ドリカムワンダーランドツアー

 キャーッ キャーッ きゃーっ

 るるるるるるるるるるうううー
 るるるるるるるうううううううー

 ドリカムワンダーランドツアー大阪公演

 初めて若いアーチストのツアーに行った

 収容人員・公式データー・55,000人の大阪ドーム

 ドリカムの最初のギュイーン
 ドドドドドド
 ドラムが
 エレキが
 サックスが
 鳴った途端全員が立ち上がった

 右手にはいま流行の2液が混ざると光る棒を持っている
 みんなドリカムの歌を歌っている

 わーーー
 両手を上げて体を揺らす
 音の渦に埋没した

 はらわたを揺るがすギターの金属音
 ドラムの空気の波
 音か空気の衝撃波か

 手を上げていると肩が疲れてくる
 胸の前で手拍子を体を揺らす

 2時間半立ちっぱなし
 体を揺らしっぱなし

 バンドは鳴りっぱなし
 
 ようやく終わった

 アンコールをどうするのかなと思っていた

 左の方から光が上がってきたウェーブだ
 波が近づいてきた
 立ち上がる
 たちまち右に光が流れた
 ウェーブはアリーナから一階席へ
 ドームを一周した
 揺り戻しが来た
 3回
 4回
 ようやくアンコールに答えてドリカムが出てきた

 それから30分
 燃焼した

 55,000人
 殆どが環状線の大正駅に向かう
 ずらずらずら
 ドームの夜空には7色の光の帯
 ずらずらずら
 動く人間

 駅は満杯
 体は汗でむんむん

 電車はあっという間にホームの人間を吸収した
 ふーーっ
 汗が一瞬に消えた
 終幕から30分かかった夏の最後のイベントであった

 誘ってくれた知人は23、24の東京ランドにも追っかけだという
 何かが体を揺らすのだろう

 

|

観劇

 知人(28歳)が松竹座に出演していると聞いた

 田中健・名取裕子
 特別出演・水前寺清子
 作詞家・星野哲郎物語

 妻への詫び状

 観劇に出かけた

 日曜日・午後2時
 難波駅・新歌舞伎座・心斎橋通り

 人人人人人

 春から初夏の清清しさに引っ張り出されたという感じの人人人

 平和
 のどか

 妻への詫び状

 今なら、ありがとうと言える

 今なら、ごめんと言える

 そう、今なら全てが素直になれる・・・・

 哲郎の人生が時間経過で演じられた

 チータは哲郎が世にお送り出したと言っていた

 はやしたみこはチータの本名

 小さいからだのたみこだから
 チータ
 それがチータの意味だという

 その小さいからだが特別出演で頑張って歌った

 知人も通る声で頑張っていた

 楽しい時間が過ぎた

 毎日毎日
 殺人
 交通事故

 観劇はそんなことを一瞬別世界へいざなってくれた

 午後8時

 外は人人人 
 道頓堀のネオンネオンネオン

 まばゆい

 そろそろ眠くなる時間だ

 駅へ急いだ

| | コメント (0)