・・・

 そうだろうが
 シャボン玉がやねの高さまで飛んで言ったというているのや

 いや、違う
 子供はどうしても台風だと言い張る

 台風の唱と分からない方は今晩一晩布団の中で考えてください

 ・・・・・・
 ・・・・・・
 何のことを言っているのか????

 シャボン玉が風に吹かれて飛んだ
 屋根まで風に吹かれて飛んだ
 ・・・・・・

 あらーまー
 普通に歌っているとどおってことはないのだが
 

 屋根まで飛んで行った
 台風だ

童謡漫談 
 いろいろ奥深く調べていけば何でも笑いの種があるものだ

 笑いは病魔を退散させる
 1日一回は笑うと癌も飛んでいくという
 笑い学がある

 笑って暮らせば あははの大将

運の良し悪し

 たき火という歌があります

 かきねのかきねのまがりかど
 たきびだたきびだおちばたき
 あたろうよ・・・・・

 最初このうたが発表されたときは戦争が始まったときです
 この歌を聴いた軍はまかりならぬと言ってきた

 落ち葉は集めて堆肥にする
 その堆肥の元を焚き火などして燃やすのはもったいない
 直ちにこの歌を歌うのを止めなさいとなった

 戦争が終わり
 この唱を発表せぬのはもったいないとしてラジオ歌謡で流した

 次は東京消防庁から文句が出た

 焚き火は火災の元
 落ち葉を集めて焚き火はやめてほしいと言ってきた

 NHKはそこで
 焚き火の傍にバケツを置いて焚き火をしている漫画にした
 それで放送は可となったという

 軍に止められ
 消防庁に止められ
 それでもラジオ歌謡で流れると名曲となっていった

 運
 不運
 なるほど

 子供の日特集
 楽しい特集だった

|

痴漢騒動・なまはげの巻

 ちかん は いかん

 府警の標語である

 わしの若いころは夜這いをようやっとった
 夜這いするときはのー
 雨戸の溝にしょんべんかけるんや
 音がせんのや
 ・・・・・

 先輩からたびたび聞かされた話である
 その先輩が15,6歳上
 昭和の初期
 県都から100kmくらい離れた田舎の話である
 半信半疑で聞いていた

 好き合った男と女
 恋焦がれて心中をする
 駆け落ちをする
 昔の演目にはそのようなものが多かった
 昔の小説は 恋の道行き 恋の・・・ が多かった

 昔はご法度があって結ばれぬ恋があったのだろう
 好き同志が示し合わせて男に夜に忍んで来てと話す
 男は雨戸にしょんべんをかける
 雨戸をこじ開ける
 家に侵入する
 恋焦がれた二人は夜這いという恋をする

 いま思うとそういうこともあったのだろう

 秋田のなまはげが入浴中の女風呂に突入した
 国の重要無形民俗文化財
 しかし
 有名でなかった普通に行われていた昔々のなまはげ
 邪を取り払うために
 その家の新妻の体を触る
 新妻は逃げる
 なまはげはその家の中を追っかける
 子供を抱きかかえる
 今で言う
 セクハラなることはあったのだろう
 家中がなまはげを楽しんだ

 民俗文化
 地域の若者の交流の場
 仕事の辛さのはけ口
 それが秋祭りになりいろいろな地域の風習となった

 いま民俗文化はなくなっている
 夜這い
 その言葉そのものが聞かれなくなった
 なまはげの風習もルール化すると聞く

 民俗文化廃れる
 なまはげも現代化され観光になり
 面白みのない民族文化になるのだろう

|

歌舞伎・弁慶 上使の場

 いよっ いよっ 
 べべっ べべっ べーん

 浄瑠璃の声に三味の音

 義経の正妻の 卿の君 の身を差し出せ
 義経の忠誠心を見るためだと
 堀川御殿よりの鎌倉の使いがやって来た

 義経一番の家来の弁慶はそれは出来ないと考え身代わりを考え
 腰元しのぶの命を鎌倉に身代わりとして差し出すことを案じた
 しのぶを育てたおさわ
 おさわはしのぶがまぶたの父親に一目会えるまで命を差し出すのを待ってくれと懇願する
 鎌倉は卿の君の身を差し出さないことには義経の謀反ありとして義経を成敗する

 弁慶は襖の奥からしのぶの命を絶った
 おさわは子供の頃一度男と契ったことがある
 そのとき出来たのがしのぶである

 その契った男が誰か分からぬ
 契ったときに男の振袖を千切って肌身離さず身につけていた
 その振袖を見た弁慶は17年前に一度だけ女と契りを結んだ女だと分かった
 一度だけの契りで女の子が出来た
 しのぶである
 そのしのぶを弁慶は卿の君の身代わりに刺し殺してしまった

 しのぶは実の親に始めてあった
 会ったそのとき親とも知らずに刺し殺された
 弁慶が実の親と知ったとき目が見えなくなっていた

 弁慶はおさわから泣いて知らされた
 実の娘を刺し殺したと

 弁慶は一生に一度、大泣きに泣いた
 実の娘を知らないで殺してしまった
 この身の辛さを嘆いて泣いた

 弁慶の大見得
 場内割れんばかりの大見得への拍手

 弁慶上使の場

 歌舞伎の演目
 浄瑠璃で聞くその場はちんぷんかんぷんである
 雰囲気は分かるが内容は分からない

 場内イヤホーンの貸し出しがある
 それで歌舞伎を見ると場面場面で解説してくれる
 やっと歌舞伎の話の内容が分かる

 昔の人は浄瑠璃で娯楽として楽しんだ
 いまの人は浄瑠璃は分からない
 が、イヤホーンで歌舞伎を楽しめる
 次はイヤホーン無しで歌舞伎の内容が分かるので楽しめるだろう
 でも
 高い
 15,000円はちょっと高い
 今回は半額で見たが7,500円である
 やはりちょっと高い
 歌舞伎に足を向けるのはちょっと高い

 人情もの
 日本人の心のふるさと
 梨園としての別世界
 高くて仕方ないか
 それだけの芸術が分かれば
 うん、それくらいは高くないとなるのだろう

 北島の兄やん
 杉さん
 マツケン
 ・・・・
 追っかけになるとどこまでも追っかける
 歌舞伎も追っかけになると
 安い
 安いとなるのだろう

|

松竹座・藤山直美

 藤山直美
 テレビでは父親の素質を継いで 芸 の楽しみを見せてくれる
 一度舞台を見たいと 府の半額鑑賞券に応募
 上等席の半額券が当たったの出かけた

 ウィークデーの午後4時
 暇を持て余しているのはhuuko年齢以上の方々と少しの熟年婦人であった

 藤山直美
 西郷輝彦
 その他松竹系の有名連・・・

 直美の手の動き
 目の動き
 腰の使い方
 親父譲りである

 そこに色気あり
 面白みあり
 生々しい人の動きのデフォルメ
 見ていて楽しい

 時は明治の頃
 親の決めた婚約者と結婚を夢見る乙女 直美
 婚約期間中に 一ヶ月だけ是非にと 子供6人の家に家庭教員を頼まれる
 その家の主は物産を起こした 輝彦
 一ヶ月の間に子供たちは家庭教員になつき一ヵ月後の別れを惜しむ
 主は教員に胸のきしむ恋心を抱く
 夢見る乙女も主に胸のきしむ恋心を抱く

 許婚との婚約を破棄してならぬ道を幸福を求めて歩き始める

 そのとき 粉雪が舞い降りる中に ひまわりが咲く

 人情物の演題

 面白く、楽しかった

 が、

 半額でなかったら ¥15,000 である

 うーん
 これを演題が変わる毎に見にこられる方が沢山居るのだろうなー
 ????

 幕間 30分
 多くの人が幕の内をほおばる
 劇場の入り口でも幕の内を沢山売っている
 昔は食べることに楽しみがあった
 それで幕の内に食べれるようにと考えたのが幕の内弁当だろう
 みて綺麗
 食べて美味しい

 劇を楽しみ
 食事を楽しむ

 うーん
 それにしても 演劇鑑賞には ちょっと 経済負担が大きいように感じる
 が、
 12月には新歌舞伎座の券が当たった
 これも高いが 松井誠の顔を見たいがために投資した

 1月は 新春歌舞伎に応募した
 これもちと高いが 義経千本桜とは・・・
 冥土の土産に見ておきたい
 当たって欲しいものである

|

日本語はおもしろい

 日本語っておもしろいという番組を聞いた

 その中で敬語についての話があった

天野祐吉さん
 日本語は誰から教わったかというと
 教わったのではなく自然と聞いて身についたのでしょう
 敬語は誰から教わったのではなく
 周りの大人が使っていてそれを聞いて自然と身についたものです

 なるほどそうだ
 周りの人が話していて日本語を覚え
 周りの人が敬語を使っていてそれを聞いて敬語が身についたのだ

敬語教育
 会社で敬語教育なるものを行っているところがある
 なかなか身につかないという
 敬語は習って身に着けるものではないそうだ

若者と敬語
 1,000円からお預かりいたします

 1,000円からではないだろう
 1,000円をお預かりだろう
 年寄りは発奮する

 店員の敬語の使い方をNHKで調査した
 マニュアルで1,000円からお預かりいたしますとか
 敬語のマニュアルは多くの店で作っていないという

 お客様へ丁寧語を使わねばと思う若者が
 ではどうすれば丁寧な言葉になるのだろうと考えた
 先輩に聞いた
 先輩から後輩へ
 後輩から後輩へ
 そのようにしていま店員の言葉が出来上がりつつあるようだという結果になった

 若者は敬語を親が使っていないから敬語が分からない
 だけど敬語、丁寧語を使わねばお客さんに失礼だと考えて使っている

 若者は丁寧にお客さんに接さねばと考えて接している
 周りが丁寧語をあまり使わないから若者は丁寧語が分からない
 1,000円からお預かりいたします
 それを無下に却下するのは若者がかわいそうだという結果になった

若者と大人との差

 フェリー乗り場での会話

 時刻表に○○航路は1日おきに出航しますと書いていた

では質問です
 10月8日15時に船が出航しました

 次に船が出航する日はいつでしょう?

 大人・・・10月8日から1日置いて10月10日の15時に出航すると言った
 若者・・・10月8日から1日置いて10月9日の15時に出航すると言った

 大人と若者に一日の差が出来た
 日本語の面白いところである

 では
質問です 
 この薬は1時間おきに飲んでくださいと袋に書かれていました
 15時に薬を飲みました
 次の薬は何時に飲みますか

 大人は次の時間だから16時に飲むと答えました

 そうなんです
 大人は船が1日おきに出港する場合
 10月8日に出航したと聞いたら
 次の出航は1日置いて10月10日と答えた
 でも、
 薬の1時間おきは15時の次の16時と答えた

 huukoも大人の答えであった

 大人と若者は
 ” おき ”
 という言葉で解釈が違ってきているのだとNHKは言っている
 ここいらの整合性が必要と言っている

 日本語はおもしろい

|